カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
読んでみな。飛ぶぞ(残暑が)。読者投稿「凍りついた瞬間」9選【Reader's Voice vol.24】

2020.09.14

読んでみな。飛ぶぞ(残暑が)。読者投稿「凍りついた瞬間」9選【Reader's Voice vol.24】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、心がなかなか晴れない昨今。少し疲れ気味という読者の皆さんの笑顔が少しでも増えるように、クスッと笑えて息抜きになるような「読者投稿型ネタ系コラム」をお届けします!

2020年の厳しい残暑に、涼しい話はいかがですか。恐ろしい目にあった瞬間や、その場が凍りついた話がズラリ!

■寝ようとしたら、“カサカサ”という奴(=ゴッキー)の気配が。いつ飛んでくるのか分からない恐怖で「どっか行け」と祈り続けました。
(京都市 K・Hさん 28歳)
【編集部より】今日もあの黒い弾丸は、あちこちで世の人々を恐怖のどん底へ陥れているのでしょう……。

■入浴中、ガサガサという音が。窓から外を覗くと見知らぬオジサンが逃げていくところ。ちなみに干していた下着も盗られていたが、母のモノでした。
(大阪市 A・Yさん 29歳)
【編集部より】洗濯モンも迂闊に干せない時代、悲しい。

■朝一で大事なアポがあるのに、目が覚めたら待ち合わせの10分前!
(大阪市 H・Iさん 23歳)
【編集部より】絞り出せ、ベストオブ言い訳!

■通勤電車の中で向かいの席に座っていたカッコイイサラリーマン。いきなり鼻をほじりだし、それをこね始めた。
(大阪市 F・Fさん 35歳)
【編集部より】そのこねたモノの行方に、全乗客が固唾を呑んだ瞬間ですね。

■彼との付き合いに飽きてきた頃、元彼と腕を組んで駅にいたら、偶然前から彼氏が。
(大阪市 M・Aさん 24歳)
【編集部より】その後の修羅場もさぞ凍えたことでしょう……。

■いつもは寝ている時間なのに、玄関で誰かを待つ愛犬。様子がおかしいと思っていたら、早朝、電話が鳴り訃報が。
(明石市 K・Aさん 31歳)
【編集部より】切ない……。

深夜0時、1人で残業。夕方以降はほとんど鳴ることのない電話が社内に鳴り響き、寿命が縮まった。
(大阪市 Y・Oさん 37歳)
【編集部より】絶対出ない方がいい予感がする電話ですよね。知らんけど。

■喧嘩中の彼氏から電話。私は開口一番「お前うざいねん!」と言ったのだが、相手は心配して電話してきてくれた彼ママだった。あやまり倒した。
(大阪市 M・Hさん 23歳)
【編集部より】彼と彼ママはグルですね。知らんけど。

■家に「なぁ……パンツ何色……?(ハァハァ)」って気持ち悪いいたずら電話が続いていた時。普段はおとなしい妹、ついに堪忍袋の緒が切れ、相手に「ほんならオマエは何色じゃーーーーーーーー!」と叫んで電話を叩き切った。妹の鬼の形相に家族が凍りついた。
(大阪市 J・Sさん 26歳)
【編集部より】強いぞ!浪花女子!

本記事は、『Pretty』2012年8月号の記事に加筆修正したものです。

アナタのコネタ、大募集!

PrettyOnline読者の皆さんから、みんながクスッと笑えて元気になれる体験談等を大募集しています。


【テーマ】「一人暮らしあるある」(募集期間/~2020.09.28〈月〉13時)

ぜひ、お寄せください!
お待ちしております!

BACK NUMBER


関連記事