カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【堺筋本町】美味しいパンでホッとできるひと時を。多彩なパンの虜になる『torico(トリコ)』

2020.07.08

【堺筋本町】美味しいパンでホッとできるひと時を。多彩なパンの虜になる『torico(トリコ)』

ご夫婦で営むオフィス街のパン屋さん、『torico』。朝ごはんからお昼ごはん、おやつ、夕飯に。どのシーンにも合うバラエティ豊かでお手頃なパンが揃っています!

toricoの白いテント

堺筋本町の『torico』はオフィスビルが立ち並ぶ一角にある、白いテントが目印の可愛い小さなパン屋さん。朝早くから種類豊富なお手頃のパンが揃い、気軽に立ち寄って美味しいパンを買うことができます。

ショーケースいっぱいに並ぶ種類豊富なパン

ショーケースのパン

ショーケースを覗いてみると、菓子パンやお惣菜パンなど、端から端までびっしりと並んでいます。
どれにしようかと悩みに悩んで、よし、これとこれと……とようやく決めて顔を上げると、ショーケースの上にも 更にサンドイッチがズラッと。どれもおいしそうで選びきれません!

ショーケース上のサンドイッチ

菓子パンお惣菜パンなど
甘いパンやお惣菜パンなどバランス良く取り揃えられたパン

定番のパンや日替わり、季節限定商品、時々その日限りのサプライズのパンも登場します。

食パンは基本の角食、くるみ、レーズン、季節のデニッシュなどが日替わりで数種類並びます。「今日はどれがあるかな?」と日替わりに任せるのもワクワクしますが、お目当ての食パンがある場合は2日前までに予約すれば用意してくださるそう。
夏場はあまりたくさん店頭に並べられないので、予約するのがオススメです。

甘い幸せ!ジューシーフルーツのデニッシュ

いちごデニッシュ
フレッシュ苺をふんだんに使った季節限定の「いちごデニッシュ」(300円)

季節のフルーツのデニッシュは、取材時は長崎県産「恋みのり」の苺を使ったデニッシュでした。 サクサクのデニッシュ生地に、カスタードクリームとピンク色の苺のクリームとの二層仕立て、そして上にはツヤツヤで大粒な苺がみっちりとのせられています。

ジューシーなフレッシュ苺と苺クリームの甘い香りで贅沢なスイーツを頂いているよう。
クリームにもフルーツを使ったこだわりのフルーツデニッシュ、夏の季節限定デニッシュには桃やマンゴーが登場しますよ!

具材によって生地も違うサンドイッチは10種類以上

フィッシュバーガー
ブロッコリーのパンで作った「フィッシュバーガー」(250円)

サンドイッチに使われるパンは食パンを使った王道のものから、柔らかいバンズ、ソフトフランス、玄米パン、フォカッチャなど、サンドする具材によってパンの種類も変えられています。

「フィッシュバーガー」はパン生地にゴロッとした形のままのブロッコリーが練り込まれていて、野菜の風味や食感がしっかり味わえる個性的なパン!

オフィス街なのでスタミナをつけてほしいと、サンドされる具材はお肉や揚げ物が多め。
野菜もプラスされていたり、ボリュームがありながら食べやすいバランスも考えられているので、女性にも人気があります。

こだわりの自家製フィリングがたっぷり

自家製ピロシキ
「自家製ピロシキ」170円

こだわりはパン生地だけでなく、具材にも。カスタードクリームやカレーなどの具材も毎日手作りしています。
「自家製ピロシキ」は玉ねぎや国産ミンチ、春雨を塩胡椒で炒めてゆで卵を混ぜたフィリング。シンプルな味付けながら、たっぷりと詰められた具材の旨味がカリカリの揚げパンと合わさり食欲をそそります!

エビカレーパン
具だくさんカレーがトロッと溢れ出る、濃厚なアメリケーヌソースの「エビカレー」(230円)※季節限定商品

カレーパンやクリームパンを割ってみたとき、空洞が多くてちょっとがっかり……なんて経験ありませんか?
具材がパン生地いっぱいに詰まっていると嬉しくなりますよね♪

開業20年の節目に、新天地でのチャレンジ

大手ベーカリーで製造主任を務めていたご主人が独立し、地元の大正区でパン屋さんを始めてから20年。
「いろんなパンを作ってもっとたくさんの人に食べてもらいたい」とオフィス街への出店を決め、2019年8月、ご夫婦で同店をオープンされました。
パンは現在も大正区にあるお店の工房で焼いたものが運ばれ、主にご主人が工房でパンを焼き、奥様が店頭に立っています。

セサミチーズのパン
熟練シェフ自身もお気に入りの「セサミチーズ」(160円)

ご主人のおすすめは20年以上前から作り続けている、黒ゴマたっぷりの「セサミチーズ」。黒ゴマを煎ってから作るとても香りのいいパンで、昔から人気があるそうです。
どれにしようかと悩んだら、まずはこちらを選んでみて!

奥様はとても気さくな方で、パンの美味しい食べ方なども教えてくれます。
通りがかりに気軽に立ち寄れるパン屋さんで、奥様との何気ないやり取りに癒やされている常連の方も多いのではないでしょうか。
逆にお客さんから「こんな風に食べたらとても美味しかった!」と教わって自宅で試してみたり奥様自身もパンの新たな発見を楽しみ、お客さんとのコミュニケーションを大切にしている様子が伺えます。

torico看板

『torico』という店名は、「うちのパンの虜になってもらいたい」との思いから名付けられたそうです。明るくて優しい奥様と、ご主人の作るこだわりのパンの数々に、もう既に虜になっている方が多いはず!
慌ただしいオフィス街で過ごす毎日に、美味しいパンが、ホッと一息できる時間を与えてくれます。

まとめ

朝は出勤前の方が、ランチタイムには特にたくさんの方がパンを買いに来るので午後はかなり品薄になり、売り切れ次第閉店となります。いろんなパンをゆっくり選びたい方は午前中に行くのがオススメ。

  • 菓子パンもお惣菜パンも好き
  • 具材たっぷりで満足できるパンが食べたい
  • 気軽に美味しいパンが買えるお店に行きたい

そんな方におすすめのパン屋さんです。新作も続々と登場するので、毎日奥様が更新されるInstagramのパンの紹介も是非チェックしてみてくださいね!

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

『torico』

(トリコ)
住所
大阪府大阪市中央区淡路町2-2-2 Y's淡路町ビル1F
アクセス
Osaka Metro堺筋線・中央線「堺筋本町駅」より徒歩5分
営業時間
7:30〜15:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
SNS
その他情報

toricobakery@gmail.com


アバター

ライター

サカグチアカリ(MINLY)

パン、カフェ、おでかけ好き。大阪を中心に、おいしいパンを求めて日々小さな旅に駆け回っています。生まれも育ちも堺っ子。

このライターの記事をもっと読む

関連記事