カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
30代の《サマージャケット》コーデ9選!夏素材ジャケットをオフィスで着回そう

2020.08.13

30代の《サマージャケット》コーデ9選!夏素材ジャケットをオフィスで着回そう

サマージャケットを使ったオフィスカジュアルを紹介します。夏服に長袖のジャケットが浮いていませんか?ビジネスシーンで欠かせないジャケットは、普段の仕事ぶりが表れる“板に付いたジャケットコーデ”に仕上げましょう♪そこで参考になる、サマージャケットを使ったコーデを集めました。

暑い季節は、涼しげな夏素材のジャケットが重宝します。
しかしインナーが半袖やノースリーブなど、薄着になるオフィスカジュアル。夏素材とはいえ長袖のジャケットが浮いていませんか?

そこでジャケットが夏服にさらりと馴染むコーデを集めました。今回は全身のシルエット作りに欠かせないボトムスの着丈に注目。
ボトムスの短い着丈から順番にご紹介します。参考になるコーデを見つけて♪

様々なフォルムがある「夏素材ジャケット」

サマージャケット

着丈の長いものや短めのデザイン。脇から裾までまっすぐ落ちるシルエットや、くびれが美しい一着まで。

夏素材ジャケットにも様々なフォルムがあります。そのため手持ちのジャケットが、固定のボトムスしか似合わないと思いがち。
しかし、意外な一着が素敵なコーデを作ることも。ボトムの丈を変えると、イメージチェンジが上手く行くかもしれません♪

それではボトムスの着丈別ジャケットコーデをご紹介していきましょう。

《パンツルック》きちんと感とゆるさの駆け引きを楽しもう

8分丈の広がるワイドパンツ+麻混ジャケット

パテントシューズ1
出典:『bo-te』

ふんわりと広がる8分丈パンツに、麻混ジャケットをコーデ。
しなやかな丸みのあるパンツは、きちんとしたジャケットスタイルに優しい印象も引き出します。

くるぶしが見える丈のパンツ+サッカー素材ジャケット

ジャケットとキャミソールトップスで過ごす一日
出典:『bo-te』

軽やかなアイボリーカラーのパンツは、くるぶしがしっかり見える丈。アクティブなイメージで着こなせます。そんな軽快なパンツをネイビーカラーのジャケットでカッチリ引き締め♪

くるぶしが隠れる丈のパンツ+リネン調布帛素材ジャケット

ロゴTが作るハンサムなセットアップのカジュアルな抜け感
出典:『bo-te』

リネン調の夏らしい布帛素材ジャケットをゆるりと着こなした装い。
パンツとセットアップの着こなしは、きちんと感もキープします。また、くるぶしが隠れる丈のワイドパンツは、大人の余裕も醸し出せそう。

フルレングスのワイドパンツ+リネン素材ジャケット

フルレングスのワイドパンツ+リネン素材ジャケット
出典:『bo-te』

しっかりと長いフルレングスのパンツは、かっこいいイメージで着こなしやすいアイテム。リネン素材のジャケットを合わせてハンサムコーデの完成です。

《ワンピース・スカートルック》レディな甘さの引き算を楽しもう

膝が見える丈のワンピース+リネン混素材ジャケット

膝が見える丈のワンピース+リネン混素材ジャケット
出典:『bo-te』

かっちりとしたリネン混素材ジャケット。膝が見える丈のキュートなワンピースに、きちんと感を加えています。

膝が隠れる丈のワンピース+リネン素材ジャケット

出典:『bo-te』

長めの着丈がマニッシュな印象を作る、リネン素材のジャケット。膝が隠れる丈のワンピースに羽織れば、コンサバ過ぎないテイストに仕上げられます。

ミモレ丈のタイトスカート+サッカー素材ジャケット

出典:『bo-te』

スカート裾がすねの真ん中あたりにくるミモレ丈は、トレンドのシルエットを作る人気の丈。スタイリッシュなジャケットスタイルを作りやすいボトムです。

ロング丈のブラックワンピース+リネン混素材ジャケット

迷ったらブラックカラーがオフィスで馴染む
出典:『bo-te』

カジュアルにもフォーマルにも、コーデ次第でテイストが変幻自在するロング丈ブラックワンピース。
さらりとナチュラルな質感のジャケットを合わせて、かしこまり過ぎないオフィスカジュアルコーデを作っています。

マキシ丈スカート+リネン素材ジャケット

グレージャケット×シルク混ロングスカート
出典:『bo-te』

休日に着る大人カジュアルでも人気がある、マキシ丈スカート。オフィスでクレバーに取り入れられたらオシャレ上級者です♪
スカートの可愛らしさを、ハリ感のある素材のジャケットでキリリと引き締めて。

夏素材ジャケットの着回し力を高めよう

汗ばむ季節は洗濯の頻度も増えます。ジャケットを着る日に「似合うボトムスが乾いていない!」という朝はありませんか?
手持ちの夏素材ジャケットに「似合うボトムス」を何着かチェックしておくだけで慌てることが少なります。


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事