カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
驚くべき「椎茸」のダイエット効果を解説!簡単レシピも紹介

2021.09.08

驚くべき「椎茸」のダイエット効果を解説!簡単レシピも紹介

9月に入り、暦の上ではもう秋。きのこが美味しい季節がやってきました。きのこは健康維持だけでなく、ダイエットにもピッタリの食材です。今回は食卓によく登場する椎茸の栄養やレシピ、保存方法など、役立つ情報満載でお届けします!

椎茸はダイエットに嬉しい栄養の宝庫

椎茸

9~10月に旬を迎える椎茸。日本人にとって一番身近なきのこかもしれません。昔から煮物や焼き物、出汁として親しまれてきました。

そんな椎茸、実は凄い栄養を秘めているのをご存知でしたか? 身近だからこそスルーしがちな椎茸の魅力に迫ります。

【1】ぽっこりお腹を解消する食物繊維

椎茸には特に不溶性食物繊維が多く含まれています。不溶性食物繊維は保水性が高く、腸で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激することで便秘の解消に役立ちます。また、しっかり噛んで食べることで食べ過ぎの予防にも繋がります。

【2】代謝をサポートするビタミンB群

椎茸に含まれるビタミンB群は、3大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)がエネルギーに変わる時に必要な栄養素です。また、細胞の新陳代謝を助け、にきびや口内炎などのトラブルを予防してくれます。

【3】丈夫な骨作りをサポートするビタミンD

骨や歯を作るのにビタミンDは欠かせない栄養素です。ビタミンDは日本人が不足しがちなカルシウムの吸収を促し、カルシウムが骨や歯に沈着しやすくなるように働きます。また、椎茸には紫外線を浴びるとビタミンDに変化するエルゴステロールも含まれています。食べる前に日光に当てるとビタミンDが倍増するのでおすすめですよ。

【4】血中コレステロールを下げるエリタデニン

椎茸特有の成分であるエリタデニンは、血中コレステロールの上昇を抑制し、血流をスムーズにすることで高血圧などの生活習慣病を予防します。

椎茸は乾燥させると栄養価がアップする?

乾燥椎茸

生椎茸を干して乾燥させた干し椎茸。干し椎茸は生椎茸に比べ、ビタミンDや食物繊維の含有量が格段にアップします。また、うま味成分のグルタミン酸の量も大幅に増加し、新たにグアニル酸と呼ばれるうま味成分も生成されるため、うま味の相乗効果も生まれます。
ですが肉厚の食感を楽しめるのは生椎茸ならでは。料理によって上手に使い分けたいですね。


ライター

藤田 彩実

腸活を研究しているフリーランスの管理栄養士です。コラムの執筆や料理教室の講師、ミスコンテスト出場者の食事サポートなど幅広く活動中。体質改善に役立つお手軽レシピを提案します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事