カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
大人だって涙袋メイクがしたい!ナチュラルな涙袋をつくる方法とコスメ5選

2021.02.13

大人だって涙袋メイクがしたい!ナチュラルな涙袋をつくる方法とコスメ5選

メイクの行程としてもはや欠かせないものになりつつある涙袋メイク。ただし、ぷっくり強調されすぎた涙袋メイクは可愛らしすぎる印象や、不自然な印象を与えてしまいます。今回はナチュラルメイクでも浮かない、大人女性でも取り入れやすい涙袋メイクとおすすめプチプラアイテムについて紹介します!

涙袋メイクの効果とは?

涙袋メイク

1.目の縦幅が広がり、目が大きく見える

涙袋メイクをする効果としてまず挙げられるのがデカ目効果です。涙袋に存在感を持たせることで目の縦幅を広く見せることができます。

2.目元が明るくなり、若々しい印象になる

目元は人の印象を決める大切な部分。涙袋に明るい色を入れるとハイライト効果によってくすみが飛び、若々しい目元になれます

3.うるんだ可愛らしい目元になる

うるうるとした瞳の女性には、守ってあげたくなるような可愛いらしさがありますよね。涙袋にパールカラーを乗せることで黒目がうるんだように見える効果もあります。

ナチュラルな涙袋メイクの方法

「今まで涙袋メイクをしていなかった」、「涙袋メイクをすると不自然になってしまう……」そんな人のために、基本的な涙袋メイクの方法をポイントと併せて紹介します。

(1)下まぶたにアイシャドウを入れる

まずは、涙袋を作りたい部分にアイシャドウなどでハイライトカラーを入れます。細いチップや小指の先などを使えば、自然な幅に乗せることができます。

カラーが濃く付きすぎてしまった場合は、何もついていない指先などでナチュラルになるまで馴染ませましょう。

【Point】涙袋は太く作り過ぎず、カラーも濃くならないようにする。

(2)涙袋に影を入れる

次に、ニコッと笑って涙袋ができる位置に影を入れていきます。涙袋の影には出来るだけ薄いブラウンカラーを選びましょう。

黒目の下あたりに短く入れ、綿棒などで両端に向けてボカすことで自然な影を作ることができます。

【Point】影は中心に短く入れ、両端に向けてボカす。

不自然に見えるNG涙袋メイク

涙袋メイクをすれば顔の印象がかなり変わるため、メイク方法には注意が必要です。ここでは、オフィシャルな場でのメイクやナチュラルなメイクのときには避けた方が良い涙袋メイクのやり方を紹介します。

NG例1. 大粒のラメのアイシャドウを使う

大粒のザクザクとしたラメのアイシャドウは華やかですが、自然なメイクのときに使用すると必要以上に涙袋が強調されてしまうことも……。

上まぶたにもラメの多いアイシャドウを使っている、きらきらとしたリップを付けている、など華やかなメイクのときには◎。全体のバランスを考え、涙袋だけに視線が集中しないようなメイクを心がけましょう。

NG例2. 白っぽいカラーを広範囲に使う

涙袋には肌馴染みの良いベージュ系やピンク系を選んだ方が自然な仕上がりになります。逆に肌のトーンよりも極端に明るいカラーや白っぽいカラーを下まぶた全体に乗せると、不自然な涙袋になってしまいます。

白っぽいカラーを使う時は、涙袋全体に乗せるのではなく涙袋の中心部分に少量乗せれば、より立体感のある涙袋を作ることができます。

NG例3. 涙袋の影をくっきり書く

涙袋の影を書き出しから書き終わりまでくっきりと線を引いてしまうと、不自然になってしまいます。また、シャドウなどを太く乗せて作った影も、クマに見えてしまい不健康な印象に……。

影の仕上がりが濃くないか、メイクの最後に鏡から少し離れて見ればチェックできます。影が目立っている場合は、指などでぼかすか、スポンジなどでぽんぽんと叩き、ファンデーションのカラーと馴染ませましょう。


中村 ゆか

ライター

中村 ゆか

京都の情報誌で編集兼ライターを経験したのち、現在はフリーライターとして活動中。食べ物、化粧品、寺社仏閣が好き。レビュー記事や取材記事など、自分が体験したことを文章にするのが得意です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事