カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
パッと完成!「そうめんアレンジ」人気レシピ6選!そうめんを一年中楽しもう

2021.07.13

パッと完成!「そうめんアレンジ」人気レシピ6選!そうめんを一年中楽しもう

夏の定番そうめん。「暑くて料理をする気になれない……」、「そうめんをたくさんもらって余っている」という方にオススメの簡単レシピをご紹介!カレー粉やモロヘイヤ、ピザ風などでそうめんをアレンジ!火を使わずにサッと作れるレシピもあるので、ぜひ試してみてくださいね!

箱に入ったそうめん


夏の簡単おうちごはんと言えば、そうめんですよね!
食欲がないときや夏バテ中でも食べやすく、またので簡単に済ませたいときによく作るという方も多いのではないでしょうか?

ただ、麺つゆで食べるだけだと飽きてしまいがちですよね。

そこで今回はパッと作れる「そうめんの人気アレンジレシピ」を5つ、ご紹介します。

【1】カレー炒めそうめん

カレー炒めそうめん

ターメリックやクミンなどカレーのスパイスがアクセントの、炒めそうめん。
そうめん×カレーのイメージはあまりないかもしれませんが、カレーうどんやそばがあるくらいなので合わないはずがありません。
今回はカレーパウダーを使って炒め、焼きそば風にアレンジしてみました。

カレーの具材はもちろん、カレーパウダーの包容力でほぼどんなものでも具材として合うので、冷蔵庫の余り物を一掃するときにも頼りになるレシピです。
炒めることで甘味が増す玉ねぎと、ソーセージ、そしてしめじを合わせてみました。

材料(2人前)

  • そうめん  2束
  • 玉ねぎ  1個
  • しめじ  1/2袋
  • ソーセージ  6本
  • カレーパウダー  大2杯
  • ごま油  適宜
  • 〇醤油(もしくはウスターソース)  大1杯
  • 〇塩コショウ  少々

作り方

  • 1.そうめんは茹でて水洗いし、氷水で締めて水切りしておく
  • 2.フライパンにごま油を引いてソーセージを炒める
  • 3.続いてざく切りにした玉ねぎ、石づきを切り落とし手で小分けにしたしめじも入れて炒める
  • 4.カレーパウダーを3のフライパンに入れて馴染ませる
  • 5.そうめんを入れ、〇の調味料を加えてサッと混ぜる
目玉焼き載せカレー炒めそうめん
もうひと手間掛けて、目玉焼きを乗せるのもオススメ

【2】モロヘイヤ×トマトのつけそうめん

モロヘイヤ×トマトのつけそうめん

モロヘイヤにトマトを合わせて、残暑を乗り切るネバネバレシピです。
βカロテンやカルシウム、ビタミンB1や食物繊維などを豊富に含み、「野菜の王様」とも称されるモロヘイヤは、なるべく取り入れたい野菜のひとつ。
そんなモロヘイヤにトマトの酸味がプラスされ、美味しくツルツルッと食べやすいレシピです。

材料(2人前)

  • そうめん  2束
  • モロヘイヤ  1/2束
  • トマト  1個
  • 〇出汁  300~400cc
  • 〇醤油  大3杯
  • 〇みりん  大3杯
  • 〇砂糖  小1~2杯

作り方

  • 1.〇の調味料を混ぜてつけ汁を作る
  • 2.モロヘイヤを下茹でして、みじん切りに
  • 3.トマトもみじん切りに
  • 4.つけ汁にモロヘイヤとトマトを入れて冷蔵庫で冷やしておく
  • 5.茹でて水洗いし、氷水で締めて水切りしておいたそうめんを、盛り付ける
混ぜ合わせたモロヘイヤ×トマトのつけそうめん
モロヘイヤとトマトのスープをつけダレにしてもいいし、あらかじめ混ぜていただくのも美味しい

【3】黄身乗せ納豆そうめん

黄身乗せ納豆そうめん

冷蔵庫に入っている食材で今すぐ作れる、簡単レシピ。
納豆と卵かけご飯からアイデアをもらった、納豆と卵かけそうめんです。

色味を足したくて家にあった大葉をプラス。納豆と卵黄の濃厚さに負けないほどの香りとインパクトがあり、大葉はとてもいい仕事をしてくれます。
ごま油の芳ばしさも加わり、シンプルなのにびっくりするほど美味しい一品です。キムチを刻んで足しても美味しそうです。

材料(2人前)

  • そうめん  2束
  • 納豆  2パック
  • 卵黄  2個
  • 大葉  4~6枚
  • 刻みのり  適宜
  • 〇市販の希釈用の出汁や麺つゆをストレートで  大2杯
  • 〇水  60ccほど
  • 〇ごま油  適量
  • 煎りごま  適宜

作り方

  • 1.そうめんを茹でて水切りしておく
  • 2.大葉は細切りし、納豆はかき混ぜ、卵は卵黄と卵白を分けておく
  • 3.盛り付けて〇の汁を回し掛ける
混ぜ合わせた黄身乗せ納豆そうめん
味を左右する卵は、放し飼いなど良い環境で育てられたものが理想的


榎田 京(mia)

ライター

榎田 京(mia)

ナチュラルライフ探求ライター/オーガニック料理ソムリエ。旅行誌の広告制作を経て、雑誌広告や編集ページのグルメ記事を主に担当。今は自然に沿った生き方を実践しつつ各媒体で執筆中。海のある暮らしに憧れています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事