カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
キャンプでコーヒーを楽しもう!抽出方法やおすすめ道具をピックアップ

2021.08.02

キャンプでコーヒーを楽しもう!抽出方法やおすすめ道具をピックアップ

近年のキャンプブームの中、休日にソロキャンプやグランピングを楽しむ人は多いのではないでしょうか。自然の中で過ごす時間は心が安らぎますよね。そんな魅力あるキャンプのお供に、コーヒーを選ぶ人も多いはず。今回は、アウトドアで楽しむコーヒーの飲み方について紹介します。

キャンプで至福のコーヒータイムを

コーヒーを味わう女性

日ごろの喧騒から解き放たれて、ゆっくり自然を感じたい。そんなとき、「キャンプが心の癒しになる」という人もいるのではないでしょうか。
また、キャンプに行ったことはないけれど、「美味しい空気をたっぷり吸ってみたい」と興味がある人も多いかもしれません。

そんなキャンプの魅力のひとつに、至福のコーヒータイムが挙げられます。
自然に囲まれながらコーヒーを飲む時間を想像すると、ほっこりとした気持ちになりませんか?

その一方で、「どうやって用意したら良いの?」と疑問が思い浮かぶかもしれません。

この記事では、キャンプでコーヒーを用意する方法や道具について紹介します。
すでにキャンプに魅了されている人はもちろん、これから始めてみたいという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

キャンプでコーヒーを用意する方法は?

自然に囲まれたキャンプ場の様子

キャンプでコーヒーを用意する方法はいくつかあり、この記事では4つの方法を紹介します。気軽に用意できるものから本格的なものまで、自分のスタイルに合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

1.インスタントコーヒー

3つのコーヒーカップ

コーヒーの粉を水やお湯で溶かすだけの、インスタントコーヒー。とても簡単に作れる上に、コーヒーの豆かすが出ないので後片付けの手間も省けます。これからキャンプに挑戦してみようという人は、まずはインスタントコーヒーから始めてみてはいかがでしょうか。インスタントコーヒーは瓶入りやスティックタイプなどがありますが、持ち運びにはスティックタイプが便利です。グループでキャンプに行くときにも、バリエーション豊かなスティックタイプのコーヒーが役立ちそうですね。

火を起こす予定がない場合は、お湯を入れた保温ポットを持参して現地で用意する方法もあります。その際はポットにカバーやタオルを巻いて、少しでもお湯の温度が落ちないように工夫しましょう。

2.ドリップバッグ

ドリップバッグでコーヒーをいれる様子

キャンプで気軽にコーヒーを用意する方法として、ドリップバッグもおすすめです。ドリッパーを使ったハンドドリップよりも道具が少なく済むので、持ち物の量を抑えやすいのがメリット。カップにドリップバッグをセットして、お湯を注ぐだけで美味しいコーヒーが楽しめます。

お湯は保温ポットに入れて持って行くか、ケトルを持参してお湯を沸かす方法などがあります。キャンプで使う火器には、持ち運びに便利なシングルバーナーやアウトドア用のカセットコンロなどがありますよ。


【おすすめシングルバーナー・カセットコンロ】

プリムスのアウトドア用シングルバーナー
www.amazon.co.jp
PRIMUS(プリムス) P-TRS エッセンシャル トレイルストーブ 登山・アウトドア用 シングルバーナー
PRIMUS(プリムス)
5,280円(税込)
イワタニのアウトドア向けカセットコンロ
www.amazon.co.jp
イワタニ カセットコンロ タフまるJr. 日本製 ダッチオーブン 使用可 カーキ
Iwatani(イワタニ)
7,600円(税込)

次にドリップコーヒーを淹れるときに必要な道具をご紹介します。


ライター

ksm.

コーヒーと自然好きのフリーライターです。元バリスタ。心ここにある暮らしを求めて、ライフスタイルや健康に関する学びを深めています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事