カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
ある意味忘れられない!読者投稿「変わった男たち」10選【Reader's Voice vol.26】

2020.09.28

ある意味忘れられない!読者投稿「変わった男たち」10選【Reader's Voice vol.26】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、心がなかなか晴れない昨今。少し疲れ気味という読者の皆さんの笑顔が少しでも増えるように、クスッと笑えて息抜きになるような「読者投稿型ネタ系コラム」をお届けします!

ズルいことをしようとしてもどこかで必ずボロが出る、単純で可愛いメンズたち。読者が出会った、(ある意味)忘れられない彼らの生態をご紹介。

■コンパ中、独身と偽っていた相手の奥さんがお店に踏み込んできた。猛烈な怒気に私たちは唖然。
(大阪市 Y・Tさん 26歳)
【編集部より】アリーナ席でぜひ観たかったです。

■仕事中、多忙を極める先輩同僚が「俺頑張ってるやろ! 褒めて!!」と全力で言ってきた。
(池田市 Y・Fさん 33歳)
【編集部より】「褒められて伸びるタイプ」を堂々宣言ですね。

■元彼が失恋し、「どうしても!」とせがまれて会ったら、耳元で「ちゃみちい」と言われた。
(大阪市 T・Sさん 25歳)
【編集部より】渾身の「知らんがな」をお見舞いしてやりましょう。

■高校時代の彼は超カッコツケで超残念な人。道端にカッコつけて(全然カッコよくないけど)ツバを吐こうとしたが失敗し、ダラ~ンとアゴに。
(大阪市 Y・Tさん 26歳)
【編集部より】アゴツバがトラウマとなって、道端にツバを吐かない大人に育っていることを祈るばかりです。

■手当たり次第「ツイッターナンパ」をしている同僚から偶然私の個人サブアカウント(本名登録なし)にメッセージが。口説き文句がオモロすぎて、素性を隠して相手をしている。
(大阪市 H・Mさん 28歳)
【編集部より】偶然過ぎる偶然に腹筋崩壊!でも、ほどほどにね。

■先輩は仕事中ずっとツイッターをしている。彼はバレてないつもりだが社員全員知ってる。
(大阪市 N・Tさん 26歳)
【編集部より】彼のツイッターに「仕事しろ」の書き込みを。

■コンパで「俺は大阪が生んだスターだ。いずれ日本の大統領になる」と真剣に語る30代半ばの凡人がいた。
(大阪市 S・Nさん 35歳)
【編集部より】頑張ってください。

■コンパのカラオケで「俺全然歌えないんだよ~」と言っていた彼が入れた曲は、大塚愛ちゃんの『さくらんぼ』。絶叫で歌い上げた。
(大阪市 T・Mさん 31歳)
【編集部より】もう1回!

■無口な元上司、独身52歳。あるとき話題に困り、車内吊りに見出しがあったAKB48のネタを振ると、突然エンジン全開マシンガントーク。
(大阪市 M・Sさん 34歳)
【編集部より】彼はきっと待ってた。この瞬間を。

■カラオケで私が入れた曲に突然ブルースハープを放り込んでくるヤツがいた。挙句の果てにダミ声で「ゼンギュ!」と勝手に締めやがった。
(大阪市 S・Fさん 31歳)
【編集部より】懐にハープを忍ばせてタイミングを計っていたのかと思うと……。

本記事は、『Pretty』2010年8月号・2011年9月号の記事に加筆修正したものです。

アナタのコネタ、大募集!

PrettyOnline読者の皆さんから、みんながクスッと笑えて元気になれる体験談等を大募集しています。


【テーマ】「SNSで見かけた衝撃の人」(募集期間/~2020.11.30〈月〉13時)

ぜひ、お寄せください!
お待ちしております!

BACK NUMBER


関連記事