カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
朝食にピッタリ!旬の《夏野菜》を使ったトーストアレンジレシピ3選

2020.06.10

朝食にピッタリ!旬の《夏野菜》を使ったトーストアレンジレシピ3選

朝食の定番といえばトースト。毎朝食べているという方も多いのでは?シンプルなバターだけのトーストもいいですが、ちょっとひと手間加えた《夏野菜》を使ったアレンジレシピをご紹介します!

朝食に食パンのトーストを食べる人は多いのではないでしょうか。
忙しい朝でも簡単に用意できて、食べ応えも軽めのトーストは朝食にピッタリ!
バターやジャムなどでシンプルに楽しむのもいいですが、朝からしっかりパワーチャージしたいなら、今が旬の夏野菜を使ったアレンジもぜひ試してみて。

スーパーでよく見かけるあの野菜を工夫して楽しむための、3つのレシピをご紹介します。

オクラと納豆のネバネバ・チーズトースト

オクラと納豆のネバネバ・チーズトースト
オクラと納豆は、どちらもネバネバ食感好きには人気の食材。
今回はたっぷりのチーズと一緒にトーストの上に乗せてアレンジしました。また納豆とチーズは発酵食品なのでこちらも組み合わせバッチリです。
オクラの夏野菜特有の微かな苦みが、発酵食品のまろやかさとコクに包まれる大満足の一枚です。

オクラと納豆のネバネバ・チーズトースト

材料(1枚分)

・食パン 1枚
・食パン用バター
・オクラ 2~3本
・納豆 1パック
・醤油 小1/2
・ごま油 小1/2
・ナチュラルチーズ 適量
・味付け海苔 適量

作り方

1. オクラを下準備する
2. 小口切りにしたオクラと納豆とサクッと混ぜる
3. 醤油とごま油を入れてさらに混ぜる
4. 食パンをトースターで軽く焼き、バターを塗り3を乗せる
5. 4にチーズを乗せ再びトースターに入れて、焦げ目が付くまで焼き、海苔を散らす
※ボリュームたっぷりにしたければ、オクラや納豆の量で調整

大葉とサバの和風マヨトースト

大葉とサバの和風マヨトースト
トルコにはパンに香ばしく焼いたサバや玉ねぎなどを挟んだ「サバサンド」なるものがあるので、パンとサバの相性はバッチリ!
旬の大葉をふんだんに使い、最後にレモン汁をサッとふりかけることで、サバのうま味を立てつつも夏らしい爽やかさがアップします。
暑さが増すこれからの季節の朝に、パワーをもらえる朝食に。

大葉とサバの和風マヨトースト

材料(1枚分)

・食パン 1枚
・食パン用バター
・大葉 1枚
・サバ缶 1/3 (水煮)
〇オリーブオイル 小1
〇塩コショウ 小1
・マヨネーズ 適量
・えごま 適量
・レモン汁 適量

作り方

1. 大葉を細切りにする
2. サバ缶のサバを取り出し、〇を入れて混ぜる
3. トースターで食パンを軽く焼き、バターを塗る
4. 3に2を引いて、その上に1の大葉をたっぷり乗せる
5. 仕上げにマヨネーズとえごま、好みでレモン汁を振りかける
※サバの風味が強くて気になる人は、大葉を少し多めにするなど調整
※もちろん、えごまではなく白ごまでも代用可

スイーツ代わりに!ハニートマト×チーズトースト

スイーツ代わりに!ハニートマト×チーズトースト
夏野菜を使ったスイーツ系トーストなら、ミニトマトを主役に。
ハニートマトを作る手間はありますが、噛みしめたときにジュワッと溢れるハニーレモンを吸い込んだトマトのジュースが絶品です。
あとはたっぷりのチーズとハチミツで仕上げる、朝から幸せ気分になる一枚です。

ハニートマト×チーズトーストの作り方

材料(1枚分)

・食パン 1枚
・ミニトマト 6~8つ(サイズによる)
・モッツァレラチーズ 適量
・ナチュラルチーズ・ピザチーズ 適量
・ハチミツ 適量

◆ハニートマト
・ミニトマト 6~8つ
・ハニー 大3
・レモン汁 大1

作り方

1. ハニートマトを用意
2. トースターで食パンを軽く焼き、バターを塗る
3. ハニートマトを乗せて、モッツァレラチーズを間を埋めるように置く
4. ナチュラルチーズを3の上に乗せる
5. チーズに焼き目を付けたら、トースターから取り出しハチミツをかける
※チーズの量はトマトや食パンのサイズや好みにより調整

◆ハニートマトの作り方
湯むきしたミニトマトを、ジップロックや容器にハニートマトの材料と入れて、1時間以上浸す。一晩しっかり漬け込んでも、味が染みてさらに美味しく

まとめ

手軽に買える、夏野菜を使ったトーストのアイデアレシピ、いかがでしたか。
バターだけのシンプルさもいいですが、時間に余裕のあるときや味変を楽しみたいときには、ぜひこういったアイデアも試してみることをオススメします。


榎田京(mia)

ライター

榎田京(mia)

ナチュラルライフ探求ライター/オーガニック料理ソムリエ。旅行誌の広告制作を経て、雑誌広告や編集ページのグルメ記事を主に担当。今は自然に沿った生き方を実践しつつ各媒体で執筆中。海のある暮らしに憧れています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事