カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
好きと言わない彼氏の心理って?言葉にしない男の愛情表現3つ

2021.09.21

好きと言わない彼氏の心理って?言葉にしない男の愛情表現3つ

なかなか「好き」と言ってくれない彼氏に、不満を感じている女性は多いもの。お互い好きで付き合っているのに、なぜ愛情を言葉にしてくれないのでしょうか。今回は「好き」と言わない彼氏の心理と愛情表現をご紹介します。彼氏に愛されているのか不安という人は必見ですよ。

付き合う前は「好き」と言ってくれていたのに、最近は全く聞かない……。そんな不満を抱えていませんか?
なかには彼氏から「好き」と言ってもらった記憶がないという人もいるかもしれません。しかし愛情を伝えてくれないと、彼氏の本音がわからず不安になってしまいますよね。

そんなときは日常で見せる彼氏の何気ない言動に注目してみてください。普段は愛の言葉を口にしない彼氏も、ほかの方法で気持ちを伝えている可能性があります。

今回は、「好きと言わない彼氏の愛情表現」を3つまとめました。あわせて「好きと言わない彼氏の心理」も解説しますので、彼氏の愛情に不安を感じている人は参考にしてみてください。

彼女に好きと言わない彼氏の心理3つ

では早速、彼女に好きと言わない彼氏の心理を3つご紹介します。

【心理1】好きと言うのが恥ずかしい

1つ目は、好きと言うのが恥ずかしいという心理です。
一般的に男性は、自分の感情を表現するのが苦手。そのため彼女を大切に思っていても、恥ずかしくてストレートに「好き」と言えません。特に一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、愛の言葉を照れくさく感じてしまいます。
また単純に、彼氏が恥ずかしがり屋の場合もあるでしょう。男性に限らず、女性にも恥ずかしがり屋な人はいますよね。このタイプの場合は「好き」と言わないのではなく、恥ずかしさのあまり「好き」と言えないのです。

【心理2】わざわざ好きと言う必要性を感じない

手をつなぐカップル

わざわざ言葉にして伝える必要がないと思っている場合も、彼女にあまり「好き」と言いません。

男性が「好き」と言う必要性を感じないのは、付き合っているのだからお互いが好きなのは当然のことと考えているから。
「好きでなければ一緒にいないし、付き合うこともない。2人の関係に変わりがないのなら、わざわざ気持ちを確認し合う必要はないよね?」と思っているのです。

逆に男性が愛情を言葉にするのは、2人の関係が不安定なとき。たとえば付き合う前や、交際が始まったばかりのころが不安定な状況といえます。

そうした状況になると、男性は「自分の気持ちを知ってほしい」「相手の気持ちを知りたい」と考えるもの。2人の関係を発展させたい一心で、積極的に好意を言葉にします。

彼氏が「好き」と言わないからといって、あなたへの愛情がなくなったわけではありません。彼氏が愛情を言葉にしないのは、2人の関係に安心しているからなのでしょう。

【心理3】軽々しく好きと言いたくない

3つ目は、「軽々しく好きと言いたくない」という心理です。
男性のなかには「好き」を重みのある言葉と捉えている人がいます。

このタイプの男性は、気安く「好き」と言うたびに言葉の重みが減るように感じてしまいがち。そのため、そう滅多なことでは愛の言葉を口にしません。

男性が気持ちを伝えるのは、彼女の誕生日や2人の記念日といった重要な場面です。あなたに対する愛が深い分、ここぞというタイミングまで「好き」と言わないのでしょう。

チェックして!彼女に好きと言わない彼氏の愛情表現3つ

ここからは、彼女に好きと言わない彼氏の愛情表現を3つご紹介します。「彼氏の気持ちがわからず不安」という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


ライター

山本 洋子

美容と食をこよなく愛するライター。紙とWebの両媒体で活動中です。日々の暮らしがちょっと楽しくなるような情報を分かりやすくお届けます。モットーは「流行を取り入れながら、自分らしさを忘れないこと」。

このライターの記事をもっと読む

関連記事