カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
まるで彫刻…パリ生まれの白い陶器『アスティエ・ド・ヴィラット』/30代からの名品vol.4

2020.12.25

まるで彫刻…パリ生まれの白い陶器『アスティエ・ド・ヴィラット』/30代からの名品vol.4

ASAMIがお送りする『30代からの名品』。“大切に使い続けたい”と思えるファッションアイテムやコスメ、雑貨などを紹介します。今回はパリのアトリエで生み出される『アスティエ・ド・ヴィラット』の陶器。(毎月第2・4金曜更新)

こんにちは、ASAMIです。
「良いものを長く大切に使い続ける」という私のライフスタイルテーマを元にお届けする連載コラム『30代からの名品』。

今回は私が愛してやまない、フランス生まれの陶器をご紹介します。

パリ生まれの白い陶器『アスティエ・ド・ヴィラット』

名品のアスティエアイキャッチ

『アスティエ・ド・ヴィラット』は、ブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ペリコーリが1996年に創業したブランドです。パリ郊外の土を使い、パリのアトリエで制作される陶器は、黒い土を土台に白い釉薬をかけた独特の風合いが魅力。
また、一つひとつ職人の手によって作られる陶器はまるで彫刻のようです。

アスティエドヴィラットのフラワーベース

こちらのフラワーベースはころんとした丸みのあるデザインが癒されるひと品。
完成された均一な美しさではなく、ハンドメイドならではの色ムラや凹みになんともいえない味わいがあり、眺めていると暖かい気持ちになります。

私は少ない種類のお花をばさっと無造作にさすスタイルが好きです。この日はピンクのバラとトルコキキョウを飾ってみました。

アスティエドヴィラットフラワーベース撮影画像

ドライグリーンをさしてナチュラルな雰囲気にするのもお洒落で可愛いですね。

繊細なカッティングや温もりのある浮き彫りも珍しいデザインです。

優しい存在感を放つお皿やカップ

アスティエドヴィラットのマグ手元

数年前、引っ越しがきっかけで食器やフラワーベースを集めるようになり、『アスティエ・ド・ヴィラット』に出会いました。
ショッピングしている時に、セレクトショップの棚に飾られている美しい陶器に惹かれ、すべてがツボでどれにするか悩みに悩んでひとつに決めたのを覚えています。

アスティエドヴィラットの皿

こちらのお皿は最近購入したもの。少し高さのある器で、フルーツやお菓子をのせて使おうと思って選びました。
少しだけ傾いているところや、手作りの温もりが伝わる不揃い感が気に入っています。

アスティエドヴィラットのカップ2つ

ちなみに『アスティエ・ド・ヴィラット』の創設メンバーであり、ブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットの妹であるマチルダ・キャロンも『キャロン』というブランドを立ち上げていて、こちらの器も気に入っています。

お部屋にインテリアとして置くだけでも、優しい存在感を放つ素敵な『アスティエ・ド・ヴィラット』の陶器。
何年経っても色褪せない、私のコレクションとして、これからも少しずつ集めていきたいです。

今回は、フランス発の味わい深い陶器をご紹介しました。

こちらのコラムは第2・4金曜日に更新します。
では、また次回の更新をお楽しみに!

▼ 連載「30代からの名品」

連載の一覧へ


ASAMI

ライター

ASAMI

働く女性にファッションコーデやライフスタイルのアイデアを提案。ファッションコーディネートサイト『bo-té(ボーテ)』のスタイリスト兼モデルとしても活動。30代女性のアイコン的存在。 【Instagram】https://www.instagram.com/asami_bo/

このライターの記事をもっと読む

関連記事