カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
読者投稿!Reader's Voice vol.7【テーマ】「告白」

2020.05.18

読者投稿!Reader's Voice vol.7【テーマ】「告白」

いま、世界中が辛いニュースで包まれています。少し疲れ気味という読者さんもおられるのではないでしょうか……。そこで!PrettyOnline編集部では、読者の皆さんの笑顔が少しでも増えるように、クスッと笑えて息抜きになるような「読者投稿型ネタ系コラム」の連載をスタートします!

「告白」と聞くと、甘酸っぱい恋愛を連想するけれど……。
この世にはさまざまな「告白」があるようで。

■部長の「無礼講っ!」で始まった飲み会。無礼講の意味を履き違えた新人が突如「じゃ、付き合って下さい♪」と部内恋愛中の先輩に告白。一瞬で空気が凍結。
(大阪市 Y・Tさん 29歳)
【編集部より】公開処刑級のダメージを受けた先輩に合掌。負けないで。

■還暦を迎えた父が突然「芸人になろうかと思ってる」と衝撃の告白。
(堺市 N・Yさん 30歳)
【編集部より】還暦にしてまさかのピーターパンシンドローム!!

■同僚に告白したら「しっかり考えるから返事は少し待って」と誠実な回答。1カ月後、彼から笑顔で「結婚しましたハガキ」を渡された。
(大阪市 E・Sさん 30歳)
【編集部より】空白の1カ月、彼は一体何をしっかり考えたんだろう……。

■数年前、年下の男の子から携帯メールでギャル文字で告白されたが、告白だということすら気付けなかった。
(大阪市 H・Sさん 26歳)
【編集部より】ギャル文字を使う男とは一生分かりあえない自信があります。

■高校生時代、大好きなクラスメイトから告白され、興奮のあまりその場で鼻血が噴出。残念ながらすぐ振られた。
(東大阪市 T・Kさん 26歳)
【編集部より】鼻血ごときで。青いぞ小坊主!

■4年間片思いしていた男友達に電話で決死の告白。「ずっと好きだったんだけど」と言うと「そんなことより、昨日のドカベンの再放送見た?」と本気でスルー。
(大阪市 T・Mさん 30歳)
【編集部より】山田太郎バリの破壊力。

本記事は、『Pretty』2009.9月号に掲載したものです。

アナタのコネタ、大募集!

PrettyOnline読者の皆さんから、みんながクスッと笑えて元気になれる体験談等を大募集しています。


【テーマ】「振られ際に彼から言われた衝撃の一言/衝撃のエピソード」(募集期間/~2020.06.01(月)13時)

ぜひ、お寄せください!
お待ちしております!

BACK NUMBER


関連記事