カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
江戸時代のサステナブルな暮らしから学べること #11

2021.09.03

江戸時代のサステナブルな暮らしから学べること #11

ナチュラルライフ探求ライターmiaがお届けする「サステナブルな暮らし」。持続可能なコトやモノを大切にしながら、自分にも地球にも優しく暮らすためのヒントをお届けします。今回は江戸時代のサステナブルな暮らしから、今に生かせるアイデアを探してみます。(毎月第1・3金曜更新)

こんにちは、ナチュラルライフ探求ライターのmiaです。

持続可能な暮らし方のヒントをテーマにお届けする、連載コラム「やさしく、シンプル。サステナブルな暮らし」。

サステナブルと聞くとハードルが高そうに思えるかもしれませんが、実は日本では江戸時代にはそのモデルとなる暮らしが営まれていました。

当時の暮らしから、今の時代に生かせることはなにがあるのでしょうか。

リサイクルが当たり前!?

江戸時代サステナブル

「持続可能な生活」を表現するとき、よく用いられるのが江戸時代の暮らし。

リサイクルやリユースが生活に浸透していたためです。もちろん鎖国をしていて資源が限られていた背景もあったとはいえ、その徹底ぶりは驚くほどで、「無駄なものはなにもない」といわんばかり。物を捨てない工夫はシステムや、リサイクル技術にも表れています。その道のプロ、リサイクル職人がいたというのも興味深いです。

リサイクル・リユースの「献残屋(けんざんや)」「古着屋」

江戸時代は贈答社会とも言われ、さまざまな機会に贈答品が送られていました。そのため、それらを買い取り転売する「献残屋」という商売があったのです。

また着物を扱う古着屋さんも多く、新品は手が届かない人にとってはありがたい存在だったよう。また、着古したら布はおしめや雑巾にして最後まで使い切ったというのも徹底しています。

修理技術なら「焼継師(やきつぎし)」「鋳掛屋(いかけや)」

使っているものが壊れたら直すのが「当たり前」だった江戸時代。そのためのプロがたくさんいました。

瀬戸物や漆器を直す「焼継師」は当時人気の職業で、瀬戸物が長い間使われ続けるため、瀬戸物屋さんが減ったという話もあるほど。また当時鉄製の鍋や釜も貴重で、鋳物を直す「鋳掛屋」さんも重宝されたのです。

買取り屋さん

驚くべきは、さまざまな資源を集め買い取る専門家がいたということ。

例えば「紙くず買い」や「灰買い」、「すき髪買い」、「ロウソクの流れ買い」などです。なんと、近郊のトイレを回り排せつ物を集めて肥料にしたい農家に売るという仕事まであったそう! 何から何まで、という表現がしっくりきます。

思いやりの心ひとつ

江戸時代サステナブル

昔は人と人との距離が近かったため、人のことを自分ごととして捉えられる思いやりの心がベースにあったと思われます。

今、起きている問題の数々はもちろん私も含め、すぐさま生活に影響するようなものではないと考えがち。それは特に人との関わりの薄い都市部で起きやすい傾向とも言えます。

戦後から高度成長、バブル期を経て現在の使い捨て文化が当たり前になり、西洋から入ってきた競争社会という概念も定着してきました。「自分さえよければ」といったエゴは、周りを見えにくくさせていると言っても過言ではないのでしょう。

サステナブルな暮らしを取り戻すには、思いやりや「もったいない」精神が前提であった、江戸時代を見直すことがカギになるはずです。


ライター

榎田 京(mia)

ナチュラルライフ探求ライター/オーガニック料理ソムリエ。旅行誌の広告制作を経て、雑誌広告や編集ページのグルメ記事を主に担当。今は自然に沿った生き方を実践しつつ各媒体で執筆中。海のある暮らしに憧れています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事