カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【堀江】レトロ喫茶が変身!「喫茶と菓子タビノネ」で至福のソーダとパフェ

2021.10.27

【堀江】レトロ喫茶が変身!「喫茶と菓子タビノネ」で至福のソーダとパフェ

京都の人気コーヒースタンド「珈琲焙煎所 旅の音」が運営する、大阪・堀江のカフェ「喫茶と菓子 タビノネ」。かつて純喫茶として営業されていた空間を生かし、レトロと今らしさが程よくミックスした癒やしの店内でひと息つけます。グラデーションが楽しめるソーダと人気のパフェをご紹介!

タビノネの外観

「喫茶と菓子 タビノネ」があるのは、Osaka Metro「西大橋駅」や「四ツ橋駅」からすぐの北堀江エリア。堀江公園にも近く、のんびりお散歩しながら訪れたい、くつろぎの雰囲気に満ちた場所です。

レトロと今が交差するお店

タビノネの内装

ここは、もともと「ローストン」という純喫茶が長年営業していた場所。「タビノネ」のオーナーも通っていた昔ながらの喫茶店で、地域の人に愛されながら実直に育まれていたお店でした。

そんな都会の休息地であった喫茶店がいよいよ閉店すると聞きつけた「タビノネ」のオーナーが、そのままなくなってしまうのはもったいないと借り受けを決意。かつての意匠を残しながらモダンな雰囲気も取り入れ、レトロかわいい喫茶店「喫茶と菓子 タビノネ」としてリニューアルオープンを果たしました。

タビノネのカウンター席

カウンターや椅子などはなるべく「ローストン」時代のものを生かしつつ、壁紙や天井などは取り払って都会的な印象へ。ところどころに間接照明を設置し、ほどよい暗がりの中で落ち着けるようにと整えられました。

スペシャルティコーヒーをサイフォンで

店員さんがコーヒーを淹れている様子

“タビノネ”の名を持つお店は、現在京都に1店、大阪・中崎町に1店、そして北堀江に1店の合計3店舗。どのお店でもバリやミャンマーなどのコーヒー農園から直接仕入れた豆を焙煎し、スペシャルティコーヒーとして提供しています。

京都はハンドドリップ、中崎町はエスプレッソマシン、北堀江はサイフォンとそれぞれ淹れ方が異なるので、それぞれ飲み比べてみるのも楽しそうです。

色々な産地のコーヒー豆

北堀江のオリジナルブレンドは、グァテマラ産を中心にスペシャルティコーヒー4種類を配合した中深煎りの「蛍火(ほたるび)」。やわらかな口当たりと、プルーンのような甘味が楽しめます。

無添加カフェオレベース
「無添加カフェオレベース」(1,458円)

こちらは、ミャンマーの完熟豆を使用した「カフェオレベース」。香料不使用なので、完熟したコーヒーチェリーならではの華やかな香りが堪能できます。てんさい糖を加えてやさしい甘味に仕上げているので、水やミルクで希釈するだけでほんのりとした甘味が楽しめます。

色の変化が楽しめる「グラデーションソーダ」

グラデーションソーダ
「グラデーションソーダ」(680円)

同店でぜひオーダーしたいのは、シロップを後がけして色の変化を楽しむ「グラデーションソーダ」。ソーダの種類はチェリー、レモネード、メロン、ラムネ、季節限定の5つで、ここから2種類を選びます。今回はメインのシロップをメロンに、後がけシロップをチェリーでオーダーしました。

グラデーションソーダにシロップを注ぐ

キレイなグラデーションを作るにはゆっくり注ぐことが大事。グラスのふちに沿わせるように注ぐと、よりはっきりと色の変化が楽しめるのだそう。

完成したグラデーションソーダ

できました!
メロンのグリーンとチェリーのオレンジのコントラストが楽しく、写真映えもばっちりです! メロン&チェリーの味わいもまた新鮮で、しゅわしゅわの口当たりと相まってゴクゴク飲んでしまえるおいしさでした。

甘すぎないのがうれしいコーヒーゼリーパフェ

コーヒーゼリーパフェ
「タビノネのコーヒーゼリーパフェ」(900円)

スイーツなら、京都・大阪各店舗の共通メニュー「タビノネのコーヒーゼリーパフェ」がおすすめです。下からグラノーラ、バニラアイス、フランボワーズソース、ミルクプリン、コーヒーゼリーが重なり、焦がしたマシュマロとビスケットをオン。

コーヒーゼリーパフェをいただく様子

まずは各層を味わい、次に全部を混ぜ合わせてぱくり! ぷるぷるのコーヒーゼリー、やさしい甘さのミルクプリン、グラノーラのカリカリ食感など、いろんなおいしさが次々と顔を覗かせ、食べ飽きない楽しさがあります。最後は、マシュマロとビスケットもカップの中で混ぜ合わせていただきましょう!

ドーナツや焼き菓子をお土産に

焼きドーナツやコーヒー豆なども販売

お店を入ってすぐにある焼き菓子バイキングコーナーもチェックしておきたいところ。焼きドーナツを中心にコーヒー豆やウィークエンドシトロンなども並びます。

焼きドーナツ

焼きドーナツはプレーン、いちご、きなこ、抹茶の4種類。米粉入りのもちもち生地で甘さも控えめに仕上げています。

テイクアウト用ボックスに焼きドーナツを詰める

好きなパッケージやボックスを選んで、自分でパッケージできるのはなかなか楽しいです。自宅用にはもちろん、ちょっとした手土産にも良さそうですね。

ひと息つくのにぴったりの喫茶店

タビノネのウィンドウステッカー

ほかにも、季節限定のフルーツサンドやプリン、アフォガードなどもラインアップ。ちょっと小腹がすいた時にも立ち寄りたいです。

さらに、8月にオープンしたばかりの中崎店もぜひチェックを。クリームソーダやコーヒーゼリーパフェのほかナポリタンやオムライスなどのランチメニューも揃え、お腹も満足のおいしいひと時を叶えてくれます。

  • レトロ喫茶が大好き
  • 行きつけの喫茶店でホッとしたい
  • 写真映えにもこだわりたい!

という人にはとくにおすすめ。
「喫茶と菓子 タビノネ」で、おいしいお菓子とドリンクに癒やされませんか?

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「喫茶と菓子 タビノネ」

(キッサトカシ タビノネ)
住所
大阪府大阪市西区北堀江1-13-20
アクセス
Osaka Metro「西大橋駅」「四ツ橋駅」より徒歩5分
営業時間
10:00〜18:00(L.O.17:00)、 土日祝は〜19:00(L.O.18:00)
定休日
木曜
SNS

ライター

木村 桂子

大阪在住のフリーライター。観光情報をはじめ、インタビューやコピーライティングなどさまざまに執筆しています。カメラを片手に旅するのが好きで、その土地のローカル食をいただきつつ英気を養っています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事