カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【DIY連載】夏インテリアに!セリア100均リメイクで作る「カピス貝風ガーランド」

2021.07.09

【DIY連載】夏インテリアに!セリア100均リメイクで作る「カピス貝風ガーランド」

夏の清涼インテリアにぴったり!シャリッと涼しげなカピス貝風ガーランドを、セリアの100均アイテムで作ってみましょう。まるで本物のカピス貝のような質感を、ペイントリメイクで表現してみようと思います。

カピスガーランド

夏のインテリアディスプレイにオススメのカピス・ガーランド。
天然のシェルで作られた、淡い光沢感が美しいガーランドオブジェですが、実はこれフェイク(偽物)なんです。

ガーランドアップ

今回は、まるで本物のように見える「カピス貝風ガーランド」を、セリアの100円アイテムとペイントを駆使して作ってみようと思います。

材料はセリアでおなじみのコレ!

セリアの木製アートフレーム

材料として使ったのは、セリアでおなじみの「木製アートフレーム」。

木で作られたフレーム部分は、100均リメイクの定番アイテムとなっていますが、今回はフレーム内の「クリア板」部分を使います。

さっそくリメイクしてみましょう!

ペイントが決め手!カピス貝風ガーランドの作り方

リアルなカピス貝の質感を生み出すのはズバリ「ペイント」。

塗料とペイントを駆使して、涼しげなガーランドを作ってみましょう。

1.フロストガラス風ペイントを施す

クリア板にペイント

フレームから取り外したクリア板に、フロストガラス風のペイントを施します。

使った塗料はターナー色彩の「ガラスペイント(曇り)」。塗るだけで磨りガラスのような半透明の質感を表現できる革命的な塗料です。

こちらの塗料を刷毛でサッと薄く塗り伸ばした後、上からスポンジでトントンと叩くようにして馴染ませます。

クリア板

右が塗る前のクリア板、左が塗った後のクリア板です。透明なクリア板が、ざらざらとした手触りのフロストガラスのように変貌しました。

2.上塗りペイントでさらに質感を高める

上塗りペイント

水で溶いたクリーム色の水性塗料を刷毛でランダムに上から落とし、余分な水分をティッシュペーパーで叩くようにして拭き取ります。

使った塗料は「ミルクペイント(クリームバニラ)」です。

クリア板のペンと途中経過

左から「塗装前のクリア板」、「フロストガラスペイント」、「クリーム上塗り」です。

ペイント前の姿からは想像がつかないほど、がらりと質感が変わりました。

3.丸くカットする

クリア板を丸カット

ペイントしたクリア板を丸くカットします。

まず、セロテープの芯を利用して鉛筆でカットライン(正円)を描き込みます。

クリア板をカット

カットラインに沿ってハサミで丸く切り取ります。

クリア板は柔らかな塩ビ素材で作られているので、ハサミで簡単にカットすることができます。

カスピ貝風パーツ

クリア板4枚で、合計24個のカスピ貝風パーツができました。


柳 美菜子

ライター

柳 美菜子

家具から雑貨まですべてを手作りし、お金をかけないナチュラル賃貸マンションライフを楽しんでいます。ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書も出版、また様々なメディアでも執筆しています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事