カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【大阪】絶景の滝スポット!1度は行きたい大阪の滝の名所10選

2021.07.16

【大阪】絶景の滝スポット!1度は行きたい大阪の滝の名所10選

道頓堀や人気テーマパークなど都会的なイメージが強い大阪ですが、滝の美しい絶景スポットもたくさんあります!この記事では、大自然と一緒に楽しめる大阪の滝の名所10選をご紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

1.【池田市】高低差25メートルの雄々しい名滝「石澄滝」

石澄滝

「石澄滝」は、険しい山道を15分ほど進んだ先にある高低差25メートルの立派な滝です。
滝に辿り着くまでには、設置されているロープを使いながら険しい道を進んでいかなければいけませんが、その先にある「石澄滝」の美しさに目を奪われます。険しく切り立った岩肌を豪快に流れ落ちる様は、見るものすべてを魅了します。

【スポット情報】

  • 住所:大阪府池田市畑3
  • アクセス:阪急バス「東畑」バス停から徒歩約40分
  • 電話番号:072-752-1111(池田市役所)

2.【箕面市】美しさに心を奪われる天下の名瀑「箕面大滝」

箕面大滝

「天下の名瀑」として広く知られている「箕面大滝」は、名誉ある「日本の滝百選」にも選ばれているほどで、高低差33メートルの滝は圧巻です。さらに、秋になると真っ赤な紅葉が滝の魅力をたっぷりとに引き出しているので、ぜひ一度は訪れてみてください。

【スポット情報】

  • 住所:大阪府箕面市箕面公園
  • アクセス:阪急「箕面駅」から徒歩約40分
  • 電話番号:072-721-3014
  • URL:http://www.mino-park.jp/

3.【交野市】悲しい伝説の滝「源氏の滝」

源氏の滝
画像提供:交野市

大阪府交野市にある「源氏の滝」は高低差18メートルの大瀑で、「源氏の滝」の清涼は「交野八景」の一つとして有名です。また伝説「源氏姫」(「伝説乃河内」所収)の悲劇の舞台として「夜泣き石」という石も見どころの一つとなっています。

【スポット情報】

4.【岸和田市】牛滝温泉からほど近い「牛滝渓谷の竜群」

牛滝渓谷の竜群

「牛滝渓谷の竜群」とは、だんじり祭などで有名な岸和田市にある4つの滝の総称です。

「大威徳寺」の奥に進んで下流に向かうと、順番に「第一の滝」「第二の滝」「第三の滝」「錦流の滝」があり、それぞれの滝に違った特徴があります。
特に、斜めの岩肌を滑り落ちるように流れる「錦流の滝」は、水の流れが繊細で美しく、思わず見とれてしまうはず♪

※現在、通行止めのため、牛滝の滝を見に行くことはできません。

【スポット情報】

  • 住所:大阪府岸和田市大沢町1178
  • アクセス:南海本線「岸和田駅」より南海バス「牛滝山」バス停下車徒歩3分
    JR阪和線「久米田駅」より南海バス「牛滝山」バス停下車徒歩3分
  • 電話番号:072-423-9486(岸和田市観光課)

5.【四條畷市】不動明王が守る滝「権現の滝」

権現の滝

「権現の滝」は、四條畷市にある高低差15メートルの滝で、見る角度によってはまるで龍のようにも見えるといわれています。

日照りで作物が取れずに困窮していた村人を救うために、行基という名僧が通りがかりに滝つぼで雨ごいをして雨を降らせたという伝説が残っていて、そのときにできた滝が「権現の滝」という伝説が残っています。今でも不動明王を大切に祀っている神聖な名瀑です。

電車で行く場合はJR「四条畷駅」から徒歩で約1時間かかりますが、車であれば「緑の文化園」の駐車場を利用でき、そこから滝までは30分ほどでいけます。「権現川ハイキングコース」は大雨のあとなど通行止めになる場合があるので、確認してから行くことをおすすめします。

※現在、「権現川ハイキングコース」は通行止めです。

【スポット情報】

  • 住所:大阪府四條畷市大字南野(滝)
    大阪府四條畷市大字逢阪(緑の文化園)
  • アクセス:JR「四条畷駅」から徒歩約60分
  • 電話番号:072-879-6362(緑の文化園 むろいけ園地 案内所)


関連記事