カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【中之島】「graf(グラフ)」のお昼の定食とおやつに和んできた

2021.07.10

【中之島】「graf(グラフ)」のお昼の定食とおやつに和んできた

大阪・中之島にある「graf」は、暮らしがちょっと楽しくなる道具や、どんなインテリアにも馴染みそうな家具がずらり勢ぞろい。カフェスペースでいただく、ホッと心和むご飯やおやつも魅力です。そんな「graf」の、お昼の定食を中心にご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

graf外観

京阪「中之島駅」から徒歩8分、都会的な街並みを眺めながら歩いていると「graf」の建物が見えてきます。「graf」は大阪を拠点として活動するクリエイティブユニット。"暮らしのための構造"をテーマに据え、家具や照明などのインテリアをはじめ、空間やグラフィックのデザインなども行います。

心地よい空間で過ごす昼下がり

graf内観

周りには緑が生い茂り、まるで都会のオアシスのような、癒やしの雰囲気。ここだけゆっくり時が流れているようで、なんだかのんびりしてしまいます。

grafのショップスペース

ショップスペースには同社が手がけたプロダクトが販売されているほか、独自の審美眼でセレクトされたアイテムたちも購入可能。キッチングッズやパジャマ、チェアなど多彩なラインアップで、眺めているだけで楽しいです。

焼き菓子ショーケース

ショーケースには気になる焼き菓子もずらり。すべて自家製で、ワッフル、スコーン、ダックワーズサンドなど、いろんな国のおいしいものが並びます。

彩りもボリュームも大満足のお昼の定食

本日の定食

「graf kitchen」でぜひいただきたいのが、「本日の定食」(1,200円)。ご飯、お味噌汁、サラダ、メインディッシュがセットになった同店自慢のお昼ご飯で、これを目当てに訪れる人も多い人気メニューです。

定食のご飯
お米は「ミルキークイーン」を使用

ではさっそくご飯から。ほんのり色づいているのは5分づきにしているからで、栄養を残しながら日本のお米らしいモチモチ感も楽しめます。トッピングは、お味噌汁に使われる昆布を佃煮にしたもの。ご飯と一緒に食べれば、滋味深いおいしさに思わずホッ。

定食のサラダ
実はシェフのスペシャリテ

サラダに使う野菜は、直接取引のある生産者さんから仕入れた瑞々しいものばかり。合わせるドレッシングは、オリーブオイルと塩をベースに、季節のフルーツをプラスして酸味と甘味を補います。

「今日のフルーツは、はっさく、すもも、台湾パイナップルで季節を感じていただきます。サクッとした食感を演出するため、細かく切ったクッキーも入れました。食感、味が複雑に混ざり合う楽しさとともに、見た目の華やかさにも気を配っています」とシェフ。たしかに、香りも味わいも実にスペシャルなサラダでした。

grafのメインディッシュ
付け合わせの野菜も豪華!

メインはチキンの中華風南蛮漬け。鶏もも肉1枚をそのままじっくり揚げることで、やわらかくジューシーな食感をキープ。好き嫌いを問わない甘酸っぱいソースとも相まって、ご飯がどしどしすすむおいしさです。
付け合わせの野菜も、グリルにしたりラペにしたり煮込んだりとさまざまなバリエーションがあるので、「次はどんな味? どんな食感?」とわくわく。食べる楽しみを演出してくれるひと皿でした。(定食の提供時間は17時まで)

「graf studio」

(グラフ スタジオ)
住所
大阪府大阪市北区中之島4-1-9
アクセス
京阪「中之島駅」より徒歩8分
営業時間
11:30〜18:00
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業時間は随時変更します。
定休日
日・月曜(企画により不定休)
電話番号
SNS

木村 桂子

ライター

木村 桂子

大阪在住のフリーライター。観光情報をはじめ、インタビューやコピーライティングなどさまざまに執筆しています。カメラを片手に旅するのが好きで、その土地のローカル食をいただきつつ英気を養っています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事