カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
クリスマスまでに!短期間で彼氏をつくる方法&片思いを実らせる方法

2020.11.01

クリスマスまでに!短期間で彼氏をつくる方法&片思いを実らせる方法

街中がカップルで賑わうクリスマスが近づくと、ひとりで過ごしたくなくて、彼氏が欲しくなる女性は多いはず。できることならクリスマスまでに彼氏が欲しい、片思いを実らせたいと考えているみなさんのために、恋のラストスパートをかける方法を伝授します!

クリスマスまでに彼氏をつくるには、未来の彼氏になる人物を見つけるか、現在進行中の片思いを実らせるかの二択。自分の状況に合わせて、どちらのルートで彼氏をつくるか決めましょう。イベントシーズンは、多くの人が寂しさを感じるため、告白を受け入れてもらえる絶好のチャンス。この機会をぜひモノにしたいですよね!

クリスマスが近づくと彼氏がほしくなる理由

毎年クリスマスが近づくと、「彼氏ほしい!」と口癖のように呟いてしまう人も少なくはないのでは。周囲でも恋人が欲しいオーラを発する人が増えますから、そのオーラについ飲まれてしまうこともよくあります。
またやはり街がクリスマスモードに装飾され始めると、カップルも増えてきます。イルミネーションを見つめる幸せそうなカップルを見ると、彼氏と過ごすクリスマスへの憧れとなるのかもしれません。

クリスマスまでに彼氏をつくる方法4つ

まずは特定の男性がいない人向けに、クリスマスまでに彼氏をつくる方法をご紹介します。
とりあえず動くこと。それが彼氏をつくるためのポイントです!

【1】出会いをつくる

集まる人々

まずは将来の彼氏候補となる男性と出会わなければ仕方ありません。とにかく合コンやパーティーには積極的に参加して、ステキな出会いを掴みましょう。たくさんの人と出会うことが、彼氏をつくるための近道です。
そしてとにかくスピード勝負なら、選り好みしすぎないことも大切。自分にとって譲れないポイントをクリアしている人を見つけたら、「でも○○なところがイヤだし」などと言い訳せずに、とりあえず恋人候補のひとりとしましょう。

【2】共感できる話題を選ぶ

会話中

出会った人と早く仲良くなるには、自分の意見をズバズバ言うよりも、相手の意見に共感するのが効果的。自分がどんな人間かをアピールしていくのは、後からだってできること。まずは、相手に気持ちよく話をさせてあげることを優先してみてください。
もちろん自分に嘘をつく必要はありません。もしあまり賛同できない話になったなら、「あなたはそういう考えなんだ」と一度意見を受け入れ、話を変えると理解してくれているという印象を抱かせることができるでしょう。

【3】早い段階から恋愛感情を匂わせる

ハートの影

スピード勝負の彼氏づくりでは、出会いの段階から、女性らしさを醸し出し、異性として意識させることが大切です。相手に対して異性を感じれば、多くの男性は恋愛対象としてあなたを見ますから、発展もスムーズになります。しぐさはとにかく上品に、自分が思う「かわいい女の子」を徹底的に演じましょう。
また賛否両論あるボディタッチですが、短期決戦ではナチュラルに活用していきましょう。大胆に恋心を匂わせるのもアリなのです。

【4】外見のセットは万全に

メイクする女性

人の第一印象は、ほとんど外見で決まってしまいます。だからこそ短期決戦では、外見のセットがかかせません。気合が入りすぎると浮くこともありますが、肌や髪のケア、メイク、ファッションは万全にして、出会いの場やデートに向かいましょう。
勝負服とメイクは、自分に似合うものをチョイス。女性らしさを取り入れ、なおかつあなたらしさも感じられるものを見つけられるとよいですね!

クリスマスまでに片思いを実らせる方法4つ

既に片思いしている相手がいるなら、その恋を実らせて、好きな人とクリスマスを過ごせたら最高!
さあ、ここからがラストスパート。クリスマスまでに、彼との関係を一歩発展させましょう。

【1】会う機会をつくる

手を繋ぐカップル

距離を縮めるためには、LINEや電話でやりとりするより、会うのが手っ取り早いです。また会ってくれるかどうかで、相手の気持ちを見極めることも可能。逆に会ってもらえないのなら、その恋を実らすのは時期尚早だと考えた方が無難です。
なかなかOKがもらえない場合、いつもとは違う誘い方を試してみるのもあり。いつも予定が合わない彼に当日アポしてみたらOKをもらえたということもあります。ふたりで会えないなら、グループで会うのも◎。しつこくするのはよくありませんから、よく考えてからひとつのお誘いをしていきましょう。

【2】好意を匂わせる

冬のカップル

いきなり「好き」と伝えるのではなく、好意を匂わせ、相手に「この子は自分のことが好きなのかな?」と考えさせると、結果的にあなたのことを考える時間が増え、好きだと思ってもらえる可能性が高くなります。
好意を匂わせる方法のひとつとしては、「○○くんみたいな人、ステキだと思う」、「○○くんみたいな人が彼氏だったらいいのに」など、特定しているようで特定しないように、相手を褒めてみるのもよいでしょう。

【3】ふたりきりになれるタイミングをつくる

湖を見つめるふたり

いいムードになってきたら、ふたりきりの空間をつくることで、相手の出方を伺います。彼の気持ちがあなたに向いてきているなら、その場で告白をされる可能性もあるかもしれませんよ!
またふたりきりの時間をつくることは、カップルになったときの雰囲気を予想させることもできます。緊張して張り詰めた空気にせず、楽しくて心地よい空間づくりをすることが、お付き合いのための近道です。

【4】ムードをつくって告白

夕焼け

相手から告白してこないけれど、クリスマスまでにお付き合いをしたいなら、自分から告白をするのもあり。自信がないなら、直接的な「付き合って」というワードを使わずに、好きな気持ちだけを伝えて、相手の反応を見ながら言葉を紡いでいくのもありです。
告白をするには、距離を縮めてくれる密室かつ暗めのシチュエーションがベター。最後の大勝負は、勇気を出して後悔のないように!

クリスマスのカップル

クリスマスまでに彼氏がほしいなら、短期決戦で相手をモノにする必要があります。
難しいように思えますが、相手もクリスマスまでに恋人がほしいと思っていた場合、意外とうまくいくことも。

今期のチャンスを見逃さず、いい出会いや恋を実らせるために頑張っていきましょうね。


スザクカナト

ライター

スザクカナト

自身の失敗経験を元に、さまざまなWebメディアで恋愛記事を執筆しているライター。モットーは「ラクで幸せ」な恋愛。執着、不安、依存等つらい恋に悩む女性に、日々アドバイスを送る。お酒とゲームと料理が好き。

このライターの記事をもっと読む

関連記事