カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【甲子園口】「リップカレント」で見つけたハード系パンやお酒に合うパン

2021.09.18

【甲子園口】「リップカレント」で見つけたハード系パンやお酒に合うパン

JR「甲子園口駅」から徒歩2分。「リップカレント」は有名店でキャリアを積んだ酒井店長が2002年にオープンしたパン屋さんです。店内には、ハード系のパンをはじめ、シンプルなパンからスイーツパン、調理パン、デニッシュ、焼き菓子まで、約80種が並びます。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

パンの激戦区・甲子園口に18年前にオープンした「リップカレント」は、2年前にオープン時の場所からほど近い場所に移転し、売場面積を拡大。壁沿いと中央にパンの陳列スペースを用意し、ベーカリーらしさにこだわらない、“新感覚”の店舗が完成しました。

こだわりポイントの1つが、店内の通路の幅。子ども連れのお母さんや年配の方も多く訪れるので、ベビーカーや車いすでも安心してパンを選ぶことができるように通路が広くなっていて、密を避けることもできます。

ゆったりと作られた売場スペース。店内中央にはハード系のパンが揃っています
リップカレントのロゴマーク
このロゴマークと青い屋根がお店の目印

ハード系のパンのバリエーションが豊富

カレーパンなどの総菜系のハードパンが並ぶ
シンプルなハード系の生地を使った総菜パン

パン作りのモットーは、「仲間の声を大切に、添加物などを使わず安心・安全なパンをつくること」。32年のキャリアを誇る酒井店長は、国内や海外の旅先で地域に根付いたパン作りのヒントを得たといいます。

今は、酒井店長を含め4人の製造スタッフでアイデアを出し合い、常にお客様の目線に立ってパンを作っています。なかには、一度は販売を終了したものの、お客様からの強い要望で復活したパンも。

オープンした18年前は、甲子園口ではハード系のパンを置いているお店が少なく、ハード系のパンを知ってもらいたいという思いから、それをウリにしようと考えたそうです。

写真手前から「クルミといちじく」(227円)、「ドライトマトとチェダーチーズ」(184円)、「枝豆チーズのフランスパン」(183円)、「えび入りチーズ」(108円)、「オレンジソフト」(ハーフ、162円)

シンプルなパンに具材との相性を考えながら、さまざまなアレンジを加えたハードパンは、調理パンやスイーツパン、フルーツやナッツ、チーズや野菜を入れたパン、生地に素材を練り込んだパンなど、オリジナリティにあふれたものばかりです。

具材もフィリングもたっぷり入って大満足

クリームチーズが入ったピンク色のパン
ピンク色で見た目もかわいい「えび入りチーズ」

ピンク色のかわいいフォルムで、小ぶりなのにずっしりと重みを感じる「えび入りチーズ」は、オープン直後から人気のロングセラー。桜えびと黒ごまを練り込んだフランスパン生地に、クリームチーズがたっぷり! えびの香ばしさと、ちょっぴり酸味のあるクリーミーなチーズが合います。

チョコレートとバターを挟んだミニフランスパン
「ショコラバター」(259円)

「ショコラバター」は、噛み応えのあるミニフランスパンに、厚みのあるアーモンド入りチョコと加塩バターを惜しげもなく挟んでいます。バターのほどよい塩味が、チョコのほどよい甘さを引き立てていて、室温でバターをゆるませてから食べると、パンにもチョコにも味が広がり、新たな味わいが楽しめます。

具だくさんのカレーが乗った調理パンの断面
具がゴロゴロ入った「チキンとレンコンのカレーパン」(238円)

「チキンとレンコンのカレーパン」は、黒ゴマ入りのフランスパン生地にあふれんばかりのカレーをのせた一品。スパイシーなカレーの香りに食欲が刺激され、食べ応えのある照り焼きチキンとシャキシャキのレンコンが食感のアクセントになっています。

リップカレントのくるみといちじくのパン
大きなドライいちじくとクルミがぎっしり

長時間発酵のフランスパン生地に、ローストしたくるみと赤ワイン漬けにしたいちじくをふんだんに入れた「クルミといちじく」は、いちじくのジューシーさがしっかり味わえます。お酒のアテにもぴったりなパンです。

噛み応えのある生地の中にトマトとチーズがぎゅっ!

「ドライトマトとチェダーチーズ」は、トレーからはみ出すほどロングサイズのフランスパンに、オリーブオイルに漬けたドライトマトとチェダーチーズをイン。トマトの味が、チェダーチーズに負けないくらい濃くて、トマト好きにはたまりません。

ホクホクの枝豆の食感とマスタードと黒こしょう、ベーコンの塩味がヤミツキになる「枝豆とチーズのフランスパン」も人気で、どちらもオシャレなおつまみ感覚で楽しめます。

「リップカレント」

住所
兵庫県西宮市甲子園口3-4-35
アクセス
JR神戸線「甲子園口駅」(南口)より徒歩2分
営業時間
7:30~18:00
定休日
木曜日・日曜日
電話番号
SNS

ライター

ひのやす子

パンは食べるのもつくるのも大好き。 フリーライター兼パン講師。 阪神間のベーカリー情報をお届けします。

このライターの記事をもっと読む

関連記事