カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
オルチャン風前髪アレンジで今っぽヘアに【大人女性に似合う韓国風スタイル集】

2021.07.25

オルチャン風前髪アレンジで今っぽヘアに【大人女性に似合う韓国風スタイル集】

まだまだ人気のオルチャン風前髪、うまくセットできない、そもそもオルチャン風がわからない、そんな人は基本から確認していきましょう。ちょっとしたポイントで一気に抜け感のあるヘアスタイルに。大人の女性に似合うオルチャン風前髪で、いつもと違う自分に変身してみませんか?

オルチャン風の前髪&顔周りとは?

韓国っぽい雰囲気が魅力のオルチャン風スタイル。根強い人気で、もはや定番といっても過言ではないほどに。
「オルグル(顔)」+「チャン(最高)」の略語で「かわいい美人」という意味を持ち、日本では韓国っぽいスタイルのことを“オルチャン風”と呼んでいます。

オルチャン風にするポイント4つ

(1)幅狭めのシースルーバング

幅狭目のシースルーバングの諸税

@tabesta_gram1206
icon

前髪の横幅が広いとちょっとオルチャン風とは違う雰囲気に。
狭めの幅になるように、顔周りの毛束を寄せてセットしましょう。
顔の見える幅が狭くなる分、スリムな印象になりますよ。

(2)センターパート

センターパートオルチャンヘアの女性

@tabesta_gram1206
icon

前髪の上の部分の分け目をずらすのも、もちろんかわいいのですがオルチャン風にするならど真ん中に分け目がくるセンターパートがおすすめです。
どことなく真面目、そしてヘルシーなスタイルに見せてくれます。

(3)細めの毛束感を意識

シースルーバングを作るうえで気をつけたいのが毛束の太さです。

太すぎると野暮ったい印象になりやすいので、細めの毛束を意識しましょう。

(4)顔周りはレイヤー

顔まわりレイヤーのオルチャンヘアの女性

@momona_ouchi
icon

前髪からつながるように入ったレイヤーがイマドキのオルチャン風スタイルです。
前髪と同じように細めの束感を意識してスタイリング剤をつけましょう。

オルチャン風前髪&顔周りの基本

オルチャン風ヘアの基本

オルチャン風はシースルーバングと顔周りの毛束感が重要です。
細めの毛束でつくるシースルーバングは、大人っぽく抜け感あるスタイルを演出します。オルチャン風では、さらに狭めに前髪をとることではかなげで、ちょっとカジュアル。顔周りの毛束が輪郭にかかるので、輪郭が隠れて小顔効果も期待できます。

オルチャン風前髪のセットのやり方

1.黒目の幅くらいで前髪をとる

このとき前髪の量が多くなりそうなら、上の幅も減らしてみてくださいね。

前髪の幅は狭め

2.コテを滑らせるようにして毛先まで移動する

根元から少しカールするようなイメージで滑らせます。

コテで前髪を巻く

3.毛先まできたら、キュッと巻き込む

巻き込み加減は求めるカールの強さで変わります。

コテで毛先を巻く

ポイント

コテを外した後、冷めるまでカールを壊さないようにして待つと、より崩れにくいセットになります。

前髪が冷めるのを待つ間、直接おでこにつくのが熱い場合はこのようにコームなどでキープ。
カールを崩さないように優しく持ち上げておくといいですよ。

熱ければコームで浮かせる

4.顔周りの毛束をとって、指でつまみます

このように前に引き出しておきましょう。

顔周りの毛束をとる

5.後ろに流すように、リバース巻きします

コテが顔にあたらないように、注意してくださいね。

毛先を後ろに巻く

流れるように、ゆるくカールができたらOKです。

顔周りのカールが完成

6.ベースのカールができたらワックスをつけていきます!

ワックスは指の先にちょこんとのせる程度でOK。

ワックスの量

細めの束をとって、指先についたワックスをクルクルつまむように伸ばしましょう。

つまみながらワックスをつける

7.毛束同士の間をあけてスタイリングしたら完成です!

空間をあけて完成


ライター

いのうえ まゆな

奈良在住のフリーライター。元美容師としての知識や経験を活かした美容系記事を得意としています。読めばもっとキレイになれる、そんな情報をお届けします。【美容師免許・ヘアケアマイスター・洋裁、和裁1級取得】

このライターの記事をもっと読む

関連記事