カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【コットンの使い方】化粧水の効果を上げてうるおい美肌へ導く方法

2021.02.07

【コットンの使い方】化粧水の効果を上げてうるおい美肌へ導く方法

お肌のお手入れに欠かせない化粧水。素手で肌に馴染ませるより、コットンを使った方がいいの?使い方は?そんな疑問にぶつかるかもしれません。お肌の状態が良いと気分も上がるもの。正しいコットンの使い方を知って、うるおい美肌を目指しましょう!

コットンを使うメリット

コットンを使うメリットとは?

美肌を手に入れるため、みなさんお気に入りの化粧水でスキンケアしていますよね。美肌の基本は保湿です。
どうして保湿が大切かというと、肌が乾燥すると肌トラブルを招きやすくなるから。かさかさしてメイクのノリが悪くなったり、古い角質をうまく排出できずニキビや吹き出物ができるきっかけになったり。美肌を目指すなら肌を乾燥から守り、保湿に力を入れることが大切です。

そこで意識したいのが、化粧水による保湿。もちろんみなさん化粧水で保湿しているかと思いますが、化粧水の効果をより引き出すには、「手でつけるよりもコットンを使った方がよい」といわれています。
なぜかと言うと、顔全体にムラなく化粧水を馴染ませることができるから。化粧水が均一に浸透すると肌全体がうるおい、ふっくらキメが整います。

試しにコットンを使ったことがあるけれど、効果を感じられなかったということもあるかもしれません。その日は効果を感じられなくても、毎日のスキンケアでコットンを使い続けると角層の水分量が多くなります。
コットンを使うメリットを実感するには、使い続けることが大切ですよ。

ただし、敏感肌の人はそうとは言い切れないので、お肌との相談も必要です。

コットンの使い方

コットンの使い方

肌にしっかりと化粧水を届けるには、コットンの使い方を知ることが大切。
どの点に気をつけてコットンを選び、どのように使うのか見てみましょう。

コットンの選び方

美肌を導くためのスキンケアですから、肌に負担をかけないよう、コットン選びは慎重に。選ぶときのポイントは、コットンに加工や縫い目がなく、適度な厚みがあるかどうかです。

コットンは横長で使う

コットンは縦も横も関係ないように思うかもしれませんが、そんなことはありません。
コットンは横長で使うのが基本です。コットンの繊維は横に流れているので、繊維の流れに合わせて使いましょう。
繊維の流れを無視すると、コットンが毛羽立ったり肌に余計な負担をかけたりしてしまうので注意が必要です。

コットンを使ったスキンケアのコツ

コットンを使ったスキンケアのコツ

コットンを使ったスキンケアでは、コツを押させておくとより効果が実感できるかもしれません。

化粧水はたっぷりと!

化粧水はたっぷりと染み込ませましょう。化粧水が少ないと摩擦で肌に刺激を与えてしまう可能性があります。どれくらいの化粧水が必要かは、化粧水によって違いますが、目安は500円玉硬貨よりやや大きく、コットンの裏側まで浸透するくらい。

顔の広い部分から&内側から外側へ

化粧水を含んだコットンは、ほおや額など顔の広い部分から馴染ませます。
顔の中心から外側に向かうようにコットンを滑らせましょう。このとき、コットンは横向きで使うことも忘れずに。
肌が内側からひんやりしてきたら、水分をしっかりと含んだ証拠です。

スペシャルケアにはコットンパック

日々のスキンケアでコットンを使っていても、特別な日を迎えるときや、毎日のスキンケアでは物足りないというときもあるかもしれません。そんなときはコットンパックで念入りにお手入れをしましょう。

割けるタイプのコットンを用意し、四隅までひたひたになるくらいたっぷりと化粧水を含ませます。コットンを4枚に割き、両頬とおでこに乗せたら、あまった1枚は半分に裂き鼻周りと顎に乗せてパック開始。
コットンパックをするなら、コットンは頬全体を覆うような大判サイズがおすすめです。
コットンパックの目安時間は4~5分です。長時間乗せたままにすると逆に肌の水分が奪われるので注意! 

コットンにはデメリットもある?

コットンにはデメリットもある?

コットンを使うメリットをお伝えしてきましたが、使うかどうかを判断するにはデメリットも知っておいた方がよいですよね。

敏感肌なら避けたほうがよい

ニキビや肌荒れで肌が不安定になっているときや、敏感肌の人はコットンの繊維が刺激になるかもしれません。
そんなときはコットンにこだわらず、清潔な手で化粧水をつけるほうがよいですね。

化粧水の効果を高めてくれる方法にハンドプレスがあります。ハンドプレスとは、手で優しく肌を押して化粧水の浸透力をアップさせる方法です。
冬は手が冷たいこともあるかもしれませんが、手が温かい方が化粧水の浸透力が高まります。手が冷たいと感じるなら、まずはぬるま湯などで温めましょう。
顔全体に化粧水をつけたら、手のひらで顔全体を覆いながらプレスします。小鼻や目の周り、口元も忘れず、指先を使って優しくプレスしましょう。

化粧水にとろみがあると不向き?

お気に入りの化粧水がとろみのあるタイプだったら、コットンを使うよりも手でつけた方が効果的かもしれません。
コットンが化粧水を吸ってしまい、肌への浸透力を感じにくいということも。とろみのある化粧水の場合も、ハンドプレスで浸透力をアップさせましょう。

まとめ

コットンを使って化粧水の効果をアップさせれば、うるおい美肌へ一歩近づくかもしれません。
メリット・デメリットと正しい使い方を知り、よい状態のお肌をキープできればご機嫌な毎日を過ごせそうですね。 


二宮 絵美

ライター

二宮 絵美

快適に暮らすこと、賢く暮らすことにアンテナをはっています。ライフスタイル・美容・ファッション・インテリアなど、たくさんのことに興味津々。運動は苦手なインドア派だけれど行動派。資格取得に向けて勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事