カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
放置するのはNG!同棲カップルの会話が減ってしまう理由と対処方法

2020.12.20

放置するのはNG!同棲カップルの会話が減ってしまう理由と対処方法

大好きな彼氏と念願の同棲!最初はラブラブでも、時間の経過とともに会話が減ってしまうのはよくあることです。「仕方がないのかな」と思いつつも、会話のない状態が続けば不安に思う人は多いはず。そこで今回は、同棲カップルの会話が減ってしまう理由と対処方法をご紹介します。

「ラブラブの同棲生活だったはずが、最近はあまり会話をしていない」と悩んでいませんか? 一緒に生活していれば、盛り上がっていた恋心は次第に落ち着き始めるもの。そのため時間の経過とともに、会話が減っていくのは仕方がないことなのかもしれません。

しかし会話のない状態が長く続けば、きっと「このままで大丈夫かな?」と不安に思うはずです。

そこで今回は、同棲カップルの会話が減ったときの対処方法を3つピックアップしました。会話が減る理由についても解説しますので、同棲生活に不安を感じている人は参考にしてみてください。

同棲カップルの会話が減る理由は「マンネリ化」にあり

マンネリ

同棲カップルの会話が減る理由のひとつに、「マンネリ化」が挙げられます。

付き合って間もないころは、彼氏と一緒にいるだけで幸せを感じられる時期です。「相手のことは何でも知りたい!」と思い、積極的に会話を交わすカップルが多いのではないでしょうか。

しかし交際期間が長くなるにつれ、ふたりで一緒にいることが当たり前の状態となります。当初のドキドキ感が薄れ、そばにいても新鮮さを感じなくなるのです。このような目新しさが失われたふたりの状態を、マンネリ化と呼びます。

特に同じ屋根の下で暮らす同棲カップルは、マンネリ化に陥りやすいのが特徴です。生活をともにしているため、次第に相手の考えや行動パターンが読めるようになります。すると「言わなくてもわかるだろう」といった空気感が漂い、会話する機会も減ってしまうのです。

恋心が落ち着いたという意味では、マンネリ化は決して悪いことではありません。だからといって、マンネリ化をそのまま放置するのはNG。会話の減少からすれ違いが生じ、別れにつながる危険性がありますよ。

では「会話が減った」と悩んだら、どのように対処すればよいのでしょうか?

今日からできる!会話が減ったときの対処方法

ここからは、会話が減ったときの対処方法を3つご紹介します。

【1】いつもとは違うデートに出かけよう

デート中のカップル

1つ目の対処方法は、いつもとは違うデートに出かけることです。

同棲中は、平日や休日を問わず一緒の時間を過ごします。そのためデートが日常生活の一部となり、新鮮味が薄れてしまうのです。

中にはデートに出かける必要性を感じられず、お家デートばかりになっているカップルも少なくありません。それでは目新しい話題がなくなり、会話もますます減ってしまいます。

そんなときにオススメなのが、デートに特別感を出すことです。

同棲していると、待ち合わせをする機会がグンと減ります。そこであえて彼氏と別々に家を出発し、ほかの場所で待ち合わせてからデートに向かうのです。

「いつ来るかな」と彼氏を待ちわびていると、昔のような胸の高鳴りを感じるのではないでしょうか。あなたに駆け寄る彼氏の姿を見つけた途端、「やっぱり好きなんだな」と自分の気持ちを再認識できるかもしれません。

また、普段は行かない場所でデートするのもオススメです。テーマパークや高級なレストランでは、非日常的な時間を過ごせます。ちょっと奮発して旅行に出かけるのもよいですね。いつもと違う場所で過ごせば、ふたりの気分はきっと盛り上がるはず。

非日常的な出来事は、マンネリ化した関係によい刺激を与えます。帰宅後に「今日は楽しかったね」とたくさん語り合えるよう、ぜひ特別感のあるデートに出かけてみてくださいね。

【2】一緒に過ごす時間を大切にしよう

食事をするカップル

2つ目の対処方法は、一緒に過ごす時間を大切にすることです。

同棲中とはいえ、仕事や趣味の活動などで生活リズムが合わないカップルもいることでしょう。一緒に過ごす時間が少なければ、自然と会話は減ってしまいます。

だからこそ、ふたりでゆっくりと過ごせる時間は貴重なもの。せっかくそばにいるのに、テレビを見たりスマホをいじったりするのは非常にもったいない行為です。無意味な時間ばかりが流れ、「一緒にいる意味があるの?」とむなしい気持ちになりかねません。

そのような状況を避けるため、ふたりでコミュニケーションの時間を意識的に設けてみてください。

例えば

  • 「おはよう」や「おやすみ」を言う
  • 夕飯はできるだけ一緒に食べる
  • 同じベッドで一緒に寝る

など、お互いが負担にならない程度のコミュニケーションでOK。そこで交わす会話は、1日の出来事を簡単に伝える程度でよいでしょう。

何より大切なのは、どんなに忙しくてもお互いに向き合って会話する姿勢です。気持ちのすれ違いを防ぐためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

【3】言葉で愛情を伝えよう

愛のしるし

最後にご紹介するのは、言葉で愛情を伝える方法です。

生活をともにしていると、お互いが家族のような存在になります。するとふたりの暮らしに慣れ過ぎて、いつの間にか愛情を示さなくなってしまうのです。

ずっと一緒にいるのだから、「言わなくても相手に伝わっているはず」と思うかもしれませんね。しかし愛情は言葉にしないと、相手にきちんと伝わりません。相手の愛情が分からなければ、隣にいても「私のことが本当に好きなのかな……」と不安に思うのではないでしょうか。

不安を取り除くためにも、面倒がらず愛情を言葉にしてみてください。「愛してるよ」や「好きだよ」などと言葉にして伝えることで、改めてお互いの気持ちを確かめ合えるのです。

いつまでもラブラブな同棲カップルは、言葉で愛情をしっかりと伝え合っています。自分の気持ちを伝え合う関係を築ければ、ふたりの絆はもっと深いものになるはずです。

会話を増やし、もっと幸せな同棲生活を手に入れよう!

同棲中に会話が減るのは、決して珍しいことではありません。しかし今後も彼氏とよい関係を築いていきたいのなら、少しでも会話を増やす努力が必要です。

今回ご紹介した対処方法を取り入れながら、同棲生活を今よりもっと幸せなものに変えていってくださいね!


山本洋子

ライター

山本 洋子

美容と食をこよなく愛するライター。紙とWebの両媒体で活動中です。日々の暮らしがちょっと楽しくなるような情報を分かりやすくお届けます。モットーは「流行を取り入れながら、自分らしさを忘れないこと」。

このライターの記事をもっと読む

関連記事