カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
彼氏は結婚を考えている?結婚を意識するタイミングとサイン3つ

2021.07.11

彼氏は結婚を考えている?結婚を意識するタイミングとサイン3つ

自分は結婚を望んでいても、彼氏の本音が分からないと不安になるもの。実は男性が結婚を意識し始めると、言動にある変化が表れます。彼氏が結婚を考えているときのサインに気づければ、上手に結婚へ導けるかもしれません。彼氏にプロポーズされたい女性は参考にしてみてください。

彼氏との付き合いが長くなれば、自然と頭に浮かぶのが「結婚」の二文字です。しかし、彼氏の気持ちが分からなければ不安になりますよね。そんなときは、彼氏の言動から本音を読み取ってみてはいかがでしょうか。

今回は、彼氏が結婚を考えているときに見せるサインについてご紹介します。男性が結婚を考えるタイミングについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

男性が結婚を考えるタイミング3つ

はじめに、男性が結婚を考えるタイミングについてご紹介します。

【タイミング1】経済的に安定してきたとき

1つ目のタイミングは、経済的に安定したときです。

共働き家庭が増えたとはいえ、「自分が一家を養う」という意識が強い男性は多いもの。そのため男性に家族を養うだけの収入がなければ、なかなか結婚に踏み切れません。

特に社会で働き始めて数年の間は、仕事に慣れるので精一杯な時期です。経済的にも精神的にも余裕がない状態では、とても結婚にまで頭が回らないでしょう。

その後も社会人としての経験を積み、仕事が軌道に乗ると収入も安定し始めます。なかでも昇進や昇給は、経済的な安定をもたらす出来事の1つ。自分の収入で家族を養う自信が湧くことから、多くの男性が「結婚してもいい時期かな」と思い始めるのです。

【タイミング2】友達の結婚式に参列したとき

友達の結婚式に参列する

2つ目のタイミングは、友達の結婚式に参列したときです。

友達や同僚が次々と結婚し始めると、「そろそろ自分も落ち着きたいな」と思う男性が少なくありません。特に親しい友達の結婚式ほど、結婚への憧れが芽生えやすい傾向にあります。

結婚式に参列するということは、新郎新婦の幸せそうな姿を間近で見るということ。2人の周りでは、たくさんの人たちが笑顔で祝福しています。そんな幸せいっぱいの空間に居合わせると、「うらやましい」と感じて結婚への意識が高まるのです。

【タイミング3】彼女の手料理を食べたとき

3つ目のタイミングは、彼女の手料理を食べたときです。

あなたも「男の心をつかむには胃袋から」という言葉を聞いたことがありませんか?
おいしい料理は人に幸福感をもたらします。この幸福感は男女に共通する感覚の1つ。特に男性は、この幸福感を与えてくれる料理上手な女性に魅力を感じやすい傾向があるのです。

なぜなら「彼女と一緒になったら、毎日おいしい料理が食べられるんだろうな」と、将来の生活を具体的にイメージできるから。おいしい料理が待っていると思えば、家に帰るのが楽しみになるものです。それが自分好みの料理であれば、なおさらでしょう。

たとえ料理が苦手な彼女でも、頑張っている姿に感激する男性も少なくありません。彼女に家庭的な雰囲気を感じると、男性は「結婚もいいかもな」と思い始めます。

見逃さないで!彼氏が結婚を考えているサイン3つ

ここからは、彼氏が結婚を考えているサインについてご紹介します。

【サイン1】2人の将来について話す

2人の将来について話す彼氏

2人の将来について話すのは、彼氏が結婚を考えているサインと考えられます。

2人の間で「子どもは何人欲しいか」「住みたい場所はどのあたりか」といった話題が増えたのなら、彼氏はあなたとの未来を見据えているのでしょう。

彼氏が将来について話すのは、あなたと結婚生活のビジョンを共有したいと思っているから。あなたの結婚に対する考えを聞き、お互いのミスマッチを少しでも防ごうとしているのです。

なかには、彼女に「自分の価値観や考えを理解してほしい」と思っている男性もいます。彼氏が熱心に人生設計を語ってくる場合は、「俺はこう考えている。一緒についてきてくれるかな?」と暗に確認しているのかもしれません。

いずれにせよ大切に思っていない相手とは、子どもやマイホームの話をしたいとは思わないもの。彼氏のほうから2人の将来について話してくるのなら、あなたとの結婚を考えている可能性が高いといえます。


ライター

山本 洋子

美容と食をこよなく愛するライター。紙とWebの両媒体で活動中です。日々の暮らしがちょっと楽しくなるような情報を分かりやすくお届けます。モットーは「流行を取り入れながら、自分らしさを忘れないこと」。

このライターの記事をもっと読む

関連記事