カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
【梅田】『KAMIYAMA lobby』でいただく大人のためのオムライス&デザート

2021.01.25

【梅田】『KAMIYAMA lobby』でいただく大人のためのオムライス&デザート

Osaka Metro「東梅田駅」から徒歩5分ほどにある『KAMIYAMA lobby(神山ロビー)』は、卵料理にこだわるオールデイ ロビーレストラン&カフェ。ホテルロビーライクの抜け感ある雰囲気がとってもすてきなお店です。大人がよろこぶ工夫に満ちた、オムライスとデザートをご紹介します。

Osaka Metro「東梅田駅」からホワイティ梅田・泉の広場へ向かい、地上に出て扇町方面に歩いていると見えてくる『KAMIYAMA lobby』。外観はガラス張りで、まるでショールームのような、スタイリッシュな雰囲気に満ちています。

KAMIYAMA lobbyの入り口
ホテルのエントランスのような入り口にワクワク!

卵、チキン、バナナ、コーヒーをとことん見つめる

KAMIYAMA lobbyの内観
天井がぐっと高いスタイリッシュな店内

『KAMIYAMA lobby』でいただけるのは、卵とチキンとバナナとコーヒーという、4つの素材にとことんこだわったフードとスイーツ、ドリンクたち。
卵はすべて、普通の卵の30倍のビタミンEを誇る兵庫県産の「日本一こだわり卵」を使用。チキンは農薬ゼロの飼料で育った徳島県産の「神山鶏」、バナナは無農薬で作られた鹿児島県産の「神バナナ」、コーヒーは京都の『小川珈琲』がブレンドした卵料理にぴったりのスペシャルティコーヒーと、一つひとつ吟味されたものばかりです。

KAMIYAMA lobbyのスタッフさん

スタッフさんは、そんなこだわりの食材を扱う研究者、というイメージで白衣を着用。開放的な空間にモダンな内装と近未来的な照明、さらに白衣姿の研究者という異世界感たっぷりの光景で、訪れた瞬間に目を楽しませてくれます。

調度品など
調度品や食器たちも一つひとつ抜かりありません

まずは定番の「ヲムライス」を

ヲムライス
「ヲムライス」(1,200円)

『KAMIYAMA lobby』でぜひいただきたいのが、オムライスならぬ「ヲムライス」。大正時代に日本ではじめてオムライスを作ったといわれるレストランに倣い、焼いた卵を巻くのではなく、卵かけご飯のように混ぜ合わせて作るレシピを採用しています。そのレトロな雰囲気を、「ヲムライス」という名前や、ビンテージステンのお皿にも込めたのだとか。

付け合わせのガリ
付け合わせは、なんとガリ!

具材は神山鶏の挽き肉のみというシンプルさ。神山鶏の鶏ガラで仕立てた、ブイヨンベースのデミグラスソースでいただきます。

ヲムライスを食べる

焦げ目がつかないぐらいの火加減で焼かれているので、中はとろりと半熟状態。卵とデミグラスソースが溶け合い、豊かな風味を演出します。甘酸っぱくすっきりとしたガリがいいアクセントで、ちょいちょいつまみながらスプーンがどんどん進んでしまいます。

「カフェラテ」でホッとひと息

カフェラテ
「カフェラテ」(600円)

コーヒーは、ブラジルのベレーダ農園とグアテマラのプロビデンシアウノ農園、エチオピアのタデGG農園のコーヒー豆を、ドリップとエスプレッソそれぞれに合うようにブレンド。
「カフェラテ」は、すっきりとした風味とミルクのまろやかなコクが楽しめ、飽きのこないおいしさです。

5種類以上のスイーツがのった「プリン ア・ラ・モード」

プリンアラモード
「プリン ア・ラ・モード」(1,800円)《冬仕様》

そんなコーヒーに合わせたいのが、テーブルに届いた瞬間思わず「わぁっ」と声をあげてしまった、こちらの「プリン ア・ラ・モード」。プリンにアイスにバナナにミルフィーユにクッキーに……おいしそうなものがこぼれんばかりに盛られ、ほれぼれするルックスです。

プリンアラモード横から
ちょこんとのったいちごの雪だるまくんもかわいい

アイス、プリン、バナナのスイーツは定番で、クッキーやミルフィーユ、フルーツは季節によって変化。もちろんすべて自家製です。

プリンアラモードを食べる

鹿児島県産の「神バナナ」は縦半分にカットして、一方はきび砂糖を振ってキャラメリゼに、一方はチョコレートソースをオン。その上に季節のフルーツ、今回はいちごをトッピングしています。
フレッシュなバナナのみずみずしさと、ほろ苦キャラメリゼ&濃厚チョコソースとのハーモニーを両方楽しめるバナナのスイーツ。シンプルながら、こんなおいしい食べ方があったんだ!と思わせてくれます。

こだわりのプリン

「日本一こだわり卵」を使ってつくられたプリンはねっとり濃厚で、卵のまろやかな風味とバニラのやさしい香りがふわり。甘さ控えめなので、「プリン ア・ラ・モード」のいろんなスイーツとも好相性です。

神山プリン
「神山プリン」各500円

こちらのプリンは、「神山プリン」としてテイクアウトにも対応。「プリン ア・ラ・モード」と同じ味わいの、バニラ香る「こどもプリン」と、洋梨のブランデー・オードヴィを加えてより芳醇な香りをまとった「おとなプリン」の2種類があります。
「こどもプリン」とはいえ、すっきりとした甘味で後ひくおいしさ。一方「おとなプリン」は、プリンというよりも贅沢なムースのような奥深い味わいで、頬張るごとに口福が訪れます。

ゆとりある空間でおいしいひと時を提供

KAMIYAMA lobbyの全景

一つひとつの素材を大切にお料理やデザートを仕立てる『KAMIYAMA lobby』。スタッフさんも皆さん丁寧におもてなししてくれ、気持ちのよい時間を過ごせます。
今回フードメニューは「ヲムライス」のみを紹介しましたが、神山鶏の鶏ガラを使用した「神山カレー」「だし巻きカツサンド」「神山鶏のフライドチキン」など、ほかにもこだわりのメニューがたくさんそろっています。

  • 卵料理や鶏料理に目がない!
  • おいしいデザートが大好き
  • 梅田近辺ですてきな打ち合わせ場所を探している

そんな人にはぜひおすすめ。神山町全体のロビーのような、明るく開放的なこのお店へ訪れてみてください。

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

『KAMIYAMA lobby』

(カミヤマロビー)
住所
大阪府大阪市北区神山町2-5
アクセス
Osaka Metro谷町線「中崎町駅」、堺筋線「扇町駅」より徒歩6分
Osaka Metro谷町線「東梅田駅」より徒歩7分
営業時間
10:00〜22:00(L.O.21:00)
※新型コロナウイルス感染症感染拡大対策のため現在は10:00〜19:30(L.O.19:00)で時短営業中
定休日
水曜
電話番号
SNS

木村 桂子

ライター

木村 桂子

大阪在住のフリーライター。観光情報をはじめ、インタビューやコピーライティングなどさまざまに執筆しています。カメラを片手に旅するのが好きで、その土地のローカル食をいただきつつ英気を養っています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事