カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【摂津】「Men(メン)」爽やかなクリームとフルーツを味わうマリトッツォ

2021.05.15

【摂津】「Men(メン)」爽やかなクリームとフルーツを味わうマリトッツォ

JR京都線「千里丘駅」から徒歩2分のところに、地元の人気イタリアンの姉妹店として2019年5月にオープンした「Men(メン)」。パスタやサンドイッチの軽食メニューのほか、自慢のコーヒーと合わせて頂きたい今話題のスイーツ、マリトッツォもおすすめ!

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「Men(メン)」は、同じ千里丘で人気のイタリアンのお店「石窯料理とアンティーク Cotton(コットン)」の姉妹店として、2019年5月にオープンしました。
美味しいオリジナルブレンドのコーヒーなどのドリンクと共に、パスタやサンドイッチの軽食メニューや、おやつにぴったりなマフィンなどの焼き菓子や今話題のスイーツパン、マリトッツォも頂けますよ!

menの外観

最寄り駅から徒歩2分とアクセスも良く、イートインでも、テイクアウトでも気軽に利用できる使い勝手の良さも魅力です。

クリームたっぷりの甘い幸せに包まれる!イタリア生まれの話題の“マリトッツォ”

menの季節フルーツマリトッツォ

甘いリッチなブリオッシュに溢れんばかりの生クリームをサンドしたマリトッツォはイタリア・ローマ生まれのスイーツパン。今や多くのカフェやパティスリー、パン屋さんなどでメニュー入りしている人気ぶりですよね!

同店には、昨年から無花果やメロン、柿など季節のフレッシュなフルーツをトッピングしたマリトッツォが並んでいます。

men苺のマリトッツォ
「季節のフルーツマリトッツォ(苺)」(イートイン440円/テイクアウト432円)

「季節のフルーツマリトッツォ」の甘いブリオッシュパンはサイズは大きめですが、やわらかくてふわふわの軽い食感。たっぷり詰められたクリームは、口いっぱいに頬張ってもシュワッと爽やかに溶けていくような、軽い口当たりです。

こちらのクリームは、独自のレシピで隠し味を加えて、少し酸味のある後味さっぱりとした仕上がりに。みずみずしいフルーツとの相性も良く、他とは違うクセになりそうな爽やかな味わい、その隠し味の正解は……ぜひ実際のお味で確かめてみて!
どことなく懐かしく、昔から食べていたような親しみも感じる、優しい甘さのパンとクリームの味わいは子供にも大人にもきっと愛される味です。

menの苺のフルーツマリトッツォ
トッピングだけでなく、クリームの中からもフルーツがごろっと現れるのが嬉しいサプライズ♪

冬から春にかけて登場する、見た目も可愛らしい苺はやっぱり人気! SNSでもたちまち話題となり、あっという間に売り切れてしまうことも。
フルーツは季節や日によっても変わることがあるので、気になる方やお取り置きなどについては事前にお問い合わせを。

彩り鮮やかなコントラストに魅了される、こだわりの野菜と具材のボリュームサンド

men 人気のおかずサンド

人気者のマリトッツォの他にも、新鮮な野菜やこだわりの具材をたっぷりサンドしたボリュームサンドも並んでいます。

menの自家製鶏ハムと卵のサンドイッチ
「自家製鶏ハムとアボカドのサンド」(イートイン440円/テイクアウト432円)

ヘルシーで鮮やかな彩りに、見た目も楽しませてくれる「自家製鶏ハムとアボカドのサンド」。丁寧にカットされたひとつひとつの具材が、もちもちの食パンの隙間を埋めてぎっしりとサンドされています。
厚みのあるふんわりとやわらかい自家製の鶏ハムに、シャキシャキの紫キャベツ、なめらかな味わいのアボカド、しっとりと締めるゆで卵まで、絶妙なバランスで組み立てられたサンド。その味と食感の一体を余すことなく美味しく頂けます。ふわりと薫るバジルのアクセントも、味わいの良さを引き立ててくれます。

menの出汁巻き玉子サンド
「出汁巻サンド」(イートイン385円/テイクアウト378円)

分厚い出汁巻き玉子をサンドした「出汁巻サンド」は、スタッフの間でも人気のある、オススメのひと品だそう。シンプルですが、手作りの分厚い出汁巻き玉子は、ほかの彩り豊かなボリュームサンドと並んでいても目を引かれます。
余計な味付けを加えず、やさしいお出汁がじわりと沁みたマイルドな味わいと食感は、ほんのり甘くふんわりもちもちの食パンとマッチします。

men 厚切りベーコンとマッシュルームモッツァレラサンド
「厚切りベーコンのモッツァレラサンド」(イートイン495円/テイクアウト486円)

「厚切りベーコンのモッツァレラサンド」は、サクッと歯切れの良いセミハードのパンに分厚いベーコン、マッシュルーム、モッツァレラチーズがたっぷり。
ソテーされたマッシュルームの風味とオリーブオイルの香り、ジューシーなベーコンに、トロッととろけるチーズが絡まり、口の中いっぱいに旨味が溢れます。食欲もしっかりと満たしてくれる、食べごたえのあるホットサンドです。
イートインでは温めて提供してくれますが、テイクアウトした時も、ぜひ温め直してから頂いてくださいね!

選りすぐりの農家さんの新鮮な野菜やフルーツを仕入れ、パンは吹田市にある、世界大会優勝の経験をもつ凄腕シェフのパン屋さん、「Mille Village(ミル・ヴィラージュ)」の特製のものを使っています。こだわりが詰まった自信作のサンドイッチの数々を、じっくり味わってみてください。

ランチにもカフェにも。大人のナチュラル空間でのんびり

menのアンティーク調の店内
落ち着いた照明やドライフラワーなどでナチュラルかつお洒落に演出された店内

外観も店内も落ち着いたトーンで統一され、一人でも利用しやすい雰囲気。また、サンドイッチやマリトッツォは個包装されてレジカウンター前の冷蔵ケースに並んでいるので、サッとテイクアウトできる手軽さも嬉しいですね。

menの野菜たっぷりわんぱくサンド
ランチセットでも頂けるボリュームサンド
menの苺のフルーツマリトッツォ
冷蔵ケースに並ぶ、圧巻のフルーツマリトッツォ!

ランチタイムにはサンドイッチかパスタがメインになったランチセットが頂けます。サラダ、ドリンク、マフィンなどその日の手作りスイーツもセットになった充実のメニューです。

menのランチパスタセットメニュー
日替わりパスタのメニューは黒板を確認

パスタは日替わり2種類からお好きなほうをチョイス。特に、お肉たっぷりの濃厚ソースにマスカルポーネをトッピングした「ボロネーゼ」は姉妹店「Cotton」でも人気のメニューなんだとか。

menのオリジナルブレンドコーヒー

京都の「DRIP&DROP COFFEE SUPPLY(ドリップ&ドロップコーヒーサプライ)」のコーヒー豆を使った同店オリジナルブレンドは、程よく苦味があり、後味はすっきりしていてサンドイッチにも、マリトッツォなどおやつのお供にもぴったり。
店頭ではコーヒ豆やドリップバッグも販売されています。焼き菓子とセットになったギフトセットなども対応してくれるので贈り物にもぜひ。

地元の街の新たなコミュニティ空間の役割を担う

「カフェのみならず幅広い目的で利用していただける、千里丘の新しいコミュニティ空間として、地域の方々に愛されるお店にしたい」と、カフェとしての営業のほか、イベントの企画やワークショップ等、お洒落なインテリア空間を活かしたレンタルスペースなどとしても積極的に活用されています。
様々な作家さんのアクセサリーや手作り小物など、素敵なアイテムや美味しいおやつを集めたイベントも定期的に開催され、毎回好評なのだとか。

menの店内白い壁
白い壁に描かれているのはお店の外観

「Men」というお店の名前は、一見すると“男性”という意味かな?と思えますが、こちらは“綿(めん)”にちなんだ名前なのだそう。姉妹店の名前も“コットン(=綿)”。オーナーさんのかつてのあだ名が元になっているそうなのですが、温みのある白のやわらかなイメージが、お店の雰囲気にもぴったりです。
人と、物と、美味しいものを繋ぐ「Men」で、ナチュラルな居心地の良さに触れて、ホッとひと息つける午後を過ごしませんか。

menコットンののれん

まとめ

お店やスタッフの方たちの温かくて親しみやすい雰囲気に、ほっこりと癒されるお店です。
オープン時間には、マリトッツォを求めて老若男女続々とお客さんが訪れることも。マリトッツォがお目当ての方は、事前にお問い合わせするか、ぜひ早めに訪れてみてくださいね。

  • お洒落空間のカフェでのんびり過ごしたい
  • トレンドグルメに目がない
  • お洒落なクラフトイベントやワークショップなどに興味がある

そんな方にオススメです!

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「Men」

(メン)
住所
大阪府摂津市千里丘1-4-6-102
アクセス
JR京都線「千里丘駅」より徒歩2分
阪急京都線「摂津市駅」より徒歩10分
営業時間
11:30〜17:00
定休日
不定休
電話番号
SNS

ライター

サカグチアカリ(MINLY)

パン、カフェ、おでかけ好き。大阪を中心に、おいしいパンを求めて日々小さな旅に駆け回っています。生まれも育ちも堺っ子。

このライターの記事をもっと読む

関連記事