カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
夏の通勤を快適に!お手本にしたい羽織ものを使った肩掛けコーデ8選

2020.06.18

夏の通勤を快適に!お手本にしたい羽織ものを使った肩掛けコーデ8選

肩掛けするコーデテクニックは、暑い日の通勤を快適にする着こなしです。そこで初夏から試したい「羽織りものコーデ」を紹介します。今からサマーアウターの買い足しをするなら、肩掛けもしやすい一着はいかが♪初めて肩掛けコーデに挑戦する人もぜひ参考にしてみて。

ジャケットやカーディガンなどの羽織りものに、腕を通さず肩に掛けるコーデテクニック。
まだ試していない人も思い切って始めてみませんか?

なぜなら今年の夏は、熱中症対策が健康のかなめ!
肩掛けは風通しが良く、日よけにも効果的です。
さらに冷房が効いた電車の中でもササッと防寒でき、通勤時にちょうど良いコーデテクニックになるかもしれません。

そこでサマーアウターを肩掛けした、オフィスカジュアルコーデを集めました。

今回は、初夏の出勤コーデで活躍する
●襟付きジャケット
●ノーカラージャケット
●ブルゾン
●カーディガン

の、4つの羽織りものに分けてご紹介します。

ハンサムな《襟付きジャケット》を肩掛け

肩掛けしてトップスを引き立てるホワイトカラー

肩掛けしてトップスを引き立てるホワイトカラー
出典:『bo-te』

上品なジャケットを鮮やかなトップスに肩掛け♪
ホワイトカラーなら、カラフルなトップスを清々しく引き立てます。

ピンストライプ柄のジャケット肩掛けが爽やかさをプラス

ピンストライプ柄のジャケット肩掛けが爽やかさをプラス
出典:『bo-te』

リネンの白ブラウスにジャケットを肩掛けしたコーデ。
シンプルな夏ブラウスに、ピンストライプ柄がクレバーな爽やかさをプラス。

エレガントな《ノーカラージャケット》を肩掛け

ゆったりフォルムのジャケットは肩掛けがズレにくい

ゆったりフォルムのジャケットは肩掛けがズレにくい
出典:『bo-te』

身幅のゆったりとしたフォルムのジャケットは、肩からズレにくい一着が多くオススメです。
写真は長め丈のノーカラージャケットを肩掛け。
ギャザーがたっぷり入ったロマンチックなスカートを、ジャケットが大人っぽく引き締めています。

肩掛けコーデも顔周りがすっきりまとまるノーカラー

肩掛けコーデも顔周りがすっきりまとまるノーカラー
出典:『bo-te』

ノーカラーなら首繰りがすっきりとまとまります。
着慣れないジャケットの肩掛けも、洗練されたムードを作りやすいデザインです。

きれいめ《サマーブルゾン》を肩掛け

同系色のボトムとブルゾンでコーデに統一感

同系色のボトムとブルゾンでコーデに統一感
出典:『bo-te』

サマーブルゾンを肩掛けするなら、全身のどこか一部に統一感を作るとブルゾンだけ浮いてしまう事を避けられます。
写真はボトムとサマーブルゾンを同系色でまとめています。

アンサンブルのようにまとめれば肩掛けしても馴染む

アンサンブルのようにまとめれば肩掛けしても馴染む
出典:『bo-te』

トップスとサマーブルゾンをワントーンで着こなし。
まるでアンサンブルのようなトップスの統一感が、肩掛けしたブルゾンをさらりと馴染ませています。

夏素材の《ニットカーディガン》を肩掛け

ショールを掛けるようにカーディガンを羽織る

ショールを掛けるようにカーディガンを羽織る
出典:『bo-te』

ショールのように気軽に羽織れるニット素材。
カーディガンの柔らかさを生かして肩掛けすれば、小まめな体温調節に役立ちます。

小走りしたい朝は動きやすいプロデューサー巻き

小走りしたい朝は動きやすいプロデューサー巻き
出典:『bo-te』

アクティブに過ごしたいときは、ニットカーディガンのプロデューサー巻きはいかが。
小走りしたい出勤は、しっかり結んで羽織れば安心♪

肩掛けコーデで快適な出勤時間にしよう

オシャレな着こなしテクニックとして知られている肩掛けコーデ。
実用性がある、着る人に優しいコーデテクニックでもあります。

あなたの毎日を快適にする手段のひとつとして、出勤時間に取り入れてみてはいかがでしょうか♪


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事