カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【オフィスでこっそり】ヒップアップエクササイズ!垂れ尻予防で美尻メイク

2021.04.25

【オフィスでこっそり】ヒップアップエクササイズ!垂れ尻予防で美尻メイク

運動不足や体重増加など、ちょっとした油断から起こりやすい「垂れ尻」。垂れ尻はいわゆる、お尻のたるみです。改善するには生活スタイルの改善やヒップアップエクササイズが有効です。今回はオフィスでも行える、ヒップアップエクササイズを紹介します。

「最近お尻の肉がたるんできた」「パンツスタイル時の後ろ姿が気になる」そのような悩みを抱えていませんか。昔は張りのあったヒップラインも、年齢を重ねていくごとに垂れてしまい、いわゆる「垂れ尻」になりがちです。なぜ、垂れ尻になってしまうのでしょうか。こちらでは垂れ尻になってしまう原因と、オフィスでこそっとできるヒップアップエクササイズを紹介していきます。

年齢を重ねるごとにお尻が垂れる原因とは?

なぜ年齢を重ねるとお尻が垂れてきてしまうのでしょうか。まずはお尻が垂れてきてしまう原因についてみていきましょう。

運動不足・筋肉の衰え

垂れ尻は、お尻にある筋肉の衰えによって生じます。特にデスクワークで長時間座っていることや、普段運動を全くしないことにより、筋肉が活動する機会が減ってしまうことが要因です。また、運動不足によって、お尻に脂肪が蓄積されてしまうことも、垂れ尻を助長してしまいます

股関節が硬い

股関節が硬くなってしまうと、お尻の筋肉がしっかり伸び縮みできなくなります。すると、股関節を支えているお尻の筋肉が硬くなり、張りが失われてしまうのです。

姿勢が悪い

座っている姿勢が悪いと、骨盤が傾いたり、股関節の動きに左右差が生じたりして、垂れ尻になってしまいます。特に足を組む、背もたれによりかかり浅く座る、骨盤が後ろに傾いているというような姿勢は要注意です

放っておくと“おばさん体型”に!垂れ尻のデメリットは?

垂れ尻を放っておくと、お尻以外の見た目にも影響が出てきます。垂れ尻によって生じるデメリットについてみていきましょう。

足が短く見える

お尻が垂れて下がってしまうと、その分足が短く見えてしまいます。特にタイトなパンツスタイルの場合、後ろから見た時にハッキリと現れてしまうでしょう。

足が太くなる

お尻の筋肉が衰えて垂れてしまうと、太ももが太くなってしまいます。以前はすっきり履けていたズボンが、最近太もも周りがキツく感じるという場合、お尻が垂れてきている影響かもしれません。

ぽっこりお腹になる

垂れ尻になると、骨盤が後ろに傾き、背骨が丸くなる姿勢をとりやすくなります。そうなると、お腹に力が入りにくくなり、内臓が下に下がるいわゆる「ぽっこりお腹」になることもあります。

このように、垂れ尻は見た目のボディラインにさまざま影響を与える原因になるのです。

垂れ尻改善に!オフィスでできるヒップアップエクササイズ3つ

見た目に、さまざまな影響を与える垂れ尻を改善するには、お尻の筋肉を鍛えるヒップアップエクササイズが有効になります。
オフィスでも手軽に行えるヒップアップエクササイズを紹介していきましょう。

【1】骨盤前後エクササイズ

椅子に座って骨盤を触る女性

(1)椅子に座って、膝を90度に曲げ、軽く外に開きます。
(2)この位置からおへそを突き出すように骨盤を起こします。起こした状態を5秒キープします。

椅子に座って背中を丸める女性

(3)次に腰を丸めるように、骨盤を後ろに倒していきます。倒した状態を5秒キープします。

(4)(2)と(3)を繰り返し10回行います。

【2】お尻挙げ

椅子から少しお尻を浮かせている女性

(1)椅子に座った状態で、体を前傾させます。
(2)この状態から、ちょっとだけお尻を浮かせ、5秒キープします。
(3)これを5〜10回繰り返しましょう。

体を前傾させないと、上手くお尻が持ち上がらないので注意してください。
お尻を浮かせるのがしんどい場合は、机に手をついて行うと良いでしょう。

トイレ休憩がチャンス!立ってできる簡単ヒップアップエクササイズ3つ

トイレ休憩やエレベーターに乗っている間など、立ったまま気軽にできるヒップアップエクササイズを紹介します。

【1】お尻引き締め

お尻を引き締めるストレッチをする女性

(1)立ったまま、両方の踵をくっつけます。
(2)両方の踵と膝を押し合うように力を入れて、お尻をキュッと締めます。
(3)お尻を締めた状態を5秒キープし、これを10回繰り返します。この時、手でお尻を触り、硬くなっていることを確認すると良いでしょう。

【2】片足立ち

片足立ちをしている女性

片足立ちをすると、お尻の外側の筋肉が鍛えられます。

(1)体が前後、左右に傾かないよう真っ直ぐに立ち、片足立ちをします。
(2)片足立ち姿勢を10秒キープします。
(3)反対側の脚も片足立ちで10秒キープします。

片足立ちをする際、バランスが崩れる場合は壁や椅子に手をかけて行うと良いでしょう。

【3】股関節伸ばし

椅子を支えに片足を後ろに伸ばしている女性

(1)立った状態で、片脚を後ろに伸ばします。この時、膝を曲げて行うとお尻の筋肉をしっかりと使うことができます。
(2)脚を後ろに伸ばした状態を5秒キープし、これを左右10回ずつ繰り返します。

ヒップアップ成功のカギは継続すること

お尻が垂れてしまう「垂れ尻」を予防して、ヒップアップを成功させるためにはエクササイズを継続することが大切です。ヒップアップには筋肉を鍛えることが必要ですが、エクササイズを一回しただけでは効果は得られません。
オフィスでのデスクワーク中や、エレベーターに乗っている時、ちょっと立ち上がった時など、気軽に行えるエクササイズを紹介したので、ぜひ試してみてください!


ライター

rana

理学療法士となり12年目。現在は整形外科にて勤務し、腰痛や膝痛などを有する患者さんのリハビリに日々奮闘中。webライターとしても活動し、健康、医療分野を中心にこれまで多数の記事を執筆しています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事