カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
そのウザさ、国宝級!?読者投稿「職場の困ったさん」8選【Reader's Voice vol.21】

2020.08.24

そのウザさ、国宝級!?読者投稿「職場の困ったさん」8選【Reader's Voice vol.21】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、心がなかなか晴れない昨今。少し疲れ気味という読者の皆さんの笑顔が少しでも増えるように、クスッと笑えて息抜きになるような「読者投稿型ネタ系コラム」をお届けします!

どんなにイヤでも、上手に付き合わなければならない“オフィスの頭痛のタネ”。その実態に迫る!

■夏は海に、冬は雪山にと超アクティブな先輩。しかし、1シーズンにつき必ず1カ所は骨折などの大きなケガを負っていた。
(京都市 H・Kさん 27歳)
【編集部より】私の元同僚も大ケガしがちで、職場で「大仁田」と呼ばれていました。

■仕事帰り、カバンがパンパンな同僚に中身を聞くと「トイレットペーパー♪」とお返事。あのふくらみは1個や2個ではない。
(大阪市 S・Fさん 29歳)
【編集部より】御用だ。

■上司から叱られるとヘソを曲げてトイレに立てこもる同僚。部署の裏の目標は、彼女の機嫌を損ねないこと。
(大阪市 C・Mさん 28歳)
【編集部より】私なら、出てくるまでモップの柄で下からツンツンし続けますけどね。

「元気だけが取り柄です!」と自己紹介した新入社員が、配属2日目に「うっさい! 黙れ!!」と唯一の取り柄を全否定されていた。
(大阪市 N・Iさん 32歳)
【編集部より】ドンマイ……生きて……。

■周囲に気を遣っているのか、仕事中の会話を紙に書いてくる同僚。やたら話しかけてくるので、もはや紙芝居状態。
(大阪市 A・Yさん 27歳)
【編集部より】周囲も逆に気になって仕事に集中できなくなるパターン。

■私が取引先を怒らせてしまったとき、先輩男性社員(35歳)が私と一緒に上司に叱られてくれた。しかし、上司の怒りの矛先が徐々に先輩に向き始め、最後には先輩が大号泣。なんかスンマセン。
(大阪市 U・Yさん 25歳)
【編集部より】35歳にして他の追随を一切許さないピュア度。

■周囲が電話してようが食事をしていようが、大音量で鼻をかむ上司。先日ついに電話の相手に聞こえてしまい、大爆笑された。
(大阪市 Y・Aさん 28歳)
【編集部より】ありますよね、人の鼓膜を破りにかかってくる鼻かみ音。

■すべてがガサツな隣の部署の女性は、常に何かの大音量を出している。歩くたびに足音ドスドス、お茶を飲むたびにコップをドン。私語はギャーギャー! 書類バッサー! 紙のゴミはグシャグシャグシャー! 受話器ガチャーン! 引き出しバーン! キーボードはダダダダダダダダダダダダダッ…ダーン(Enter)!機嫌が悪いとさらにボリュームアップ。
(大阪市 M・Nさん 35歳)
【編集部より】無理。

本記事は、『Pretty』2010年9月号の記事に加筆修正したものです。

アナタのコネタ、大募集!

PrettyOnline読者の皆さんから、みんながクスッと笑えて元気になれる体験談等を大募集しています。


【テーマ】「やめなきゃ……と思うけどついついやってしまうこと」(募集期間/~2020.08.31〈月〉13時)

ぜひ、お寄せください!
お待ちしております!

BACK NUMBER



関連記事