カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
「正月太り」の解消に効果的な方法とは?体重を元に戻す3つのコツ

2021.01.09

「正月太り」の解消に効果的な方法とは?体重を元に戻す3つのコツ

ごちそうが続いた年末年始。案の定、太ってしまったという方は多いはず。このままではいけない!と危機感を感じているなら、正月太り解消を目指し、3つのことに気をつけてみましょう。意識するかしないかで、一ヶ月後の体重に変化があるかもしれませんよ。

夕食を調節する

夕食を調節する

体重を元に戻したいなら、まずは食事を意識するはず。美味しいものを食べたい気持ちをグッとこらえて我慢するのだから、効果的な方法を探したいですよね。
三食のうち、調節すると一番効果があるのは夕食と言われています。そこで、夕食を抜くのがダイエットの近道と考えてしまいがちですが、この方法ではリバウンドしやすいというデメリットがあります。
夕食は抜かずに調節するのがポイント。
押さえておきたい3つのポイントを見てみましょう。

早い時間に食べる

夕食は抜くのではなく、食べる時間に気をつけてみましょう。
夕食時間は19時までに済ませるのが理想的です。遅くても21時までには済ませておきたいところ。

夜は、胃や肝臓、膵臓といった消化吸収に関わる臓器も休息モードになります。そのため、遅い時間に食べたものは代謝されずに体内に溜め込まれやすくなります。こんな日が続くと、体内に溜め込まれたものもどんどん増えていき太るという結果を招くことに。

けれど、社会人は仕事などで遅くなってしまうこともありますよね。そんなときは、脂肪の多い食事を避け、消化吸収の良い温野菜や野菜たっぷりのスープなどにすることをおすすめします。

食べ過ぎない

夕食は三食の中でも一番食べる量が多くなりがちです。体重を戻したいなら夕食は控えめにしましょう。
あとはもう寝るだけという夕食でたくさん食べれば、エネルギーを消費しきれないのは想像できますね。
我慢のし過ぎは続かなかったり反動が出たりしてしまうので、抜くのではなく食べ過ぎないことを意識します。

炭水化物や糖質をゆるく抜く

よく耳にする糖質制限ダイエットは、もともとは糖尿病の方や肥満の方に向けて考案された食事療法でした。
炭水化物ダイエットもよく耳にしますが、糖質は炭水化物に含まれているので、これらはほぼ同じダイエット方法です。
炭水化物は体を動かすもとになる栄養素なので、取り過ぎてしまうと脂肪の蓄積につながります。けれど、抜き過ぎてしまっても体の不調につながってしまいます。
夕食のみ炭水化物や糖質を抜くなど、ゆるく調整するのが健康的にダイエットをするコツです。

代謝アップに意識を向ける

代謝アップに意識を向ける

食事内容など摂取カロリーに意識を向けるだけでなく、消費カロリーをアップさせることにも意識を向けると相乗効果が期待できます。
頑張っているのにダイエットが成功しにくい人は、代謝が低いということも考えられます。
代謝は慢性的な運動不足やストレスなどが原因で低くなっていることも。痩せやすくするために、代謝を上げるポイントを見てみましょう。

朝は白湯を飲む

朝起きたら、温かい白湯を飲むと血行が良くなり、基礎代謝のアップが期待できます。

身体が温まる食べ物を選ぶ

冬場は寒さから温かい食べ物を選びますが、これはできるだけ年中心がけたいところ。
身体が冷えると臓器の働きが鈍くなり、基礎代謝も低下してしまうからです。アイスティーよりホットティーを選ぶ、冷たいうどんより温かいうどんを選ぶということだけでなく、生姜や唐辛子、にんにくやネギなど、身体を温めてくれる成分を含む食べ物も積極的に摂るといいですね。

毎晩湯船に浸かる

帰宅が遅くなり、シャワーで済ませたい日もあるかもしれませんが、基礎代謝アップを狙うなら毎晩湯船に浸かりましょう。
身体が芯から温まると、血液やリンパの流れが良くなります。すると代謝がアップし、老廃物が溜まりにくくなる、免疫力がアップするなどのメリットが。疲れにくくなったりむくみが解消されたりと、ダイエット以外の効果も期待できますよ。

生活の中の運動量を増やす

生活の中の運動量を増やす

あらためて運動をするとなるとハードルが高いもの。特に運動に苦手意識のある人は、なかなか取り入れにくいかもしれません。
運動と聞くとランニングや筋トレをイメージしてしまいますが、トレーニングウェアに着替えなくても、気軽な気持ちで日常の運動量は増やせます。

例えば、階段を使う、電車で座らない、少し遠いスーパーやコンビニを選んで歩く距離を増やす、動画を見ながらストレッチをするなど、「これならできそう!」と思えるものがありませんか? 

小さな運動の積み重ねが、カロリー消費につながっていることを忘れないことがポイントです。ささいなことをしても効果がないかも……と思わず、無理なく小さなことを積み重ねていきましょう!
同じ運動をしても、体重が違えば消費カロリーも違います。体重50kgとした場合の消費カロリーを紹介するので参考にしてくださいね。

●犬の散歩 30分……92kcal
●料理 30分……66kcal
●入浴 20分……35kcal
●シャワー 15分……53kcal
●階段の昇り降り 2分……8kcal
●デスクワーク 60分……95kcal

参照:『TANITA』

まとめ

正月太り解消

「正月太りを解消して、早く体重を元に戻したい!」と思っている方はこの時期多いかもしれません。夕食を調整するだけでなく、効率良く体重を落とすために代謝アップにも意識を向けてくださいね。ハードな運動を毎日続けるのは時間的にも体力的にも難しいもの。小さな運動の積み重ねを侮らず、消費カロリーを増やす工夫も忘れずに。


ライター

二宮 絵美

快適に暮らすこと、賢く暮らすことにアンテナをはっています。ライフスタイル・美容・ファッション・インテリアなど、たくさんのことに興味津々。運動は苦手なインドア派だけれど行動派。資格取得に向けて勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事