カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【水害対策】大雨・洪水・土砂災害に備えるには火災保険でいいの?

2021.07.13

【水害対策】大雨・洪水・土砂災害に備えるには火災保険でいいの?

もともと降水量が多い日本ですが、近年は大雨による被害が増えています。緊急時は高台や安全な場所に避難し命を最優先に守りますが、家や家財も守らなければいけません。家が洪水被害に遭った、土砂災害の被害に遭った、そんなリスクにはどの保険で備えればよいのでしょうか。

大雨による住まいの経済的リスクに備えるには

大雨による住まいの経済的リスクに備えるには

台風や豪雨などによって、河川が氾濫したり土砂崩れが起こったりと雨による被害が増加しています。自然災害で大切な家や家財が被害に遭う可能性は、持ち家であろうが賃貸であろうが変わりはありません。
大雨の日には家の中で過ごすということが必ずしも安全とは言い切れない災害が、日本でも起こっています。住まいを失うかもしれないリスクに備えるために、保険について知っておきましょう。

雨による災害は水災(水害)

雨による災害は水災(水害)

日本は降水量が多いため、雨による災害リスクに備えておくと安心です。大雨や土砂崩れなどによる災害は水災(水害)と言われ、命や家、家財を奪われるかもしれない災害です。

大雨が降り続いていると前もって避難したり、緊急速報メールによって危険を認知したりはできます。高台や安全な場所に避難し、命を守る行動は最優先すべき大切なことですが、そんなとき気になるのが住まいについて。家や家財を安全な場所に移すことはできないからです。

万が一、水災(水害)に遭った場合に経済的ダメージを補償してくれる保険に入っていれば、災害後に落ち着いて対応できるかもしれません。


二宮 絵美

ライター

二宮 絵美

快適に暮らすこと、賢く暮らすことにアンテナをはっています。ライフスタイル・美容・ファッション・インテリアなど、たくさんのことに興味津々。運動は苦手なインドア派だけれど行動派。資格取得に向けて勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事