カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
失敗しないスマートウォッチの《シーン別の選び方》とは?スポーツからビジネスまで

2020.10.11

失敗しないスマートウォッチの《シーン別の選び方》とは?スポーツからビジネスまで

街中で見かけることも珍しくなくなったスマートウォッチ。さまざまなメーカーが競うように新モデルをリリースしており、選択肢はますます増加中です。しかしながら、多機能すぎると選ぶのが億劫になってしまう面も。今回はスマートウォッチを選ぶ際に大事なポイントをご紹介します。

腕時計のように持ち歩けるウェアラブル端末、スマートウォッチ。スマホと連携してさまざまな機能を利用できることもあり、利用する人が年々増えています。

そんなスマートウォッチですが、近年機種が急増しているため、自分にぴったりなモデルを選ぼうにも「どこから決めればいいの?」と迷ってしまうこともしばしば。

そこで、スマートウォッチを購入する際、事前に検討しておくべき項目をピックアップしました。

はじめにスマホとの連携をチェック

Apple Watch

スマートウォッチはスマホと連携してこそ真価を発揮するデバイス。そのため、今持っているスマホに対応している機種を選ぶ必要があります。

そこでまず注目したいのが、スマートウォッチに搭載されているオペレーションシステム(OS)です。現在、人気のスマートウォッチのOSは次の3つに集約されています。

  • watchOS
  • Wear OS by Google
  • Tizen

「watchOS」はAppleのスマートウォッチ「Apple Watch」に搭載されています。「iPhone」シリーズを使っている人はぜひ「Apple Watch」を選びましょう。
古いモデルでは連携できないこともありますが、さまざまなiPhoneアプリをApple Watchで操作できるようになり、非常に便利です。

世界的にも人気の高い「Apple Watch」ですが、Android端末とは互換性がありません。上で述べたように対応OSが異なるためです。
Android端末には「Wear OS by Google」を搭載したスマートウォッチが適しています。
多くのメーカーからこのOSのスマートウォッチが登場しており、選択肢が幅広いのが魅力。安ければ数千円から購入できるものもあるので、なるべく出費を抑えたい人にもオススメします。
ただし、Android端末はたくさんのモデルが作られているため、購入予定のスマートウォッチが本当に使えるのか、事前に確認した方が無難です。

最後に「Tizen」は、サムスンが展開する「Galaxy」などのスマートウォッチに対応するOSです。

自分が求める機能から探そう

OSが決まったら、次にどのような機能が欲しいかで絞り込んでいきましょう。
使う場面はおもにビジネスかプライベートか、インドア派かアウトドア派かなど、自分の生活環境と性格に合ったものを探すのがコツです。

スマートウォッチに搭載されている機能は機種によって千差万別ですが、以下のような機能が一般的です。

  • 心拍計
  • 活動量計
  • 睡眠時間の記録
  • GPS
  • 音楽再生
  • 電子マネー・交通系ICカード連携
  • 通話・メッセージ
  • スケジュール管理
  • アプリのインストール

それでは、使いたいシーン別に必要な機能を見ていきましょう。

スポーツ

スポーツとスマートウォッチ

スポーツをさらに楽しみたい人は、心拍計や活動量計、GPS機能が充実したモデルを選んでください。心拍数や歩数、運動時間と運動量、消費カロリーなど、細かく記録できるタイプがオススメです。
日々の運動量を記録することで達成感が得られますし、目標の設定もしやすくなります。

ひとつのスポーツに打ち込んでいるのなら、種目に合ったものを探しましょう。
ジョギングやウォーキングを楽しんでいる人は、GPS機能がついたものを選ぶとコースの情報やかかった時間を記録できます。

雨の日でも運動したり、水泳をしたりするのであれば防水・防滴性能は必須です。

さらに登山であれば気圧や方位や標高、ゴルフなら世界各地のゴルフコースなど、スポーツに特化した高級モデルも発売されています。

健康管理

スマートウォッチで健康管理

気軽に健康管理を始めたい時にも、スマートウォッチは便利です。
心拍計のついたものや、睡眠時間を計測できるものを購入しましょう。
心拍数からストレス値を可視化できるモデルもあります。

多機能

音楽機能も楽しめるスマートウォッチ

ビジネスの場面で使うならスケジュール管理やハンズフリー通話機能がついたもの、日常の煩わしい動作を減らしたいなら電子マネーやクレジットカード、交通系ICカードと連携できるものなど、おまけの機能に注目するのも大切です。

「雨の日でも思いっきりジョギングをして、できれば音楽も聴きたい」、「詳細な睡眠レポートとクレジットカード連携だけは譲れない」など、優先順位を設けて条件を書き出してみてくださいね。

充電の頻度も忘れずチェック

おしゃれなスマートウォッチ

地味に見落としがちなのが、充電が必要になる頻度です。
スマートウォッチによって1日1回充電しないと電池が保たないものから、14日程度着けっぱなしでも大丈夫なものまでさまざまあります。

意外と使い心地を左右する要素なので、忘れずに確認しておきましょう。

デザインやファッションとの相性も大切

まずは機能性に注目したくなるスマートウォッチですが、従来の腕時計と同じくファッションアイテムとしても魅力的です。

腕時計らしいタイプ

クラシックなスマートウォッチ

一見すると、機械仕掛けの腕時計のように見えるデザイン。しかし実はスマートウォッチとしての性能も備えています。普段は消えていますが、必要な時だけ文字盤にさまざまな情報が浮かび上がるものも。
このタイプにはよりきっちりした印象を与えるタイプと、カジュアルな印象のものに分かれます。ファッションの方向や職場の雰囲気で使い分けましょう。

デジタル時計タイプ

デジタルなスマートウォッチ

ひと目見てスマートウォッチと分かるタイプです。
シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴で、まさに身に着けるスマホと言ったところでしょうか。

時計画面のデザインを好きに選べるなど、カスタマイズできる余地が大きいのもポイントです。

スマートバンドも選択肢に入れて

スマートバンド

厳密にはスマートウォッチとは別のウェアラブル端末ですが、スマートバンドも選択肢のひとつです。

スマートバンドの特徴はなんと言ってもサイズが小さいこと。ファッションに響きにくく、眠る時に着けていてもあまり気になりません。
サイズが小さい分充電が保ちやすいところもメリットです。
デメリットは、画面が小さく見にくいことと、機能が限られているものが多いこと。
とはいえウェアラブル端末に何を求めるかによっては、スマートバンドも十分役立ちます。

バンドの豊富さ

スマートウォッチのベルトを付け替える

ファッションにこだわりたいのなら、付属品の豊富さも選ぶポイントになります。
メーカーによってはスマートウォッチのバンドのバリエーションが幅広く、色とりどりのシリコンバンドのほか金属製、革製などから選べます。

服装や外出先に合わせて付け替えたい人にはオススメです。

まとめ

スマートウォッチの選び方について簡単にご紹介しました。
ライフスタイルに合っていれば、スマートウォッチは自分専用の相棒のような存在です。

事前にじっくり吟味して、「これだ!」という1本を選んでくださいね。


てんむす

ライター

てんむす

大阪府生まれ京都府在住。生き物と食べ物が好き。2019年に行ったドイツ旅行で大きな博物館とおいしいグミに感激し、ドイツ語を勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事