カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
髪の日焼け対策どうする?おすすめの紫外線対策グッズとUVヘアケアの使い方

2021.07.14

髪の日焼け対策どうする?おすすめの紫外線対策グッズとUVヘアケアの使い方

髪が日焼けするとどうなるか知っていますか?実は紫外線を浴び続けることで、髪がお手入れしにくい状態になっていくんです。今回は手軽にできる髪の紫外線ケアの方法や、髪が日焼けしてしまったときの対処法をご紹介します。

日焼け対策は髪の毛にも必要?

髪を触る女性

顔や体はしっかり日焼け対策しても髪にはしない、そんな人も多いのではないでしょうか。実は皮膚と同じく、髪も紫外線で日焼けしてしまうんです。何もしていないのに髪のパサつきやカラーの色落ちが気になるという場合、もしかしたら日焼けが原因かもしれません。

髪が日焼けするとどうなるの?

窓辺で髪をなびかせる女性

髪は紫外線を浴びすぎると、表面にあるキューティクルがはがれやすくなってしまいます。キューティクルがはがれてダメージを受けた髪は、カラーやパーマのもちが悪くなるほか切れ毛や枝毛など扱いにくい質感に。さらに紫外線が髪の色素であるメラニンを破壊してしまうので、髪が退色して明るくなってしまうんです。

水に濡れた髪は、特にキューティクルがはがれやすい状態になってしまいます。髪が濡れた上に紫外線も浴びる夏場の海水浴は、普段よりダメージを受けやすいでしょう。長時間外に出るときは、肌同様に髪もしっかりと紫外線から守ることが大切です。

髪の紫外線対策グッズ

それでは髪の紫外線対策グッズをみていきましょう。

(1)UVスプレー

ナプラのミーファ

@mikity.0516
icon

スタイリングした後でも使えるのが、UVスプレーです。髪全体にまんべんなく付けられるので、誰でもムラなく手軽に使えます。紫外線を防ぎながら保湿をしてくれるタイプなら、ダメージが気になる人におすすめ。屋外レジャーにはウォータープルーフを使うといいでしょう。

ナプラのフレグランスユーブイスプレー
www.amazon.co.jp
ナプラ ミーファ フレグランス UVスプレー テンダーリリー
ミーファ
1,490円(税込)

(2)ヘアオイル

保湿やスタイリングができるヘアオイルの中にはUVカット成分が入っているものがあります。日々のお手入れで使うものなので、毎日紫外線から髪を守れます。ただしつけすぎるとオイリーになりすぎて見た目が悪くなるので、長時間紫外線を浴びるときは上からさらにUVスプレーをしたり帽子を被ったりして対策しましょう。

パンテーンのヘアオイル
www.amazon.co.jp
パンテーンミー UVカット ヘアオイル 洗い流さないトリートメント 50mL
パンテーン
1,100円(税込)

(3)帽子や日傘

すぐにできる紫外線対策は、出かけるときに帽子や日傘を使うこと。これだけでも紫外線をカットしてくれるので、髪に何もつけたくない人にはおすすめです。遮光率によってどれだけ紫外線を防げるのかが変わるので、対策をしっかりしたい人は完全遮光100%のものを選びましょう。

ワカオの折りたたみ日傘
www.zutto.co.jp
レディース折りたたみ日傘 ドット織
wakao(ワカオ)
17,600円(税込)

パナマストロー帽
www.zutto.co.jp
Tiffany Sr Panama Straw(パナマストロー帽)
CTH 1885(シーティーエイチ1885)
24,372円(税込)

UVヘアケアの使い方

uvクリーム

髪で一番紫外線を浴びるところはトップの部分です。分け目がある場合は頭皮も日焼けしてしまうので、肌と兼用できるアイテムを使って頭皮までUVケアをしましょう。上手にUVヘアケアを活用してダメージを軽減してくださいね。

(1)スプレータイプのUVヘアケアの使い方

スプレーをするときに気をつけたいのが、髪との距離間。近すぎると同じ場所だけに固まってついてしまうので、15cmほど離れたところから吹き付けるようにします。商品によって距離感が変わるので、それぞれ説明書の通りにしてください。
特に紫外線が気になるトップ部分やダメージを受けやすい毛先は、重ねてスプレーするといいでしょう。

(2)クリームタイプのUVヘアケアの使い方

クリームタイプやオイルタイプなどの液状のUVヘアケアを使う場合は、まずは手にとって、両手のひらや指の間に馴染ませます。その手で髪を手櫛するように全体に通していきます。これを何度か繰り返せばOKです。

(3)UVヘアケア使用後のシャンプーの仕方

UVヘアケアを使った髪は特に専用のクレンジングは必要ありませんが、優しく洗いあげることが大切です。UVヘアケアをしていても少なからず紫外線は浴びているので、アミノ酸系のシャンプーなどの洗浄力のマイルドなもので洗い流します。

シャンプーをしっかり泡立てたら、頭皮をマッサージするように指のはらで洗いましょう。しっかりすすぎ、そして毛先を中心にトリートメントも忘れずに。
濡れたままで摩擦を受けるとキューティクルがはがれやすいので、ドライヤーで素早く乾かすのもポイントです。


ライター

いのうえ まゆな

奈良在住のフリーライター。元美容師としての知識や経験を活かした美容系記事を得意としています。読めばもっとキレイになれる、そんな情報をお届けします。【美容師免許・ヘアケアマイスター・洋裁、和裁1級取得】

このライターの記事をもっと読む

関連記事