カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
倦怠期の上手な乗り越え方!冷めと倦怠期を見定めるポイントとは

2021.02.07

倦怠期の上手な乗り越え方!冷めと倦怠期を見定めるポイントとは

彼氏への気持ちが冷めなのか倦怠期なのかわからないまま別れて後悔することも。倦怠期であれば乗り越え方を押さえることでラブラブに戻れる確率がグッとあがります。二人ともでなく彼氏・彼女だけがなっている場合の対処法と友達に相談しようと思った際の注意点をご紹介します。

冷めと倦怠期の違いとは?特徴をチェック

くらい部屋

彼との関係性がうまくいかなくなったときに冷め、マンネリ、倦怠期、蛙化現象(かえるかげんしょう)といった様々な言葉が挙がります。冷めはすっかり気持ちがなくなってしまうこと。倦怠期は相手との付き合いに慣れや新鮮味がなくなること、マンネリは慣れで新鮮味がなくなること。蛙化現象は過程などが楽しく、相手が振り向いた瞬間に満足して気持ち悪くなってしまうことといわれています。
同じようなデートを繰り返して飽きた場合は倦怠期とは表現せず、マンネリと表すことになります。微妙な違いがあることを知らなかった人は多いのではないでしょうか。

“相手”に対する気持ちがわからなくなったときは、冷めか倦怠期かが訪れていると考えられますが、どのような違いがあるのでしょうか。

【1】既読スルーをしてもフォローする?

冷めも倦怠期もLINEの既読スルーが増える傾向にあります。しかし、冷めの場合には嫌いになっているため、面倒臭い思いが先行しフォローすらしません。自然消滅を狙っているということもあるでしょう。返信が遅れたことに対する謝罪や会った時に要件をまとめて話す行動が見られるなら倦怠期の可能性が高いです。

【2】なんだかんだ一緒にいる?

冷めの場合は、視界に入れるのも嫌になっています。無意識でも一緒にいない日を増やしてしまうことでしょう。他の異性とのおつきあいを妄想したり、愚痴を言ったりしながらもなんだかんだ一緒にいるなら、倦怠期ゆえに「一緒に何かをしていなくてもいい」と思っているだけだと考えられます。

【3】自分や彼の言動はどう?

いつも自分や彼はイライラしていないでしょうか。一緒にいるだけでストレスになっているとすれば、相手に対してもう冷めて気にかけるのも嫌になっているのかもしれません。ただ楽しくなさそう、つまらなそうなだけなら、倦怠期に突入して悩んでいる可能性が高いです。

交際中・遠距離恋愛中・同棲中・結婚するとき・夫婦別の乗り越え方

手を繋ぐ夫婦

倦怠期は、相手の悪い面が見え始める3ヶ月をはじめとして、1年目や3年目などに多いと言われています。結婚すれば終わりというわけではなく、夫婦関係でも突然訪れることがあります。お互いにラブラブに戻ろうとすれば、前のように楽しい時間を過ごせることでしょう。関係性ごとに乗り越え方をご紹介します。

【1】交際中

いつもと違うデートをしてみることで、新しい彼の一面を発見できたり刺激を取り入れたりすることができるでしょう。彼との関係に慣れてくると、「言わなくてもわかるだろう」という先入観が働きやすくなるため、こまめに愛情を言葉にするのも忘れずに。

【2】遠距離恋愛中

遠距離恋愛は乗り越えることで絆が深まることがある一方で、会えない時間がすれ違いを生み、別れる確率を上げてしまうことも。連絡を取らないでいると、そのまま関係性が終わってしまうこともあります。適度な連絡頻度を保ち、可能であれば会えるよう調整してみましょう。

【3】同棲中

同棲を始めてから数ヶ月後に倦怠期が訪れることはよくあります。価値観や生活習慣がわかったゆえの安心感からでしょう。いつもと違う料理を作ってみたり、一緒に買い物に行ってみたりと、行動パターンをあえて変えてみるのがオススメです。

【4】結婚するとき

結婚式の様子

結婚前にマリッジブルーになる女性は少なくありませんが、分析すると、彼の性格や金銭面、親戚付き合いなどに対する不安が明確に挙がることが多いです。結婚していいか迷ったときは、彼との将来を具体的に考えられるか、ロジカルに考えて彼とやっていけそうかなどを考えてみましょう。漠然とした不安しかないのなら、倦怠期の可能性が高いです。

【5】夫婦

夫婦が倦怠期に入るとレスに陥りがちです。いつもと違うプレイを試みたり、コスチュームを用意したりするなど、視覚的な刺激を作ってみたりしましょう。完全にレスになってからよりも、回数が減ったタイミングで手を打つのが理想的です。家族になると一人の時間が減ってしまうため、一緒にいるありがたみを感じるために、自分だけの時間も作ってみるのも良いでしょう。


関連記事