カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【京都】壮大に広がる「ひまわり畑」特集!鮮やかな夏の風物詩を満喫

公開:2022.06.13

【京都】壮大に広がる「ひまわり畑」特集!鮮やかな夏の風物詩を満喫

今回は京都で楽しめるひまわり畑を集めてみました。何輪ものひまわりが身を寄せ合い、美しい色彩で景色を彩るひまわり畑は、今や夏の風物詩。暑い夏の日も、元気なひまわりを眺めてポジティブに乗り切りましょう!

1.【京都市】京都府立植物園のひまわり花壇

京都府立植物園のひまわり花壇

「京都府立植物園」(京都府京都市左京区下鴨半木町)は、訪問客数が日本で一番多いと言われていたことから、2009年には天皇・皇后両陛下がご訪問されたとして有名な植物園です。花壇には品種ごとに植えられた12品種のひまわりが豪快に咲いています。

京都府立植物園のひまわり花壇

植物園ならではの豊富な種類のひまわりが見られます。見たことのないひまわりや珍しいひまわりも、手に取るように間近で観察できるのが「京都府立植物園」の魅力です。

【ひまわりの見頃】
7月下旬~8月中旬

【入園料】
一般200円、高校生150円、中学生以下無料

【スポット情報】
■住所:京都府京都市左京区下鴨半木町(MAP
https://www.pref.kyoto.jp/plant/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

▼周辺グルメもチェック!

下鴨デリ
「京都府立植物園」から車で4分
『下鴨神社』すぐそばの『下鴨デリ』。選ぶのも楽しい国際色豊かなデリに、自家製デザートで食後まで続く幸せ
『下鴨神社』すぐそばの『下鴨デリ』をご紹介!旬の野菜をたっぷり使った約15種類のカラフルなデリは、見ているだけで心も躍る♪メインもデリも選べる「下鴨デリセット」は大人気!テイクアウトもできるので、夕食の一品としても大活躍。
pretty-online.jp
下鴨デリのランチプレート

2.【綾部市】綾部ふれあい牧場

綾部ふれあい牧場のひまわり畑

「綾部ふれあい牧場」(京都府綾部市位田町桧前)では、自然の中でヤギやヒツジ、猫などと触れ合いができます。園内は、季節に合わせた花々がキレイに咲くことでも有名なスポット。夏になれば、盛期には約5万本のひまわりが約4,000平方メートルの牧場の丘一面に広がります。

綾部ふれあい牧場のひまわり

毎年、家族連れやカップルなど、幅広い年齢層の来場者が多くいます。公式ブログでは毎年ひまわりの開花状況をお知らせしているため、行きたい人は事前に確認しておくのがおすすめです。

【ひまわりの見頃】
7月下旬頃

【入園料】
無料

【スポット情報】
■住所:京都府綾部市位田町桧前81(MAP
http://fureaiboku.exblog.jp/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

3.【京田辺市】宮津鳥羽田のひまわり畑

宮津鳥羽田のひまわり畑

@emirian53
icon

宮津鳥羽田のひまわり畑(京都府京田辺市宮津鳥羽田)は、新設されてまだ6年目ですがとても人気を集めています。

宮津鳥羽田のひまわり畑と青い空

@tubo_shin
icon

盛期には約6万7,000本ものひまわりが、行き交う人々の目を楽しませてくれるでしょう。

【ひまわりの見頃】
7月下旬〜8月中旬頃

【入場料】
無料
※見学自由

【スポット情報】
■住所:京都府京田辺市宮津鳥羽田(MAP

4.【亀岡市】西別院神地ひまわり畑

西別院神地ひまわり畑

@nekodaisuki0358
icon

西別院神地ひまわり畑(京都府亀岡市西別院町神地清田)は、2019年に開園したばかりのまだ新しいひまわり畑。新設されたばかりとは思えないほど、壮大なひまわり畑はすでに多くの訪問者を楽しませています。

西別院神地ひまわり畑の美しいひまわり

@mayumilife
icon

長閑な山間部に位置しているため、棚田とひまわり畑のコラボレーションが楽しめます。のどかな風景と華麗なひまわりの景色は、夏の暑さを忘れさせてくれるでしょう。

【ひまわりの見頃】
8月下旬頃

【入園料】
無料

【スポット情報】
■住所:京都府亀岡市西別院町神地清田8(MAP

この夏は京都のひまわり畑へ出かけよう

夏の代表的な花といっても過言ではないひまわり。何輪ものひまわりが集まって魅せる壮大なひまわり畑は、見る人の目を楽しませてくれます。この夏は写真映えする京都のひまわり畑へ出かけてみませんか♪


ライター

山下 香

旅行とカメラが趣味のフリーライター/地域の観光ライター&サポーター。元アパレル店員(歴8年)で一児の母です。独自の視点から読者の心が躍るような記事を書きたいと思います。

このライターの記事をもっと読む

関連記事