カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
顔もOK!UVスプレー【おすすめ5選】日焼け止め塗り直しにもぴったり

2021.08.18

顔もOK!UVスプレー【おすすめ5選】日焼け止め塗り直しにもぴったり

UVスプレーは顔の日焼け止めを塗り直すときだけではなく、外出前に髪から体まで全身ササッとUV対策をしたいときにもおすすめです。正しい使い方と注意点をふまえ、夏でも快適に使えるUVスプレーを5つチェックしてみましょう。

UVスプレーはこんなときにおすすめ

UVスプレーをぬっている様子

UVスプレーはいろんなシーンで活躍する、夏おすすめの日焼け止めアイテムです。
これからご紹介する3つのシーンで使ってみましょう。

【シーン1】外出先で顔の日焼け止めを塗り直したいとき

外出先で顔の日焼け止めを塗り直すとき、定番のジェルタイプや乳液タイプを使うと、ベースメイクがヨレてしまわないか心配ですよね。
UVスプレーであればメイクの上から直接重ねることができ、ヨレてしまうことなく日焼け止めの塗り直しができます。

顔に直接噴射できるUVスプレーであれば、指を肌に直接触れることなく塗り直しが完了!
衛生面でも安心して使えます。

【シーン2】日焼け止めを塗る時間がないとき

日焼け止めを塗る時間がないときは、UVスプレーがおすすめです。
わざわざ手の平にだして顔につけるといったステップを踏む必要がなく、顔に直接噴射して馴染ませるだけであっという間にUV対策がかないます。

【シーン3】火照った体をクールダウンしながらUV対策をしたいとき

気温も湿度も高い夏に日焼け止めを塗り直そうとすると、汗や皮脂に加えて日焼け止めのベタベタ感も相まって不快に感じる方が多いのではないでしょうか?

UVスプレーを使うと、気化熱でひんやりと感じやすく快適に塗り直しができます。
夏の日差しで火照った体をクールダウンできるよう、冷却効果ありのタイプや仕上がりがサラッとするタイプのUVスプレーもありますよ。

顔用UVスプレーの使い方と注意点

UVスプレー

UVスプレーは顔・からだ兼用のものが多く、全身の塗り直しにぴったりなアイテムです。
しかし顔に使う場合は注意したいポイントがあります。正しい使い方と注意点をチェックしましょう。

(1)直接噴射OKなのかチェック

UVスプレーは顔に直接噴射できるタイプと、手の平にだした後に使うタイプの2つがあります。
「日焼け止めを塗る手間を省きたい」「外出先で手を汚すことなくパパッと塗り直したい」
という方は、顔に直接かけられるタイプがおすすめです。

しかしUVスプレーは、一度手の平にだした後に顔へ付けるタイプがほとんど。
手がベタついてしまうのを避けたい方は、パウダー入りのサラッとした仕上がりのUVスプレーを選んでください。
パッケージ裏に表記されている使い方を参照し、正しく使うことで安心して日焼け止めを使えます。

(2)スプレーが目や口に入ったり吸い込んだりしないよう注意

顔に直接噴射してOKなUVスプレーを使うときは、目に入ったり口や鼻から吸いこんでしまわないよう注意しましょう。
スプレーの噴射中は目と口を閉じ、呼吸を止めます。
噴射後も数秒息を止め、空気中を浮遊している微粒子を吸い込まないようにしてください。

息を止めておくのが苦しいと感じるときは、スプレーを噴射した場所から離れるのがおすすめです。


ライター

やむ

スキンケア研究&コスメ好き美容ライター。おうち美容として腸活やヨガにドハマり。最新の美容情報をくまなくチェックしています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事