カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
ゴミ袋をすっきり収納!100均セリアと無印良品のケースを使ったアイデア

2021.03.31

ゴミ袋をすっきり収納!100均セリアと無印良品のケースを使ったアイデア

大きなゴミ袋やポリ袋、フリーザーバッグなどのストックは収納しにくく、気付けばぐちゃぐちゃになりがち。そんな時は100均「セリア」のポリ袋用収納ケースと「無印良品」の引き出しを使えば、すっきり収納できます。おすすめの使い方をご紹介します!

ゴミ袋やポリ袋をすっきりと収納してみよう

引き出しを開けて袋を1枚取り出す

ゴミ袋やポリ袋、フリーザーバッグは気付けばたくさんの種類を使っていることが多いもの。
ゴミ捨てや料理の時にサッと取り出したいのに、目的のものがすぐに見つからなかったり、1枚1枚がスムーズに取り出せないとモヤモヤしてしまいますよね。

ゴミ袋やポリ袋などは頻繁に使うからこそ、サッと取り出せるように工夫して収納しておきたいものです。
そんな時におすすめしたいのが100均「セリア」と「無印良品」のアイテムを組み合わせた収納方法。
いろいろな袋をすっきりとまとめて収納したい人はぜひ試してみてください!

ゴミ袋収納には100均「セリア」と「無印良品」のアイテムが好相性

ゴミ袋やポリ袋を収納するために役立つのが100均「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」と「無印良品」の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」です。
この2つを組み合わせると、さまざまな種類の袋をまとめて収納できますよ。

100均「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」

セリアのキッチン消耗品収納ケース各サイズ
セリア「キッチン消耗品収納ケース(Sサイズ・Mサイズ・Mサイズ幅広タイプ)」各110円

100均「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」は、ゴミ袋やレジ袋をはじめ、さまざまなキッチンの消耗品収納に役立つケースです。
袋類をはじめ、排水口ネットや使い捨て手袋などの収納にも使えます。

サイズがいろいろあり、袋の大きさや枚数にあわせて選べるのもポイントです。
今回は「無印良品」の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」にあわせて使うので、使うサイズはSサイズ・Mサイズ・Mサイズ幅広タイプの3種類。

ケースの大きさはとてもコンパクトなので、袋を折りたたんで収納する必要があります。
袋が大きい場合は、ケースのサイズにあわせて何度か折って収納するのが取り出しやすくするコツです。

「無印良品」の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」

無印良品のポリプロピレンケース引出式深型
無印良品「ポリプロピレンケース・引出式・深型・ホワイトグレー」990円

「無印良品」で人気のある「ポリプロピレンケース・引出式」シリーズ。書類や小物などの収納に便利なコンパクトサイズの引き出しです。
サイズや引き出しの杯数にいくつかの種類があり、置きたい場所や収納したいものにあわせて必要な数だけ積み重ねてカスタマイズできます。

リーズナブルな価格で、気軽に購入しやすいのもメリット。
また、棚に入れたり、別売りのキャスターや滑り止めを付けて床に直置きしたりできるため、キッチンのさまざまな場所に引き出し収納をプラスできます。

そんな「ポリプロピレンケース・引出式」を「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」とあわせる場合は、「深型」タイプが好相性ですよ。

ゴミ袋を収納する前にチェックしておきたいポイント

「キッチン消耗品収納ケース」や「ポリプロピレンケース・引出式」を用意する前に、チェックしておきたいポイントについてお伝えします。

収納したい袋の種類をチェック

ゴミ袋やレジ袋など収納したい袋を並べて

100均「セリア」で「キッチン消耗品収納ケース」を購入する時は、まずどれだけの種類の袋を収納したいのかチェックしておきましょう。
自治体によっては指定のゴミ袋が複数ある場合もありますよね。

また、サイズ違いのゴミ袋をいくつか使っていたり、フリーザーバッグやポリ袋をたくさん持っている場合もあると思います。
収納したい袋の種類を確認し、それぞれのサイズやストックしておきたい枚数にあったケースを選びましょう。

どこに収納したいかをチェック

収納ラック内に収まったポリプロピレンケース

「ポリプロピレンケース・引出式」をどこに置くか考えておくのも大切。
積み重ねてチェストのように使えるので、何段か重ねてゴミ袋のほかストック食品やラップ類などとまとめて収納するのもおすすめです。

キッチンの収納ラックやシンク下のスペースに入れたり、別売りのキャスターや滑り止めを付けて床に直置きしたりと、いろいろな置き方ができますよ。
また、「ポリプロピレンケース・引出式」を設置する場所を考える時は、スムーズに取り出せるかどうかも意識しておきましょう。

頻繁に袋を取り出すなら、シンク下のドアを開けて引き出しを引いて……というアクションの多い収納場所よりも、オープンラックなどサッと引き出せる場所に置いておく方が便利です。
ゴミ箱に近い場所なら、ゴミ捨て時の袋の交換もスムーズですね。

100均「セリア」と「無印良品」のケースを使ってゴミ袋を収納する方法

それでは実際にゴミ袋やレジ袋などを収納していく手順を紹介します。

1.「キッチン消耗品収納ケース」を組み立てる

キッチン消耗品収納ケースを組み立てる

まずは100均「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」を組み立てていきます。折り目が付いているのでとっても簡単ですよ。

2.折りたたんだ袋をケースに収納する

袋を折りたたんでキッチン消耗品収納ケースに入れる

組み立てが完了したら、ゴミ袋やポリ袋などを収納していきましょう。
ケースのサイズにあわせて折り重ね、付属の中板をはさんでおきます。大きなゴミ袋の場合は、ジャバラ状に何度か折ると取り出しやすいです。

画像右側のレジ袋はそのままだとケースの横幅にあわないので、縦に一度細長く折ってから横に折り、ケースへ入れています。
1枚ずつスムーズに取り出せるように、袋の種類によって折りたたみ方をそれぞれ工夫するのがおすすめです。

3.「キッチン消耗品収納ケース」を「ポリプロピレンケース・引出式」に収める

ポリプロピレンケースにキッチン消耗品収納ケースを並べる

袋をケースに収納したら、「ポリプロピレンケース・引出式・深型」に並べていきます。
MサイズやMサイズ幅広タイプは縦に、Sサイズは横に収まります。

「ポリプロピレンケース・引出式・深型」の引き出しの内寸は横幅22cm、奥行き33.5cm、高さが14cmです。
「キッチン消耗品収納ケース」のS、Mサイズを立てた時の高さは12cmなのですっきり収まりますよ。
ケースを縦向きに並べていくと、Mサイズ2つとMサイズ幅広タイプ3つの組み合わせか、Mサイズ4つとMサイズ幅広タイプ2つの組み合わせがフィットします。

ここに、Sサイズを横向きにして2つ入れることができます。
収納したい袋の数や種類によって必要なケースの個数や大きさは異なるので、組み合わせを考えてみてくださいね。

4.わかりやすいようにラベリングしておく

ラベルをキッチン消耗品収納ケースに貼っていく

同じ見た目の袋がたくさんある時は、どれが何の袋かわかるようにラベリングしておきましょう。
ラベラーを使うほか、マスキングテープに手書きするのもおすすめです。

最後に「ポリプロピレンケース・引出式」をキッチンへ置いたら完成!

まとめ

いかがでしたか? 今回は、100均「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」と「無印良品」の「ポリプロピレンケース・引出式・深型」を使ったゴミ袋の収納方法を紹介しました。
それぞれを組み合わせることで、とても使いやすいゴミ袋収納を作ることができます。

キッチンのさまざまな場所に置きやすいので、今の収納にプラスして取り入れてみてはいかがでしょうか?
たくさんある袋をすっきり片付けて、いつでもサッと取り出せるようにしていきましょう。


ハナ

ライター

ハナ

インテリア・ライフスタイル専門ライター。大手インテリアショップでの勤務経験を活かし、暮らしを楽しく快適にするアイデアを執筆しています。ガーデニングや観葉植物についても研究中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事