カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
恋愛における食わず嫌いとは?よくあるパターンと克服する方法

2020.04.18

恋愛における食わず嫌いとは?よくあるパターンと克服する方法

相手に勝手なイメージを抱き、「きっとこうだろう」と決めつけてしまうことがありませんか?恋愛における食わず嫌いを克服する方法を紹介します。なかなかいい男性と出会えないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

恋について悩む女性

恋活中に「なかなか彼氏ができない!」と思ったり、「全然いい人と出会えない!」と思ったりすることはありませんか? こんな風に思うのは、もしかしたらあなたが食わず嫌いをしているせいなのかもしれません。

今日は、恋愛における食わず嫌いについて、よくあるパターンや克服方法を紹介します。「出会い自体は少なくないのに、なかなか恋愛に発展しない!」という女性は、ぜひ参考にしてみてください。

「恋愛における食わず嫌い」よくあるパターン5選

まずは、恋愛における食わず嫌いの中でも特に多いパターンを5つ紹介します。

その1.外見に関する食わず嫌い

1つ目のパターンは、外見に関する食わず嫌いです。
このパターンは、恋愛における食わず嫌いの中で最も多いといえます。

例えば、

ヒゲを生やしている
背があまり高くない
太っている、痩せている
全体的に毛深い印象

といった男性に対して、その外見だけで食わず嫌いをする女性は少なくありません。

「友達としても付き合いたくない」と思ったり「生理的に無理!」と思ったりするレベルなら仕方がないものの、「友達としてなら付き合えるかな」と思える程度なら、それは食わず嫌いといえるのではないでしょうか。

その2.職業に関する食わず嫌い

続いて紹介するのは、職業に関する食わず嫌いのパターンです。

あるアンケート調査によると、女性が付き合いたくないと思う男性の職業には

飲食関係
医師
美容師

などが挙がっていました(※)。

それぞれに付き合いたくない理由はあるものの、やはり「~そうだから」といった予想だけで付き合いたくないと思う女性が多いようです。

具体的な例を挙げると、

収入が低そう
休みが合わなさそう
チャラそう

などですね。

いろいろ話してみて「合わないな」と思ったなら、仕方ありません。ですが、単なる予想で出会いを却下してしまうのは食わず嫌いといえるでしょう。

(※参考:いい人だけどゴメンナサイ! 女性が付き合いたくない男性の職業ランキング⇒「第2位:医師、美容師」|マイナビウーマン

その3.年齢に関する食わず嫌い

年齢に関する食わず嫌いも、恋愛においては多いパターンの1つですね。

年齢に関する食わず嫌いにも、いろいろあります。特に多いのは、「年下は無理」や「年齢に差がありすぎるのはイヤ」などと出会いを却下してしまうパターンではないでしょうか。

「これまで年上としか付き合ったことがないから、年下は無理」と思ったり、「年の差がありすぎるといろいろ大変そうだからやめておこう」と思ったりする女性は少なくありません。

しかし、年下との恋愛や、年齢差のある相手との恋愛を一度も経験したことがないのであれば、やはりこれらも単なる食わず嫌いといえるでしょう。

その4.出会い方に関する食わず嫌い

次に紹介するのは、出会い方に関する食わず嫌いです。

女性が避けたがる出会いといえば、

SNS
ネットゲーム
ナンパ

などでしょうか。

中には、マッチングアプリや街コンといったイベントでの出会いを嫌がる女性もいるようです。

しかし、これらの出会い方を経験がないにもかかわらず避けているとすれば、やはりそれは単なる食わず嫌いといえるでしょう。

同じ方法で出会ったカップルだからといって、みんなが同じ結末を迎えるワケではありませんよね。せっかくステキな相手と知り合えたのに「この出会い方はイヤ」と却下してしまっては、少しもったいないことをしているといえるのではないでしょうか。

その5.過去の記憶による食わず嫌い

最後に紹介するのは、過去の記憶による食わず嫌いです。

過去の記憶とは、

元カレに似たタイプの人
これまでに出会った人
聞いたことがある話

などを指します。

人は過去に経験したことを基準に判断しようとするため、当然といえば当然の心理です。

人が過去の経験を基に判断しようとするのは、いわば防衛本能の1つ。失敗したくないからこそ、過去の経験を基に判断しようとするのです。

ただ、中には過剰に防衛している人もいるのではないでしょうか。

例えば、過去に浮気をした元カレがみんな同じ職業だったとしたら、その職業の男性は浮気性だという固定観念が生まれるかもしれません。

これと同じように、「左利きの男性は変わってる人が多い」といった偏見を抱いていたり、「メガネをかけている男性は女性を放置しがち」といった根拠のない思い込みをしていたりするなら、それは立派な食わず嫌いといえるでしょう。

どんな男性が相手でも、まずは話してみよう

今日は、恋愛における食わず嫌いについて、よくあるパターンや克服方法を紹介しました。

一度も接したことがない相手に勝手なイメージを抱き、最初から「きっとこうだろう」と決めつけてしまうのは、いかがなものでしょうか。せめて数分だけでも話してみて、それから判断しても遅くないハズです。

もし食わず嫌いで出会いを却下してきた自覚があるなら、これから出会う男性とは一度じっくりと会話してみてくださいね。もしかしたら、次に出会う男性こそが運命の相手かもしれませんよ♡

Illust:koharu


ながせ なみ

ライター

ながせ なみ

大阪在住のコラムニスト・心理カウンセラー。心理学と恋愛の分野が得意。恋愛心理に詳しいライターとしてテレビ番組から取材を受けた経験も。「ライティング事務所くすの樹」および「オンライン相談ルームあまやどり」代表

このライターの記事をもっと読む

関連記事