カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
別れの前兆を見逃さないで!彼との別れを回避する対処法3つ

2021.06.08

別れの前兆を見逃さないで!彼との別れを回避する対処法3つ

別れの前兆にはどのような言動があるのでしょうか。彼氏があなたとの別れを考えるときは、何らかのサインが出ているはずです。そこで今回は、別れの前兆を4つご紹介します。別れを回避する方法も3つお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏が素っ気ない態度だと、「別れの前兆かな……。振られたらどうしよう」と悩んでしまいますよね。
しかし彼氏の別れたいサインにいち早く気付けば、すぐに対処できます。
別れの前兆を4つピックアップしましたので、ご紹介しますね。

別れの前兆4つ

別れの前兆にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

【前兆1】連絡やデートの回数が少なくなった

連絡やデートの回数

連絡やデートなど、2人の時間が少なくなったのなら、別れの前兆といえます。

  • LINEのスタンプや絵文字が、明らかに少なくなった
  • 彼氏からデートに誘わない
  • デートの予定をなかなか決めようとしない

このような状況なら、彼氏はあなたのために時間を使いたくない、と考えている可能性が高いでしょう。

特に「仕事が忙しい」「その日は○○(友人)と会う予定がある」とやたらと発言するなら要注意。
これらは時間を割きたくない人に対して、使われがちな言い訳です。

2人の時間が減っても、残念ながら彼氏は平気なのでしょう。

【前兆2】あなたに対してお金を使わなくなった

お金を使わなくなったら、別れの前兆かもしれません。
近いうちに別れる相手に対してお金を使うのは、採算が合わない行為だからです。

ただし、別れの前兆ではないケースもあります。

“金欠だけど、あなたには会いたい”

彼氏がこのように考えているなら、前向きな節約であり、別れの前兆ではありません。
デートの回数を増やすために、食事代やプレゼント代を削るのは仕方のないことです。

別れの前兆なのか見極めるためには、デート中の様子を観察してみてください。
上の空だったり、あなたが嫌がることをしたりするなら、別れの前兆です。

【前兆3】一緒にいても上の空

一緒にいても上の空

会話中、返事が上の空なら、別れの前兆だと疑ってみましょう。

彼氏はきっと、あなた以外のことを考えています。
一緒にいるのに、目の前の彼女を優先していません。

  • 会話が最低限の相づちだけ
  • ずっとスマホをいじっている
  • あなたがイメチェンしても気付かない。あるいは興味なさそう

このような様子なら、彼氏はおそらく、彼自身や他のことを優先したいと考えています。
優先順位が下がってしまったあなたとは、別れを視野に入れているかもしれません。

【前兆4】わざと嫌がることをしてくる

あなたが嫌がることをするなら、別れの前兆と考えていいでしょう。
特にプライドが高い人が、この方法を実践する可能性があります。
わざと嫌がることをして、あなたが振る、つまり彼氏自身は振られる構図に仕向けたいのです。

例えば

  • 待ち合わせにしょっちゅう遅刻する
  • あなたが真剣に相談しているのに、不真面目に取り合う
  • 将来について話そうとすると、話題を変える

などのように、あなたに対して否定したり、真剣に取り合わなかったりしていませんか?

プライドが高い男性が別れを決意したときは、この前兆が垣間見られるはずです。

別れの前兆への対処方法3選

ここまで、別れの前兆を4つご紹介しました。
彼氏の様子や状況に当てはまりましたか?

もし別れの前兆があれば、対処方法を3つご紹介しますので、
彼氏の心を取り戻すために、ぜひ実践してみてください。

【対処方法1】初心に戻る

手をつなぐ男女

1つ目の対処方法は、付き合い始めの自分になりきることです。

彼氏はどんな自分を好きになってくれたのかを思い出してみましょう。
そして現在のあなたの状況も考えてみてください。

(付き合い立ての頃)常に笑顔を心掛けて、会話は盛り上がる内容だけにしていた。
(最近)仕事のグチばっかり言って、彼氏を困らせているかもしれない……。

以前と現在の自分にギャップがあるなら、初心に戻る方法がオススメです。

順調に交際が続いて、彼氏に素を見せられるのは悪いことではありません。
しかし、親しき仲にも礼儀あり。
素を見せつつも、彼氏への配慮は必要であるといえます。


沼 咲香

ライター

沼 咲香

動植物と触れ合うのが大好きな、アラサーライターです。庭をお花畑にする計画を実行中。 記事を読んでくださった方のお悩みに寄り添った、優しくも具体的な記事を執筆します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事