カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
「ブロッコリー」の栄養がダイエットに良かった!大量消費レシピもご紹介

2021.12.15

「ブロッコリー」の栄養がダイエットに良かった!大量消費レシピもご紹介

ブロッコリーはダイエット中に嬉しい栄養素の宝庫♪ダイエット中は職場にお弁当を持参している方も多いはず。そんな時ブロッコリーが彩りとして大活躍しますよね。でも彩りだけだなんてもったいない!余らせたりせずにたくさん食べられるレシピを管理栄養士がご紹介します。

ブロッコリーはダイエットや筋トレに向いている?

生のブロッコリー

ブーケのような形が可愛いブロッコリーはキャベツの仲間であり、ブロッコリーが突然変異して白くなったものがカリフラワーだといわれています。11月~3月に旬を迎え、この時季は特に甘味が増して美味しくなります。そんなブロッコリー、実はダイエッターや筋トレ民が喜ぶ栄養素をたくさん含んでいるってご存知でしたか? 今回はブロッコリーの魅力に迫ります!

(1)クロムが脂質の代謝を促す

ブロッコリーに含まれるミネラルの1つにクロムがあります。クロムは糖質や脂質の代謝に関わっており、特に脂質の代謝では中性脂肪や悪玉コレステロールの増加を防いで、生活習慣病の予防に貢献しています。

(2)たんぱく質が基礎代謝を向上

ブロッコリーは野菜の中でみるとたんぱく質含有量がかなり高く、摂取カロリーを抑えたままたんぱく質を摂取できる貴重な食品です。たんぱく質は筋肉の材料となります。筋肉量が上がると基礎代謝も上がり、痩せやすい身体を目指せますよ。

(3)カリウムがむくみを解消

カリウムは体内の水分量の調節に必要で、不足すると身体がむくみやすくなり、代謝の低下を招きます。ブロッコリーにはカリウムが豊富に含まれているので、代謝を上げて健康的にダイエットしたい方におすすめです。

(4)ビタミンCが美肌へ導く

ブロッコリーはビタミン類が豊富に含まれ、特にビタミンCが充実。コラーゲンの合成を助け、肌の弾力を高めてくれますよ。ビタミンCは水に溶けやすいので、加熱には電子レンジを使うと損失を防げます。

300kcal以下♪ブロッコリーの大量消費レシピ3選

ブロッコリーは身近で栄養価も高い野菜ですが、お弁当の彩り以外の使い道がわからない……そんな方も多いと思います。そこで今回は、思わず箸が進んじゃう♪ ブロッコリーの大量消費レシピをご紹介します。

【1】豚肉とブロッコリーのねぎ塩だれ

豚肉とブロッコリーのねぎ塩だれ
(1人前)エネルギー275kcal、塩分1.3g

ご飯もお酒も進むお手軽レシピ。
ブロッコリーの茎の部分まで美味しく食べられます。

◆材料(2人前)

  • 豚肩ロース薄切り肉……150g
  • ブロッコリー……1/2株
  • 塩……ひとつまみ
  • サラダ油……大さじ1/2
  • あらびき黒胡椒……少々
  • レモン……お好みで
  • 【A】長ねぎ(粗みじん切り)……5cm
  • 【A】水……大さじ4
  • 【A】料理酒……大さじ1
  • 【A】ごま油……小さじ1
  • 【A】鶏ガラスープの素……小さじ1/2
  • 【A】片栗粉……小さじ1/2
  • 【A】塩……ふたつまみ

◆作り方

  • 1.ブロッコリーは小房に分け、太い茎は皮をむいて薄切りにする。水で洗って耐熱容器に入れ、塩ひとつまみをふり、600Wの電子レンジで2分加熱する。
  • 2.豚肉は食べやすい大きさに切る。
  • 3.【A】の材料を合わせておく。
  • 4.フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒める。全体に火が通ったらブロッコリーを加えて軽く炒める。
  • 5.余分な油をふき取り、【A】の合わせ調味料を回し入れる。全体に絡めてとろみがついたらあらびき黒胡椒をふる。
    ブロッコリーと豚肉を炒める
  • 6.器に盛り、お好みでレモンをかけてお召し上がりください。


ライター

藤田 彩実

腸活を研究しているフリーランスの管理栄養士です。コラムの執筆や料理教室の講師、ミスコンテスト出場者の食事サポートなど幅広く活動中。体質改善に役立つお手軽レシピを提案します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事