カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【南堀江】ドリンク片手に服も見て!モノトーンなおしゃカフェ『MODE ROBE』

2020.07.15

【南堀江】ドリンク片手に服も見て!モノトーンなおしゃカフェ『MODE ROBE』

大阪・南堀江にウッド調のカフェが多い中、ひときわシックでおしゃれなカフェを発見しました。カフェと思いきや、お店の中を覗くと服も売っている様子。あれ、カフェなの?服屋さんなの……?その答えは「両方」だそう!そんなおしゃれカフェ『MODE ROBE(モードローブ)』をご紹介します。

ドリンク片手に服やアクセサリーを見て楽しんで

モードローブ 店内 アクセサリー

『MODE ROBE』は2018年9月にオープン。実は、12年前から通販をメインに展開していたレディースファッションブランド『MODE ROBE』の実店舗なのです。Instagramのフォロワーが5万人を超える人気ブランドで、手頃な価格が幅広い世代の女性から支持されています。

モードローブ 店内 アクセサリー

お店のテーマは「トータルビューティー」。「服だけでなく、食べ物も含めて『MODE ROBE』ならではの美しさを提供したい」という想いで、満を持して実店舗をオープンされたそう。
店頭でカフェメニューを購入し、ドリンクを片手に服やアクセサリーを見て楽しめるという珍しい形を取っています。ファッションブランドでもある『MODE ROBE』ならではの楽しみかたができますね。

珍しい大理石調の店内は、どこを切り取ってもインスタ映え

モードローブ 大理石調の店内

カフェゾーンには、大理石調で六角形のテーブルがならんでおり、壁面にはおしゃれな写真やイラストが飾られています。オーナーさんに話を聞くと「日本にはないカフェを作りたくて、韓国で人気なカフェを研究しました。そうしたら、大理石調のカフェは堀江にないな……と思い、このような内装にしました。嬉しいことに、韓国好きな方が多くきていただいています」とのこと。

モードローブ ドリンク

大理石調のテーブルに置いたり、壁をバッグにしたり、どこを切り取ってもインスタ映えする店内です。お店に来る方の多くが、写真撮影を楽しんでいるそうですよ。

アフターコロナの新メニューは美容ドリンク

シーズンごとに新メニューを出しているという『MODE ROBE』の新作は、ヘルシービューティードリンクのシリーズ。「紅茶キノコ」と言われるお茶を発酵させてつくる「コンブチャ」(700円)や、ハーブのエルダーフラワーを使った「オーガニックエルダーフラワーコーディアル」(630円)、身体の不調箇所によって味が変わる「おみじゃ茶」(ホット/アイス各500円)など。どれも、美容効果が高く、免疫力アップや疲労回復、美肌効果などが期待できるそう。健康ドリンクってちょっと苦かったり特徴的な味のイメージが強いですが、こちらはすっきりとして飲みやすいものばかり! 美味しい上に健康的、見た目も可愛いというスペック高めなドリンクたちです。

モードローブ 新メニュー 美容ドリンク

新型コロナウイルスにより、自分で免疫力を高める方法に注目が集まったことから、健康に良く美しさに繋がるドリンクを開発したそうです。中身が優秀な上、おしゃれな見た目で飲むときにワクワクしちゃいますね。

そのほか、コーヒーやカフェオレ、ブルーレモネードなど、ドリンクメニューは約20種類。フードはアイスクリームとフライドポテトの2種類を用意しています。

自粛期間は人がいなくなったものの、最近は徐々にお客さんも戻ってきているそう。店内はシールドを設けたりして気をつけながら営業しています。
オーナーさんは「ちょっと入りづらいって言われることもありますが、価格もお手頃なので気軽に入ってきて欲しい。テンションをあげて、ドリンクも服も楽しんでもらえる場所になれたら」と話します。

シックでおしゃれなだけでなく、美容・健康に良いドリンクもあり、服を眺めながら楽しめる『MODE ROBE』。

  • いつもとちょっと違うカフェに行ってみたい
  • かわいいだけじゃなくて美容効果のあるドリンクを飲みたい
  • ドリンクだけじゃなくて服も見たい

そんなときは、ぜひ足を運んでみてくださいね。

※本記事内の価格は全て税別です。
※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

『MODE ROBE』

(モードローブ)
住所
大阪府大阪市西区南堀江1-22-1
アクセス
Osaka Metro長堀鶴見緑地線「西大橋駅」から徒歩約5分
営業時間
11:00~20:00
定休日
不定休
電話番号
SNS

おだぎり

ライター

おだぎり

大阪・靭公園近辺在住。みんなが知らない良いものを掘り当てるのが好き。

このライターの記事をもっと読む

関連記事