カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【スリーコインズ】人気商品「キッチンマルチシート」の活用アイデア7選

2021.12.09

【スリーコインズ】人気商品「キッチンマルチシート」の活用アイデア7選

「スリーコインズ」にはおしゃれで機能的なキッチングッズが豊富。その中でも今回は、人気商品の「キッチンマルチシート」をご紹介します。おしゃれなクッキングシートのようなアイテムで、調理道具にしたり、ちょっとしたラッピングに使ったりと活用方法は幅広いです。

【スリーコインズ】の人気商品「キッチンマルチシート」とは?

スリーコインズのキッチンマルチシートを引き出す
スリーコインズ「キッチンマルチシート」330円

おしゃれで便利な雑貨が手頃な価格で揃う「スリーコインズ」。キッチングッズも豊富にあり、機能性やデザイン性の高い商品を多数展開しています。

今回ご紹介する「キッチンマルチシート」とは、クッキングシートのようなシリコンコーティングのペーパーです。両面にコーティングされているので、裏表関係なく使えるのがポイント。
料理にはもちろん、ほかにもさまざまな使い道がありますよ。シンプルでおしゃれなボタニカルデザインも特徴で、お菓子作りや料理に使う時も気分が上がります。

サイズは、幅が20cmとコンパクトですが、長さはたっぷりの15m。市販のクッキングシートは、幅が25cmや30cmと大きいものが主流ですよね。
「キッチンマルチシート」の幅20cmは意外となかったサイズ。余る部分が少なくなるので無駄なく使えるのも便利なところです。

【スリーコインズ】で人気の「キッチンマルチシート」活用術7選

それでは「キッチンマルチシート」の便利な活用アイデアを紹介していきます。キッチンで使うのはもちろん、食品以外の使い道もあるのでまさにマルチなシートです。

【活用術1】まな板シートとして

まな板の上にキッチンマルチシートを敷いて肉を切る

肉や魚を切る時に「キッチンマルチシート」をまな板の上に敷いておけば、べたつきやニオイが付きにくくなり、洗い物が楽になります。
野菜と肉・魚のまな板を一緒に使っているという人は特におすすめです。

また、生もののほかにも揚げ物をカットする時に敷けば油がまな板に付きにくくなります。そのほかキムチなどの色の濃い食材を切る時にも、色移り防止として「キッチンマルチシート」が役立ちますよ。

【活用術2】トースターで焼く時のくず受けとして

トースターにキッチンマルチシートを敷いてパンを焼く

トースターでパンを焼く時に、クロワッサンやデニッシュ系のものだとくずがたくさん落ちてしまいますよね。また油も多いのですぐに庫内が汚れてしまいます。

そんな時に「キッチンマルチシート」を敷いてから焼けば、くずが落ちる心配がありません。チーズやジャムなどが乗ったパンを焼く時にもおすすめです。

焼いたパンをキッチンマルチシートの上に置く

「キッチンマルチシート」は一般的なクッキングシートと同じように使え、水蒸気だけ通す特徴があります。そのため、「キッチンマルチシート」にパンを乗せて焼いても、裏面までサクッと仕上がりますよ。

焼けた後はそのままお皿に乗せるのもおすすめ。プリント入りなので見た目が華やかで、熱々のパンを直接持たなくていいメリットもあります。

【活用術3】煮物などの落し蓋に

煮物の落し蓋にキッチンマルチシートを使う

煮物料理などの落し蓋には、専用のものを使うほかアルミホイルやクッキングシートで代用することもありますよね。そのため、「キッチンマルチシート」も落し蓋として活用することができます。

キッチンマルチシートを円形に切る

落し蓋にする時は鍋の大きさにあわせてカットしましょう。四つ折りにして角を丸くカットし、中心に穴をあければOKです。シートの幅が20cmなので小さめの鍋やフライパンにぴったり。

幅の大きいクッキングシートだと大部分をカットして捨てることになりますが、「キッチンマルチシート」ならカット部分も少なくて済みます。おしゃれなプリント入りで調理中の気分も上がりますね。

【活用術4】オーブンで焼く時のシートとして

オーブンレンジの天板にキッチンマルチシートを敷く

「キッチンマルチシート」はクッキングシートと同様の商品なので、オーブン調理にももちろん使えます。耐熱温度は250℃で20分以内の調理まで。それ以上の温度には対応していないので、様子を見ながら使うのがおすすめです。

ちなみに「バルミューダ」の電子レンジに付属している角皿には、「キッチンマルチシート」のサイズがぴったり。不要な部分をカットする手間がなくスマートです。


ライター

ハナ

インテリア・ライフスタイル専門ライター。大手インテリアショップでの勤務経験を活かし、暮らしを楽しく快適にするアイデアを執筆しています。ガーデニングや観葉植物についても研究中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事