カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
お風呂をもっと心地よい場所に変える《バスルーム》の収納とインテリアのポイント

2020.09.27

お風呂をもっと心地よい場所に変える《バスルーム》の収納とインテリアのポイント

お風呂を「ただ毎日の汚れを落とすだけの場所」と思っていませんか?お風呂は体だけでなく心もキレイになる場所、1日の疲れた自分を解きほぐしてくれる空間です。そんなお風呂にもっと居心地の良さを求めるために、収納やバスインテリアについて考えてみませんか?

「バスタイム」と聞いて、どんな印象を思い浮かべますか?

・1日の汚れを流す
・面倒だけど、仕方なく入る

お風呂に対する感覚は、人それぞれです。

忙しい方にとっては、「億劫で面倒臭いもの」と感じるかもしれませんね。

しかし本来お風呂は汚れを落とすだけでなく、体を温め、無防備な状態で心身ともにリラックスすべき場所。

お風呂を「義務」ではなく「ご褒美」と受け取れるよう、お風呂の環境を見直してみませんか?

お風呂場の収納を見直す

お風呂場でリラックスなんてできない、という方は、お風呂場の収納に原因があるのかもしれません。

散らかっている、汚れている、狭さを感じる空間で、手足を伸ばしてゆったり過ごすのは難しいもの。

心地よいお風呂場づくりの基本でもある「お風呂場の収納」を、まずは見直してみましょう。

不用品は片付けよう!

バスグッズは浮かせて収納しよう

@rinsaku_home
icon

シャンプーやリンス、洗顔フォームなど毎日使うものとは別に、1ヶ月に1回も使わないようなバスグッズを置いていませんか?

広さが限られているお風呂場に物が溢れていると、圧迫感を強く感じてしまいます。

お風呂場に置くものは「毎日使うものだけ」に厳選し、3日〜1週間に1回程度のトリートメントやボディケア材などは洗面所に置いて、必要なときに持ち出すようにしましょう。

吊るす収納を活用

バスグッズは浮かせて収納しよう

@kamechan_ismart
icon

お風呂場に置くものを厳選したなら、「吊るす収納」でまとめるのがオススメです。
吊るすことでお風呂場の空間を広くとれるだけでなく、バスグッズの水アカ対策にもなります。

・備え付けのタオルハンガー
・吸盤・磁石を使ったフックを壁に取り付ける
・シャワーカーテンや物干し竿のパイプ

これらの場所に吊るせば、お風呂場に清潔感と広さを保てます。

シャンプー・ボディーソープの容器を統一

お風呂場に広さと清潔感を得たなら、次は見た目の良さも取り入れてみましょう。
シャンプーやボディーソープといった容器のデザインを無地で統一することで、ホテルライクな雰囲気が強まり、お風呂場の生活感を拭えます。

容器は100円ショップ、『ニトリ』や『カインズ』といったホームセンターでも購入可能です。大きさ・形・色を考えて、好みのものを探してみましょう。

毎日の「ササッと掃除」でいつも清潔に

せっかくお風呂場の見た目をきれいにしても、お風呂場自体が汚れていては、リラックスは難しいでしょう。

お風呂場の水アカはすぐにカビへと変わるため、こまめな掃除が必要です。
しかし忙しい日が続けば、お風呂を毎日丸ごと洗うのは大変ですよね。

お風呂上がりに次の4つを心がけるだけでも、お風呂場のカビや菌の増殖を抑えることができます。

・お風呂上がりに浴槽をスポンジと洗剤で洗う
・水シャワーで床や壁に残った泡、髪の毛を洗い流す
・スクイージーで壁や鏡の水滴を洗い流す
・換気をする

無理のない範囲で、できる限りの掃除を心がけましょう。

バスタイムを優雅に。素敵なバスグッズを取り入れよう

お風呂をもっとリラックスできる場所にするために、お役立ちアイテムを取り入れてみましょう。

楽しいバスグッズはお風呂をワクワクに変え、バスタイムをご褒美タイムへと変化させてくれます。

お風呂用スピーカーで音楽を楽しもう

お風呂用スピーカー

@mayumimi.24
icon

適度に声が響くお風呂場は、絶好のカラオケタイムです。
大好きな曲を聴きながら歌を歌えば、疲れていた気分も晴れるのではないでしょうか。

また、お風呂場を暗くしてリラクシングミュージックを流せば、まるでサロンにいるような気分に浸れます。

お風呂用スピーカーはお風呂をお風呂場以外の場所に変えてくれる、便利なアイテム。バスタイムを楽しみたい方は、ぜひ検討してみてください。

バステーブルで半身浴を充実

バステーブルで半身浴

@sako_wander
icon

時間のある週末は、半身浴で身も心もリフレッシュしてみませんか?

半身浴は20分以上ぬるま湯に浸かる必要があります。しかし何もせずぼんやり20分、時間を持て余すのはもったいないですよね。

本や飲み物を持ち込めば、20分をあっという間に過ごすことができます。
バステーブルに本・飲み物など半身浴のお供を置いて、バスタイムを充実させましょう。

キャンドル・植物など装飾品をプラス

バスタイム キャンドル diptyque

@tomomi.style5
icon
バスルームに植物を置いたインテリア

@nui_maico
icon

キャンドルや植物といった装飾品があると、お風呂がますますホテルライクな雰囲気に。

キャンドルでお好みの香りを楽しみながら、鮮やかなグリーンを眺めながら過ごすバスタイムは、非日常を演出します。

お風呂場のスペースに余裕があれば、ぜひ、取り入れてみてください。

お気に入りの入浴剤で体と心のケア

バスボム 入浴剤

@kananana.t
icon

入浴剤には保温効果や美肌効果があるものが多いです。さらに、ハーブの香りやひのきの香りなどリラックス効果の高い入浴剤を使えば、体も心もキレイに。

お気に入りの入浴剤を使って、疲れた自分を癒してあげてください。

お風呂を変えて1日の疲れを洗い流そう

お風呂場は1日の疲れを汚れと一緒に洗い流してくれる場所です。居心地の良さと清潔感を保つことで、心地の良いバスタイムを過ごすことができます。ぜひ、整ったお風呂場環境で素敵な時間を過ごしてくださいね。


遠藤舞衣

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事