カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【南森町】旬のフルーツが主役!断面美も楽しめる「フルーツ大福まる姫」

2021.02.20

【南森町】旬のフルーツが主役!断面美も楽しめる「フルーツ大福まる姫」

「フルーツ大福まる姫」は、南森町に2020年12月にオープンしたフルーツ大福のテイクアウト専門店。旬のフルーツを丸ごと包んだ大福は、断面がフォトジェニックだと早くもSNSで注目を集めています。カロリーが気になる方にもぴったり、ヘルシーなフルーツ大福をご賞味あれ!

「フルーツ大福まる姫」は、JR「大阪天満宮駅」から徒歩2分、Osaka Metro「南森町駅」からすぐ、天神橋筋商店街の1本西の通り、天神橋筋に面した場所にあります。和風モダンな外観に、赤いロゴの入った暖簾が目印です。

まる姫の外観

“まる姫”という名前の“まる”は大福のように包み込むこと、“姫”は女性の笑顔を表していて、「フルーツ大福で女性たちを笑顔にしたい」という思いが込められています。自分へのご褒美や手土産として購入するお客さんが多く、混雑時には店の外まで列ができるほど! ヘルシーなお持ち帰りスイーツとして早くも人気を集めています。

お店で包む作りたてのフルーツ大福

まる姫の内観

まる姫の商品

店内に入ると、モルタル調のシンプルなカウンターに並べられたカラフルな大福(サンプル)に目を奪われます。メニューは全部で11種類。「いちご」(580円)「キウイ」(640円)など通年販売しているものと、「りんご」(440円)「ラフランス」(480円)など季節限定のものがあります。
フルーツの時期や仕入れによってラインアップや価格が変わるので、お店で確認してくださいね。注文はカウンターで店員さんに伝える対面販売です。

まる姫のスタッフ

カウンターの奥に見えるのは、スタッフの方が工房で大福を包む姿。そう、大福はお店で一つずつ手包みしているんです。いつでも作りたての美味しさを味わえることも魅力のひとつ。丁寧に作業する様子に、注文している間も期待がふくらみます。

看板メニューは「いちご」

まる姫のいちご

お店の人気No.1は「いちご」(580円)。フルーツの品種はその時期に一番美味しいものを厳選するそうで、取材時の1月は福岡県産の「あまおう」が使われていました。
訪れるお客さんの多くが「いちご」を一番に選ぶのだとか。やっぱりいちご大福は欠かせない定番商品ですよね♪

まる姫のいちごカット

カットするとよく分かる皮の薄さと、いちごの存在感。いちご本来の美味しさを味わいながら、口の中で上品な甘さの薄皮がフワッと溶けていきます。後味がさっぱりして軽いので何個でも食べてしまいそう!

厳選素材で作られたヘルシーなスイーツ

まる姫のいちごアップ

「フルーツ大福まる姫」の大福の特徴はフルーツの美味しさをより引き立てている、この求肥と餡の薄さ。
甘さを抑えた求肥は、1ミリという薄さにこだわることで「おもち感」を減らし、口の中に最後まで残ることなく、フルーツや餡と同時に溶けるようになっています。

まる姫のみかん大福
同店人気No.2の「みかん」(520円)。丸ごと包まれたみかんはジューシーそのもの

餡の材料は、白インゲン豆と砂糖。水あめや添加物は使わず、豆本来の風味が感じられる上品な白餡です。できる限り水分量を抑えていることが、少量でもしっかり味がするポイント。

まる姫のマスカット
同店人気No.3の「シャインマスカット」(520円)。一口で食べられるサイズが人気

主役のフルーツは全国各地から旬のものを仕入れています。中でも糖度に注目し、同じ種類のフルーツでも糖度が高いものを厳選して使用。高級なフルーツが贅沢に使われています。

求肥、白餡、フルーツとシンプルな材料だからこそ、素材にこだわり、絶妙なバランスを実現しています。添加物や保存料を使っていないため、安心して食べられるのも嬉しいポイント。しかも「いちご」は180キロカロリーと、ショートケーキと比べるとカロリーが半分ほどともいわれていてヘルシーなスイーツなんです! 

店長のオススメは「安納芋やきいも」

まる姫の安納芋

店長さんがおすすめしてくれたのは密かな人気を集めている「安納芋やきいも」(580円)。え!?フルーツじゃない!?と思ってしまいましたが、一口食べれば納得。

まる姫の安納芋カット

五島列島から直接仕入れているというオーガニックの安納芋のやきいもは、糖度が50度を超えるものもあり、まるでスイートポテトのようなコクのある、ねっとりとした甘さ。シャリッとした食感が特徴です。ずっしり重いのに、あっという間に食べてしまうのが不思議。

他にも「フルーツ大福はお酒と相性が良いんです」と意外な楽しみ方を教えてくれました。これは試してみたいですね! 

専用の紐で断面美を楽しんで

まる姫の紐

食べるだけでなく、フルーツ大福のもう一つの楽しみ方が“断面美”! 「せっかくなら綺麗にカットして写真を撮りたい」という願望もお任せあれ。購入するともらえる専用の紐を使えば、簡単に楽しく切れちゃうんです。

まる姫の芋と紐

まる姫の芋カット

使い方は、大福の下に紐を通して真ん中で交差し、ゆっくり引っ張るだけ。フルーツが丸々一つ入っているからこそ味わえる、美しい断面が気軽に楽しめます。家族や友人と、誰が一番うまくカットできるかを競い合うのも楽しそう♪

最後に

オフィス街なので、混雑する時間帯は平日の昼休みや17時台。商品が売り切れることもあるので、午前中の来店や予約がオススメです。

  • フルーツが大好き
  • ヘルシーなスイーツが食べたい
  • フォトジェニックな断面美を楽しみたい!

そんな方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。
※価格はフルーツの仕入れ時期により変動があります。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「フルーツ大福まる姫」

(フルーツダイフクマルヒメ)
住所
大阪府大阪市北区南森町2-1-21 SK TRUST BLD1階
アクセス
JR「大阪天満宮駅」より徒歩2分、Osaka Metro「南森町駅」より徒歩1分
営業時間
9:00〜19:00
定休日
無休
電話番号
SNS

太田 かおり

ライター

太田 かおり

大阪在住のフリーライター。カフェ、スイーツ、クッキー缶、写真がすき。日々おいしいものにアンテナを立てている「食い意地ハリニスト」です。テーブルコーディネートと、おうちカフェも楽しんでいます。

このライターの記事をもっと読む

関連記事