カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
彼氏と結婚したい!「プロポーズしてくれない男性心理」と意識させる3ステップ

2021.08.15

彼氏と結婚したい!「プロポーズしてくれない男性心理」と意識させる3ステップ

結婚したいのに、彼氏がなかなかプロポーズしてくれないと不安になりますよね。出産を計画的に考えていたり、周りが続々と結婚したりすれば、思い詰めてしまう女性も。そこで今回は今の彼氏と結婚したい女性に向けて、プロポーズしてくれない男性心理と対策を紹介します。

彼氏がプロポーズしてくれないのはなぜ?

悲しそうに考え事をしている女性

「彼氏と付き合って数年経つのに、プロポーズしてくれない……。将来の話もしないし、彼は一体何を考えているんだろう?」と悩んでしまう女性は多いものです。結婚に踏み切れない理由は人それぞれですが、考えられる男性心理を3つ紹介します。

結婚に対する意識の違い

女性は妊娠や出産があるため、人生を計画的に考える傾向にあります。「◯歳までに出産したいから、◯歳までには結婚しなきゃ!」と逆算して考えている方もいるのではないでしょうか。

一方の男性は何歳でも子どもがもてるため、結婚する年齢をそこまで意識している人は少ないようです。そのため「いつかは結婚したいけど、まだ先でいいや」と考えているパターンが考えられます。

また、男性の20代半ば〜30代前半は重要な仕事を任されることが増え、やりがいを感じる頃でもあります。仕事に没頭し、プライベートのことまで考えられないという方もいるでしょう。

今の関係に満足している

同棲中のカップル
同棲や交際が長くなると、彼氏が今の関係に満足してしまうケースがあります。結婚という形式や籍を入れなくても十分幸せなら、わざわざ状況を変化させる必要性を感じないからです。別れたくなったらいつでも別れることができて、彼女にとっても良い形だと思っている方もいるかもしれません。

また、結婚すると自由がなくなると思っている男性も一定数います。そのため、しばらくは今の関係を続け、独身生活を楽しみたいと考えている男性もいるでしょう。

収入に不安を抱えている

結婚したいと思っていても、収入の不安からプロポーズに踏み出せない男性は意外と多いようです。

男性は「結婚したら家族を養わなければいけない」と強い責任感やプレッシャーを感じています。そのため、貯金が貯まったら、昇進したら、プロジェクトが成功したら、などと経済的に余裕が生まれ、仕事に自信が持てるようになってから結婚を考える傾向にあります。

彼氏に結婚を意識させるためにできること

結婚式で手を取り合う夫婦

結婚は二人でするものなので、プロポーズされるのをただ待っているだけでは状況は変わりません。本当に結婚したいなら、行動を起こして彼に気づかせることが大切です。それでは彼氏に結婚を意識させる3ステップを紹介します。

【ステップ1】結婚について聞いてみる

「結婚についてどう考えているの?」と素直に聞いてみましょう。勇気のいることですが、このまま交際を続けていくうえでも、二人の将来の話をすることは必要なことです。

「結婚したいね」と言われれば安心できますし、反対に「結婚なんてまだ考えたことない」と言われたとしても、彼の結婚に対する考え方を知ることができます。少なくとも、「彼が何を考えているか分からなくて不安」という状態からは抜け出せます。

結婚についてだけでなく、仕事のことや住む場所、家事のことなど、日頃から将来の話ができる関係を築いておきましょう。お互いの価値観をすりあわせることが大切です。


ライター

はまあや

大阪在住の30代ライター。恋愛コラムを中心に、婚活や働き方、グルメなど幅広い分野で執筆中。自分の経験や想いを文字にするのが好きです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事