カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
【四ツ橋】本場のベルギーワッフルを食べるなら「ハピェ」に決まり!

2021.04.10

【四ツ橋】本場のベルギーワッフルを食べるなら「ハピェ」に決まり!

「本物のベルギーワッフルを食べてもらいたい」とベルギー人の店主が営む「HAPJE(ハピェ)」。店内で一つ一つ焼くこだわりのワッフルの上に、フルーツやアイスクリームをトッピングする本場ベルギースタイルで召し上がれ! 

ワッフルを持った小便小僧が目印のお店

ハピェの外観

場所はOsaka Metro「四ツ橋駅」の3番出口を出て南にすぐ。ベルギーの首都ブリュッセルの名物、小便小僧が出迎えてくれます。ワッフルを手に持った姿が愛らしい! 

ハピェの店内

2016年にオープンしたこのお店は、「ここにしかないワッフルが食べられる」と女性を中心に人気を集めています。ベルギー人の店主ハンセンスさんが「日本のベルギーワッフルを色々食べてみたけれど、慣れ親しんだ味のものはなかった。本当に美味しいベルギーワッフルを日本でも味わってもらいたい」という思いで始められたそうです。

ハピェのキッズスペース
店内にはキッズスペースもあります

これがブリュッセルワッフル!

ブリュッセルワッフル
そのまま食べても美味しい「ブリュッセルワッフル」(600円)

ベルギーにはワッフルが10種類以上あるそうで、中でもメインの1つがこの四角い「ブリュッセルワッフル」(600円)
縦11cm、横16cmの長方形で、外はサクサク、中はフワフワの軽い食べ心地が特徴です。「ワッフルの味はバターで決まる」というこだわりで、生地にはフランス産の発酵バターを使用。香ばしく、奥深い味わいを楽しむことができます。

ブリュッセルワッフルのアップ

そして本場ベルギーでは、ワッフルの上にフルーツやアイスクリームをトッピングして食べるのが主流。お店でもこのベルギースタイルを楽しめるようになっています。
トッピングの種類は、
・ホイップクリーム
・フルーツ(季節のフルーツ)
・アイスクリーム(6種類)
・チョコレートソース(4種類)
フルーツは季節によって種類が変わり、アイスクリームとチョコレートソースはベルギー産というこだわりです。

ストロベリーワッフル
「ストロベリー」(1,600円)

こちらは4月末まで楽しめる「ストロベリー」(1,600円)。ワッフルの上にいちごが並び、中央には大きなアイスクリームが! その上に、チョコレートソースがたっぷりかかっています。アイスクリームとチョコレートソースは好きな種類を選ぶことができますよ。

ストロベリーワッフルのアイスアップ
写真映えばっちりな佇まい!

ワッフル生地のサクサク食感が失われないうちに味わいたいので、写真を撮り終えたら早めにいただきましょう! まずは、生地だけを味わってみて。

アイスクリームは、「バニラ」「チョコレート」「シナモンクッキー」「ヘーゼルナッツ」「ストロベリー」「エスプレッソ」の6種類から選ぶことができます。
「ベルギーでは定番の味」と言うベルギーメーカーのものを使っており、日本のアイスクリームとは一味違う、とても濃厚でコクのある味です。お客様からも「ワッフルを目当てに来たけれど、アイスが本当に美味しい」と言う声をいただくんだそう。

ストロベリーワッフルのチョコアップ
アイスクリームの上でパリパリに固まったチョコレートソースもたまらない

全体にまんべんなくかけられたチョコレートソースも、もちろんベルギー産です。甘い「ホワイト」、フルーティな「ルビー」、人気の「ミルク」、大人の苦味も楽しめる「ダーク」の4種類から選ぶことができます。アイスの上の部分は冷えて固まりパリパリに。その他はトロリとして、2つの食感を楽しむことができます。

一見「全部食べられるかな」と思うかもしれませんが、ワッフル自体に甘味はなく、とても軽いのでペロリといただけますよ! 

カスタマイズできる濃厚チョコレートミルク

チョコレートミルク
「チョコレートミルク+マシュマロトッピング」(700円)

ベルギーといえばチョコレートも欠かせないですよね。お店では、ベルギーの老舗チョコレートメーカー、カレボー社のものを取り扱っているので本場のチョコレートも楽しめるんです! 
ホットもアイスも美味しい「チョコレートミルク」(600円)は、濃厚なチョコレートドリンク。「豆から選んで味わうコーヒーのように楽しんで欲しい」と、チョコレートの種類はなんと16種類。甘いものから苦味があるものまで、好みの味を選ぶことができます。その上ミルクの種類やトッピングなどもカスタマイズできるので、全部で100種類以上の組み合わせがあるんだとか! 迷ったらスタッフの方に相談してみてくださいね。

チョコレートミルクのアップ
単一品種のシングルオリジンはチョコレートの特徴がわかりやすいのでおすすめ

テイクアウトしたいリエージュワッフル

リエージュワッフル
「リエージュワッフル(オリジナル)」(300円)

そして皆さんが「ワッフル」と聞いてはじめに思い浮かべる「リエージュワッフル」(300〜350円)もベルギーワッフルの主流のひとつ。こちらはテイクアウトのみの取り扱いです。
「納得がいかないものは出せない」と試行錯誤しながら本場の味を追い求め、オープンから4年が経った昨年の夏、満を辞して登場したこだわりの一品です! 

テイクアウト用リエージュワッフル
オリジナルの可愛いBOXか袋に入れてくれます

種類は4つで、バニラがたっぷり入った一番人気の「オリジナル」と、「チョコレート」「抹茶」「紅茶」があります。焼いても溶けない大粒のパールシュガーが、シャリっとした食感のアクセント。発酵バターの香りの高さも存分に楽しむことができます。
ドリンクも合わせてテイクアウト可能なので、食べ歩きやピクニック用のおやつにもおすすめです♪

最後に

ハピェの物販スペース
ベルギー産のチョコレートやコーヒー豆も購入できます

「旅行に行けない時だからこそ、ここにきてベルギーの美味しさを体感して欲しい」と店主のハンセンスさん。

  • ワッフルが好き
  • 本場のベルギーワッフルを食べてみたい
  • 海外旅行気分を味わいたい

という方にオススメです!ぜひ本場のベルギーワッフルを堪能してください♪

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「HAPJE」

(ハピェ)
住所
大阪府大阪市西区北堀江1-1-25
アクセス
Osaka Metro四つ橋線 「四ツ橋駅」の3番出口すぐ
営業時間
11:00~19:00(L.O.18:45)
定休日
月曜(祝日の場合は営業)
電話番号
SNS

太田 かおり

ライター

太田 かおり

大阪在住のフリーライター。カフェ、スイーツ、クッキー缶、写真がすき。日々おいしいものにアンテナを立てている「食い意地ハリニスト」です。テーブルコーディネートと、おうちカフェも楽しんでいます。

このライターの記事をもっと読む

関連記事