カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
暑くて寝れない!?熱帯夜でもエアコンを使って快眠する方法

2021.07.15

暑くて寝れない!?熱帯夜でもエアコンを使って快眠する方法

暑くてなかなか寝付けない!暑い夏こそ、しっかりと眠り疲れをとることが大切。夏バテを防ぐためにも、エアコンを上手に使った快眠のコツをご紹介します!

最高気温が25度を超えた日のことを「夏日」と呼びますが、最近の夏は、この夏日よりも、「真夏日(30度を超えた日)」「猛暑日(35度を超えた日)」の名前を耳にすることのほうが多くなったような気がしませんか?

日中の気温がここまで高いと、夜もそれにともなってなかなか気温が下がらないという状態になります。気温が25度以上ある夜のことを「熱帯夜」といいますが、熱帯夜までいかなくても、夏の間は暑くて寝苦しい日が続くことが多いです。

なかなか寝付けない上に、眠りが浅くてときどき夜中に目を覚ましてしまう。そんなときは、朝起きるとなんだかだるくて仕事にも影響が出そう……。こんな状態では困りますよね。

暑い夏こそ、しっかりと眠り疲れをとることが大切。睡眠は、夏バテを防ぐためにも大事です。
今回は、エアコンを上手に使った快眠のコツをご紹介します。

暑い日に寝付きが悪くなる理由

寝室で暑さにやられている女性

夏になるとなぜ寝付きが悪くなるのでしょうか? それは、人の体の深部体温が関係しています。

体の深部体温が下がると人は眠気を感じます。昼間上昇した深部体温は、午後8時前後に一番高くなり、「そろそろ寝ようかな」というタイミングで下がり始めます。このとき、深部体温が下がるように手足などの皮膚からも熱を逃しているのですが、気温や湿度が高い夏は、それがうまく行かず、なかなか眠気がやってこないという状態になるのだそうです。

熟睡できないときに疲れが残る理由

人は、「ノンレム睡眠(深い眠り)」「レム睡眠(浅い眠り)」を繰り返しながら、脳の疲れを回復させたり、免疫機能を増強させたりしています。熟睡できると、疲労回復に役立つ成長ホルモンの分泌も活発になるほか、精神的な疲れも回復できるようになっています。

暑くて熟睡ができない状態になると、心身の疲労を回復させることが難しくなり、その結果疲れを残したままになってしまうのです。


関連記事