カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
大人の【コンサバファッション】シーンに合わせたコーデ8選

2021.05.27

大人の【コンサバファッション】シーンに合わせたコーデ8選

春夏に試したいカッチリコンサバコーデをご紹介。自分らしい着こなしを見つけるアイデアをピックアップ。普段、板に付いた装いで商談に挑めていますか?借りてきたようなジャケットスタイルでは、上手く行く話も自分でハードルを上げてしまっているかもしれません。

営業や商談の服装で必要なジャケット。
何となく着ている人や、着こなしが苦手な人も多いですよね。
先方へのマナーという部分もありますが、着ていてテンションが上がる自分らしいジャケットコーデも探してみて!
装いが自分の気分にマッチすると、自分の内面が視覚で相手に伝わりやすくなります。

そこで営業や商談のある日に試したい春夏コーデのアイデアを集めました。
職種やシーンに合わせて、あなたらしいジャケットコーデを完成させましょう!

シーンに合わせた【セットアップコーデ】

パンツとジャケットのセットアップは、商談の雰囲気に合わせて使いたい勝負服。
堅苦しすぎる空気が場違いにならないよう、予定と内容に合ったコーデをしましょう。

攻めのコーデはパリッとスーツを主役にまとめよう

攻めのコーデはパリッとスーツを主役にまとめよう
出典:『bo-te』

誠実さと知的なムードで挑みたい商談は、スーツを主役にした装いがオススメ。
落ち着いたトップスやパンプスで、スーツの存在感を引きだそう。

ロゴTでラフに仕上げトレンド感度の高さをアピール

ロゴTでラフに仕上げトレンド感度の高さをアピール
出典:『bo-te』

感度の高さやフットワークの軽さなど「こなれ感」をアピールしたい。
そんなときは堅苦しいスーツスタイルは役不足。

大胆にロゴTを投入するような、旬のカジュアルアイテムでラフに仕上げるコーデはいかが♪

優しい気分になれる【フェミニンコーデ】

しなやかな魅力を着こなしたい時はもちろん、「最近、尖ってるな……」と気持ちに余裕が無い時にも、フェミニンなジャケットコーデが、優しい印象で包み込んでくれます。

品の良いシンプルワンピースをきちんと着こなす

品の良いシンプルワンピースをきちんと着こなす
出典:『bo-te』

ジャケットに上品なワンピースを合わせてお仕事コーデが完成。
きれいめに着こなせる、締め付けの少ないワンピースは自分にも優しい一着。
持っておくと便利ですよ♪

ジャケットの王道スタイルにロングスカートを投入

ジャケットの王道スタイルにロングスカートを投入
出典:『bo-te』

ボウタイブラウスは、カッチリとしたコンサバスタイルで長年支持を集めるトップスのひとつ。
そんな王道スタイルにロングスカートを投入すれば、旬のムードが漂う新鮮なコーデに。

スタイリッシュに格上げ【パンツルックコーデ】

ジャケットにプルオーバートップス、パンツでまとめたベーシックな着こなし。
そつのない安心感はありますが普通過ぎる印象に飽きていませんか?
一工夫するだけで平凡から一歩抜け出せます。

ジャケットとパンツでグラデーションコーデにトライ

ジャケットとパンツでグラデーションコーデにトライ♪
出典:『bo-te』

近年のトレンドコーデに欠かせない着こなしテクニックのひとつ、「グラデーションコーデ」。
ジャケットとパンツを同系色でまとめてグラデーションを作れば、スタイリッシュなコーデへ格上げできますよ。

チラリと見えるトップスを主張ある一着へチェンジ

チラリと見えるトップスを主張ある一着へチェンジ
出典:『bo-te』

いつものジャケットとパンツを使って、平凡コーデから抜け出すテクニックがこちら。
トップスだけ主張あるデザインを選んでみて♪
自分好みのスパイスを効かせつつ、浮かないよう上品にまとめるのがポイントです。

春夏はクールに着こなす【ダークカラーコーデ】

お仕事コーデで人気がある、ネイビーやブラックなどのダークカラー。
春夏に着こなすなら、軽やかにコーデして楽しもう!

ネイビーのトラッドなテーラードジャケットを爽やかに

ネイビーのトラッドなテーラードジャケットを爽やかに♪
出典:『bo-te』

老若男女に好感度の高いストライプ柄シャツは営業コーデの頼れる味方。
クレバーなテーラードジャケットと合わせて誠実さUP

ブラックパンツをクールに仕上げる明暗ハッキリコーデ

ブラックパンツをクールに仕上げる明暗ハッキリコーデ
出典:『bo-te』

着回し力バツグンなブラックカラーのパンツ。
重くならないような全身の配色がポイントとなります。
写真はモノトーンに近いはっきりとした明暗が、クールなイメージを引き出しています。

カッチリと装いつつ個性も着こなそう

個性を着こなすといっても、きちんと感が求められる仕事の時間。
フォーマルと自分らしさをバランス良く纏うセンスが必要です。

本来は時間をかけて伝えるあなたの魅力を、第一印象で表現できる服装にできれば大成功!
お互いの意図をくみ取れる商談は、素敵な未来を作れそうですね。


bo-te 編集部

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事