カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
旬野菜「ほうれん草」の低糖質レシピ♪ビタミン豊富で代謝もアップ!

2021.11.17

旬野菜「ほうれん草」の低糖質レシピ♪ビタミン豊富で代謝もアップ!

ダイエット中はほうれん草を使った料理がおすすめ!「健康的に痩せるには野菜がよい」とあなたの彼も必死に野菜を食べていませんか?でも味や食感に飽きてしまい、一度に沢山食べるのは大変。そんな時にピッタリなほうれん草の魅力をお届けします♪

ほうれん草は冬を代表する低糖質野菜

採れたてのほうれん草

緑黄色野菜の代表格として親しまれているほうれん草は冬に旬の時期を迎え、この時期は特に色が濃く栄養価も高くなります。
そんなほうれん草はカロリーと糖質が低いという特徴があり、特に糖質はゼロに近く、他の冬野菜と比べると圧倒的に低糖質であることが分かります。
今流行りの糖質制限ダイエットにピッタリな食材ですね!

ほうれん草や他の野菜の栄養素表

栄養豊富なほうれん草はダイエットにピッタリ!

ほうれん草のサラダ

ほうれん草は低糖質、低カロリーであることだけがダイエットに向いているのではありません。ダイエット中に嬉しい栄養素を多く含んでいるので、解説します。

栄養素1:ビタミンB群が代謝を上げる

ほうれん草に豊富なビタミンB群は、三大栄養素(糖質・たんぱく質・脂質)がエネルギーに変換されるのをサポートする働きがあります。不足すると効率よくエネルギーが作られない(代謝が下がる)だけでなく、疲労物質が蓄積され、疲れやすくなる、集中力が低下することがあるので、活動量が多い人ほど意識して摂るようにしましょう。

栄養素2:カリウムがむくみを解消

塩分の摂りすぎはむくみの原因の1つ。体内の塩分濃度を下げるために水分を取り込もうとするためです。カリウムは余分な塩分の排出を促す作用があり、むくみ対策に役立ちます。ラーメンや漬物など、塩分の多いものを食べる際に組み合わせると良いですね。

栄養素3:β-カロテンが身体をサビから守る

可食部100gあたりにβ-カロテン(色素成分)を600μg以上含む野菜を緑黄色野菜と呼びますが、ほうれん草にはなんと4000μg以上のβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは細胞の酸化を抑える働きや免疫力を高める働きがあり、油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。

栄養素4:鉄が貧血を予防

ほうれん草には鉄が豊富に含まれます。鉄は血液中のヘモグロビンを作り出すため、貧血の予防・改善に欠かせません。また、造血作用のある葉酸や鉄の吸収を高めるビタミンCも豊富なため、貧血気味な方にピッタリな野菜です。


ライター

藤田 彩実

腸活を研究しているフリーランスの管理栄養士です。コラムの執筆や料理教室の講師、ミスコンテスト出場者の食事サポートなど幅広く活動中。体質改善に役立つお手軽レシピを提案します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事