カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【DIY連載】フェイクプラントをアレンジ!甘辛配色がときめく「プラントボックス」を作ろう

2021.07.23

【DIY連載】フェイクプラントをアレンジ!甘辛配色がときめく「プラントボックス」を作ろう

ピンクとブラックの甘辛配色で仕上げた、大人シックなプラントボックス。100均のクラフトケースをベースに作ったものですが、さらに100均のフェイクフラワー&多肉植物を添えて「オール100均アイテム」でおしゃれにアレンジしてみましょう。

グレイッシュピンクとマットブラックの甘辛配色が心ときめく「プラントボックス」。

落ち着いたグレイッシュピンクが黒の緊張感をほどよく和らげ、空間にぬくもりをプラスしてくれます。

プラントボックスならではの、自在な植物アレンジがディスプレイポイント。

今回はこちらの「プラントボックス」に加え、アレンジする植物まで全てを100均アイテムを使って作ってみようと思います。

まずはボックス作りから。材料は100均アイテムで!

まず最初に、プラントボックス本体を作ってみましょう。

材料として使ったのがこちらのアイテムです。

  • クラフトマスキングテープケース
  • ドライフォーム

クラフトケースは「キャンドゥ」で、ドライフォームは「セリア」で揃えました。

これら2点のアイテムを使って、大人シックなプラントボックスを作ります。

分解&ペイントで!プラントボックスの作り方

クラフトマスキングテープボックス内の仕切りを取り外します。

ボックス全体がクラフト紙で作られているので、仕切りを外す際はできるだけ外観を損なわないよう丁寧に剥がしましょう。

ボックスの側面に両面テープを貼り、フタ部分を接着して垂直に固定します。

ボックスのフタがピンと真っ直ぐに立ち上がるようなイメージです。

ボックス外面をマットブラックに、内面をグレイッシュピンクにペイントします。

使った塗料

  • ミルクペイント(インクブラック)
  • ミルクペイントforガーデン(ミルクティーグレージュ)

ドライフォームをボックスサイズにカットし、箱の中に入れればプラントボックス本体が完成です。


ライター

柳 美菜子

家具から雑貨まですべてを手作りし、お金をかけないナチュラル賃貸マンションライフを楽しんでいます。ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書も出版、また様々なメディアでも執筆しています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事