カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
彼氏がいるのに「元彼を忘れられない」女性のための3ステップ!

2021.05.24

彼氏がいるのに「元彼を忘れられない」女性のための3ステップ!

「もう彼氏がいるのだから、元カレのことを忘れたい」と思っていませんか?元カレは濃い時間を一緒に過ごしていた人。恋愛感情は無くても、ふとしたときに元カレの存在が頭に浮かんでくることもあるでしょう。今回は元カレを忘れるための3ステップをご紹介します。

「元カレを忘れたい」と悩む人は少なくありません。
既に新しい彼氏がいても、です。

今の彼氏を好きなのに、なぜ元カレを思い出してしまうのでしょうか?
もしかしたら元カレに対して、心残りがあるからかもしれません。

本記事では元カレへの気持ちを、自然におさえる方法をご紹介します。

今回ご紹介する方法を実践するときは、今の彼氏に報告する必要はありません!
元カレに対する気持ちにしっかりと向き合うためにも、1人のときに実践してみてください。

【ステップ1】 元カレを忘れたいなら、考える

考える

最初のステップでは、元カレに対する心残りを徹底的に考えます

(1)心残りを見つける

元カレに対して心残りに感じる事実をピックアップします。
「悪いことしちゃった……」、「○○して嫌な気持ちにさせた」などです。

・友達と遊んでばかりで、元カレを後回しにしてしまった
・デートを何度もドタキャンしてしまった

このように、箇条書きで構いません。
できる限り思い出します。
今はもう恋愛感情が無くても、心残りはある、とわかるかもしれません。

(2)どのような行動をすれば、うまくいったのか考える

次は心残りに対して、どう行動すればうまく付き合えたのか考えます。

・もっとこまめに連絡をすればよかった
・ちゃんと約束を守ればよかった

この作業を通して、元カレとうまくいく方法が明らかになりました。

とはいえ、現在あなたが好きなのは、今の彼氏。
元カレに連絡するわけにはいきませんよね。

そこで“うまくいく方法”を、今の彼氏との交際に取り入れます
元カレに対して「悪いことをした」と感じていることを、今の彼氏に対しては繰り返さないように努めるのです。

・今の彼氏に、こまめに連絡をしよう
・今の彼氏とは、ちゃんと約束を守ろう

過去の心残りや失敗は、あなたの経験値です。
今の彼氏とうまく付き合っていけるように、過去の経験を活用してみてください。

【ステップ2】 元カレを忘れたいなら、手放す

手放す

次のステップでは、元カレに関わるコトを消去します。
またモノに関しては処分します。

元カレを忘れるのが難しい。
ならば、まずは物理的に距離を取るのです。

(1)元カレに関わるコト

元カレにまつわるコトは全て削除するつもりで、このステップに挑んでみてください。
コトといっても抽象的ですので、まずは連絡手段を消去するとよいです。

・電話番号
・メールアドレス
・LINEのアカウント
・SNSのフォロー

上記の全てを消去したり、解除したりします。

LINEのトークルームや、各SNSのDMを消し忘れていませんか?
しばらく連絡をとっていないとページ下部に埋もれているため、見落としがちです。
もし消去し忘れたら、ふとしたときに元カレとの会話履歴を見つけるでしょう。
元カレを思い出してしまう要因になり得えてしまいます。

SNSにブロックかミュート機能があれば、設定するのがオススメです。
連絡を取るのが難しい状況に持って行けますよ。

連絡手段の消去が完了したら、他にも元カレに関するコトを排除するよう、引き続き心掛けます。
例えば、元カレも参加する食事や飲み会、趣味など。
何かと理由を付けて、しばらく参加を控えます。
元カレのことを思い出さなくなった頃に、また顔を出しましょう。

(2)元カレに関わるモノ

モノ

元カレからもらったモノは、全て処分します。
2人の写真はもちろん、画像データも削除する対象です。

もったいないと感じますが、思い出のモノも手放します。
お土産やアクセサリーなど、元カレに関わるモノは全てが処分対象です。

もちろんモノに罪はありません。
しかし元カレを思い出してしまうなら、思い切ってモノを手放してみてください。
モノと物理的な距離を置けば、元カレを思い出しにくくなりますよ。

キレイな状態のモノは、フリマアプリで出品したり、業者に買い取ってもらったりするとよいです。
「使いたい!」と思ってくれる人が、どこかにいるはず。
その人に気持ちよく使ってもらえると、きっとモノも喜んでくれるでしょう。


沼 咲香

ライター

沼 咲香

動植物と触れ合うのが大好きな、アラサーライターです。庭をお花畑にする計画を実行中。 記事を読んでくださった方のお悩みに寄り添った、優しくも具体的な記事を執筆します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事